松谷みよ子 あかちゃんの本 (全9巻) 

松谷みよ子 あかちゃんの本

松谷 みよ子 ぶん/瀬川康男、他

日本で初めてのあかちゃん絵本として出版されて40年以上、世代を超えて読みつがれ、たくさんのあかちゃんとおかあさんを笑顔にしてきたロングセラー絵本シリーズ。『いないいないばあ』『いいおかお』他、全9巻の美麗ケース付き。

  • 揃定価7,040円 (本体6,400円+税)
  • 判型:B5変型判/サイズ:21×18.6cm
  • 頁数:各20~32ページ
  • 0・1歳~
  • ISBN:978-4-494-00001-2
  • NDC:913

感想を書く

読者の声

毎日読んでいます
友人から出産祝いで9冊セットをもらいました。
妊娠中から、赤ちゃんが生まれたら情操教育として絵本を読もうと思っていましたが、いざ赤ちゃんを前にすると、どんな絵本が赤ちゃんにとって良いのか分からず、敬遠していました。
出産祝いで絵本をいただき、読み聞かせをするときに手に収まりやすい大きさ、読みやすく聞きやすい文量、優しい絵や文、日常生活に寄り添った内容で、「赤ちゃんの本」にぴったりだと思いました。
3か月の頃から、毎日寝る前に一冊読んでいますが、視線や表情、好きなページ、好きな絵本が、少しずつ少しずつ赤ちゃんの中でも変化しているようで、絵本を通して赤ちゃんの変化や成長を感じることができ、本当に楽しいです。
9か月になった最近では、日常生活の中で、ふと絵本の節を言ってみると、ニコニコ楽しそうにしているので、絵本の文章を少し覚えているのかなと思うことがあります。ぐずったときや、何と言葉かけをして良いか分からない場面でも、絵本に助けらることがあります。
本当に良い絵本に出会えたと思っています。私も、大切な友人への出産祝いで贈ろうと思います。(29歳・女性)
なつかしく感じました
自分が子どものころに読み聞かせしてもらった本ばかりだったので、とても懐かしく感じました。
読み直しても温かく、良い本ばかりです。
子どもも喜んで見ています。(女性)
赤ちゃんに絵本をよんであげる幸せ
職場(小学校)の隣席男性の出産祝いに、真っ先に浮かんだのが「松谷みよ子あかちゃんの本」シリーズでした。
これなら絶対間違いありません。自信を持って贈ることができます。
我ながら良いことを思いついたと嬉しくなりました。27、24、22歳の娘たちと毎日読んでいた絵本を20年ぶりに出してきて開くと、読み聞かせている自分の声と娘たちの笑顔が鮮やかによみがえり、「赤ちゃんに絵本をよんであげる幸せ」をあらためてかみしめることができました。どちらかというと地味な本なのに、読まれ続けているのはすばらしいことだと感じています。良心的な作品を出版し続けてくださっていることに感謝しています。(55歳・女性)
仕事で子育てで…
松谷みよ子さんの絵本は娘が赤ちゃんの頃から大好きで、図書館で借りては再貸し出しして借り、そして購入と一冊ずつ我が家の本棚に仲間入りし、毎晩のように読み聞かせしていました。 その後、保育教諭の仕事を始め、今度は子どもたちに。CDに合わせて振り付けを交えながらページをめくるとみんな夢中で見入り、のせてのせてのリズムに合わせて一緒に手を振る子、いないいないばあで一緒に手で顔を隠していないいないばあをする子、いいおかおで「わたしを見て」と言わんばかりにいいおかおをして見せてくれる子、どの本も子ども達を幸せにしてくれる私の大好きな絵本です。でもなにより一番は我が娘がずっと大切にしているおさじさん。たまごがゆを作るといまだに絵本を持って来てテーブルに置き、ページをめくりながらうさぎのぼうやの真似をして嬉しそうに食べています。小学生になった今も読み聞かせの絵本に持ってくるお気に入りの一冊です。 これからもこれらの絵本と共に、子ども達の成長を見守っていければと思っています。(保育教諭・41歳・女性)
これからも何年か先まで何度も何度も読んであげたいです。
素朴であたたかみのある絵本。
私自身は持っていなかったはずなのに、なんだか懐かしい気分にさせてくれる本ばかりで、読んでいる私が安心します。まだ子どもは5ヶ月なので、これからも何年か先まで何度も何度も読んであげたいです。(33歳・女性)
絵本はすばらしいです
出産のお祝いで頂きました。
とてもとても良くて何度もわが子に読み聞かせ、結局は自分で自分に読んでいます。
タブレットにない絵本の魅力。手ざわり、ニュアンス、にじみ……。
絵本はすばらしいです。(40歳・男性)
3人とも松谷みよ子さんの絵本で育ちました!
初めての子の出産祝いに大好きな松谷みよ子さんのいないいないばあと、いいおかおをいただき、とっても感動したのを覚えています。3人の子どもたちに、何度も何度も読みました。本はもうぼろぼろです。 「あたまあらってきゅーぴーさん」とか「うさぎのぼうやは おかゆにはなをつっこんだ」とか身体に染み込んだ言い回しがあって、とっても懐かしいです。子どもたちの耳にも残っていたらうれしいな。 そんな絵本があることを改めて、しあわせに感じます。久しぶりに読んであげようと思います。子どもたちの反応が楽しみ!(42歳・女性)
ロングセラーのこのシリーズは本当に素敵な本だなと思っています。
松谷みよ子さんの本はどれも言葉のフレーズが馴染みやすくて、母の私も何度も読んで覚えてしまって、日常生活で取り入れて話してしまっています。ちょうど子供が一歳頃から読み出し、言葉がでてくるタイミングなので、ブーブやワンワンやねんねやカエルなど、出てくる言葉をどんどん覚えて繰り返したりポーズをとったりしながら楽しく聞いています。 とくに「もうねんね」の本は、寝る時に必需品で寝付くまでずっと離さずに持って自分でも読んでいます。 母(祖母)にプレゼントされ、読ませるようになりましたが、ロングセラーのこのシリーズは本当に素敵な本だなと思っています。(女性)
子育てと孫育てに
子育てのときには いないないばあを良く読みました。 今は 孫育てに この「あかちゃんの本シリーズ」を良く読んでいます。(59歳・女性)

2020/7/20

<キャンペーン>だいすき!松谷みよ子あかちゃんの本

現在、絵本をお読みいただいたご感想やエピソードをお送りいただく「言葉で」キャンペーン、そして絵本を楽しんでくださっているご様子を送っていただく「写真で」キャンペーンを行っている「松谷みよ子あかちゃんの ...

続きを読む

2020/6/7

<キャンペーン>だいすき!松谷みよ子あかちゃんの本

現在、絵本をお読みいただいたご感想やエピソードをお送りいただく「言葉で」キャンペーン、そして絵本を楽しんでくださっているご様子を送っていただく「写真で」キャンペーンを行っている「松谷みよ子あかちゃんの ...

続きを読む

2020/5/12

<連載>ふたりの母が子どもを見つめ、愛し、描いた『おふろでちゃぷちゃぷ』

今年、刊行50周年と累計200万部という節目を迎えた絵本『おふろでちゃぷちゃぷ』。本作は、日本一の絵本『いないいないばあ』(※1)と同じく「松谷みよ子あかちゃんの本」シリーズの1作です。著者の松谷 ...

続きを読む

2020/4/1

<キャンペーン>だいすき!松谷みよ子あかちゃんの本

現在、絵本をお読みいただいたご感想やエピソードをお送りいただく「言葉で」キャンペーン、そして絵本を楽しんでくださっているご様子を送っていただく「写真で」キャンペーンを行っている「松谷みよ子あかちゃんの ...

続きを読む

2020/2/25

<キャンペーン>だいすき!松谷みよ子あかちゃんの本

シリーズ累計1,800万部を突破した人気のあかちゃん絵本、「松谷みよ子あかちゃんの本」シリーズ。現在、絵本をお読みいただいたご感想やエピソードをお送りいただく「言葉で」キャンペーン、そして絵本を楽しん ...

続きを読む

2020/2/21

〈長野〉『いないいないばあ』の、のんちゃんと「ばあ」しよう!

2/28追記…2/29以降のすべての日程について、コロナウイルス感染拡大防止のため、やむを得ず当面の間延期となりました。開催日が決まり次第、改めてお知らせします。長野県の書店チェーン平安堂書店様で『い ...

続きを読む

2020/1/22

<キャンペーン>だいすき!松谷みよ子あかちゃんの本

日本で一番読まれている絵本、『いないいないばあ』。本作は1967年に刊行され、現在680万部を突破、「松谷みよ子あかちゃんの本」シリーズは累計1,800万部を突破しました。現在、絵本をお読みいただいた ...

続きを読む

2020/1/16

<連載2/2『のせてのせて』『おさじさん』50周年記念> 画家・東光寺啓さんの素顔を訪ねて

ロングセラー絵本『のせてのせて』(累計148万部)と『おさじさん』(累計111万部)は、昨年それぞれ刊行50周年を迎えました。2冊の絵を手がけたのは画家・東光寺啓さん。前回の連載に続き、画家・東光寺啓 ...

続きを読む

2020/1/16

<連載1/2『のせてのせて』『おさじさん』50周年記念> 画家・東光寺啓さんの素顔を訪ねて

ロングセラー絵本『のせてのせて』(累計148万部)と『おさじさん』(累計111万部)は、おかげさまで昨年、刊行から50周年を迎えました。2作はともに、日本で一番多くの人に読まれている絵本『いないいない ...

続きを読む

2019/11/22

<愛知県>紀伊國屋書店 mozoワンダーシティ店にて童心社の絵本フェア開催中!

愛知県名古屋市の紀伊國屋書店 mozoワンダーシティ店にて、「松谷みよ子 あかちゃんの本」フェアが展開されています。日本で一番読まれている絵本、『いないいないばあ』をはじめ、同シリーズの『いいおかお』 ...

続きを読む

2019/4/26

マタニティマーク応援しています。「松谷みよ子あかちゃんの本」とマタニティマークのタイアップ広告ができました! 

「松谷みよ子あかちゃんの本」とマタニティマークのタイアップ広告ができました!「マタニティマーク」は、妊産婦さんが交通機関等を利用する際に身につけ、周囲が妊産婦への配慮を示しやすくして、妊産婦にやさしい ...

続きを読む

2019/1/11

「松谷みよ子あかちゃんの本」新しいプレゼント応募キャンペーンがスタート!

累計発行部数660万部をこえる『いないいないばあ』など、みなさまに愛され続けているロングセラー「松谷みよ子あかちゃんの本」シリーズ。感謝の気持ちをこめ、毎月抽選で10名の方に「いないいないばあ特製一筆 ...

続きを読む

2018/7/4

<東京>ちひろが描いた戦争と平和 〈いわさきちひろ生誕100年記念〉が開催されます。

ちひろが描いた戦争と平和 〈いわさきちひろ生誕100年記念〉が下記の日程で開催されます。いわさきちひろさん生誕100年を記念して評伝『いわさきちひろ 子どもへの愛に生きて』を上梓した松本猛さんがその生 ...

続きを読む

いないいないばあ にゃあにゃのゆびにんぎょうセット

松谷みよ子 あかちゃんの本

いないいないばあ にゃあにゃのゆびにんぎょうセット

松谷 みよ子 ぶん/瀬川 康男

いない、いない、ばあ。くまちゃんが、ほらね、にゃあにゃが、ほらほら、いない、いない……。1967年の刊行から、今も子どもたちに愛されているロングセラー絵本。にゃあにゃがてのひらサイズの指人形になりました! にゃあにゃもいっしょに、いないいない……ばあ!

  • 0・1歳~
  • 2020年12月1日初版
  • 定価2,970円 (税込)
  • 予約受付中
いないいないばあ

松谷みよ子 あかちゃんの本

いないいないばあ

松谷 みよ子 ぶん/瀬川 康男

いない いない ばあ  にゃあにゃが、くまちゃんが、ほらね いない、いない……
発行部数680万部を超える、日本で一番売れている絵本です。(トーハンミリオンブック2020調べ)

「あかちゃんがほんとうに笑うんです。」1967年、発売当初より多くの読者からいただくうれしい声。「あかちゃんだからこそ美しい日本語と最高の絵を」の想いから、日本初の本格的なあかちゃん絵本として誕生して半世紀、あかちゃんがはじめて出会う一冊として、世代を越えて読みつがれています。

「あかちゃんと、どんなふうにコミュニケーションとったらいいでしょうか?」こんなお問い合わせをいただくことがよくあります。この絵本はそんなあかちゃんとご家族にぴったりの絵本です。「いない いない ばあ」と語りかけて一緒に楽しむことで、大人もあかちゃんも笑顔になり、心の交流を通じて親子の信頼を深めるきっかけになります。そんな読者の皆さんの体験や信頼が口コミで広がり、支持され続けてきた絵本です。

  • 0・1歳~
  • 1967年4月15日初版
  • 定価770円 (税込)
  • 立ち読み
いいおかお

松谷みよ子 あかちゃんの本

いいおかお

松谷 みよ子 ぶん/瀬川 康男

ふうちゃんが ひとりで いいおかおを していました。そこへ いいおかお みせてって ねこが きました。 にゃー …… 

1967年に『いないいないばあ』と同時刊行された、200万部を超えるロングセラー絵本です。「うちの子もマネをして、とってもかわいい『いいおかお』をするようになりました」そんな感想を多くいただく本作。
いっしょに読むお父さん、お母さんもにっこり優しい気持ちになり、それがあかちゃんの喜びにつながっていきます。
文はとても短いですが、美しい言葉の響きが心地よく、あたたかいユーモアにあふれています。
あかちゃんと読む絵本の楽しさが実感できる、はじめてのあかちゃん絵本にぴったりの作品です。

  • 0・1歳~
  • 1967年4月15日初版
  • 定価770円 (税込)
  • 立ち読み
もうねんね

松谷みよ子 あかちゃんの本

もうねんね

松谷 みよ子 ぶん/瀬川 康男

いぬも ねんね ねこも ねんね
めんどりも ひよこも モモちゃんも ねむたいよう
おめめつぶって くうくう ねんね 
おめめつぶって とろとろ ねんね
みんな ねんね おやすみなさい……

やわらかな言葉のリズムが心地よい、160万部をこえるロングセラー絵本。『いないいないばあ』と同じ瀬川康男さん絵による本作は、『いないいないばあ』で動物たちが「ばあ!」と目をぱっちりと開いてたのとは対照的に、ねむくて、うとうと、目を閉じたやさしい寝顔が印象的です。 
時代が変わっても、お父さんやお母さんとあかちゃんのおやすみ前の時間に今日も読まれつづけています。

  • 0・1歳~
  • 1968年1月15日初版
  • 定価770円 (税込)
  • 立ち読み
あなたはだあれ

松谷みよ子 あかちゃんの本

あなたはだあれ

松谷 みよ子 ぶん/瀬川 康男

だれでしょう ワン ワン ワン 
おや?
ワンワンワンでは わかりません 
あなたは だあれ?

ワン ワン ワン
ぼくは いぬです
ワン ワン ワン
どんどんばし わたって
こっちへ おいで……

いぬにつづいて、こやぎやかえる、じどうしゃがあらわれ、楽しくあかちゃんによびかけます。最後はみんなで楽しくドライブにでかけます。

言葉のリズムにあわせてページをめくりながら、あかちゃんといっしょにあてっこが楽しめます。わらべ歌のような言葉のリズムが楽しい、定番のロングセラーあかちゃん絵本です。

  • 0・1歳~
  • 1968年1月15日初版
  • 定価770円 (税込)
  • 立ち読み
おさじさん

松谷みよ子 あかちゃんの本

おさじさん

松谷 みよ子 ぶん/東光寺 啓

おいしいにおいにさそわれて、うさぎのぼうやのところに、おさじさんがやってきました。
うさぎのぼうやは、とろとろあつあつのおかゆを食べようとしますが、おかゆに鼻をつっこんでしまい、「あっちっち」「えーんえーん」。
でもだいじょうぶ。おさじさんがお手伝いします。

おくちの トンネル
アアーンと あいて
おさじさんは はこびます
たまごの おかゆを
はこびます
ポッポー

「ああ おいしい」とうさぎさんは笑顔になりました。

離乳食を食べはじめたあかちゃんとお母さんお父さんにとって、おさじさんは身近な存在。
絵本でおさじさんと仲よしになると、ごはんの時間も楽しくなりますね。

離乳食をはじめる頃からおすすめしたい、110万部をこえるロングセラーあかちゃん絵本です。

  • 0・1歳~
  • 1969年8月31日初版
  • 定価770円 (税込)
  • 立ち読み
のせてのせて

松谷みよ子 あかちゃんの本

のせてのせて

松谷 みよ子 ぶん/東光寺 啓

まこちゃんの じどうしゃです 
はしりますよ ブブー
ストップ!
のせて のせて
ウサギが てを あげて います

まこちゃんのじどうしゃは、うさぎをのせてはしります。クマや、ネズミの家族など、だんだんと増えていくおともだち。そして、みんなののったじどうしゃはトンネルにはいって……。

「ストップ!」「のせてのせて」のくり返しが楽しく、まこちゃんと一緒に車にのっていくような、心地いいスピード感が味わえます。
トンネルの場面は一転してまっくらな画面に。
ここであかちゃんは少し不安な気持ちになりますが、遠くに見える明るい出口に導かれ、ページをめくると「でた!おひさまだ!」。ハラハラドキドキがつまった展開です。

あかちゃんが楽しめる動物や車などに興味をもちはじめた、140万部をこえるロングセラーあかちゃん絵本です。

  • 0・1歳~
  • 1969年7月5日初版
  • 定価770円 (税込)
  • 立ち読み
もしもしおでんわ

松谷みよ子 あかちゃんの本

もしもしおでんわ

松谷 みよ子 ぶん/いわさき ちひろ

じりりーん じりりーん
なっているのは なあに 

そう、電話です。
ねむたいモモちゃんが目をこすりながらでると、

もしもし わたしは
きらきら ひかって
まぶしいものよ

電話の向こうにいたのは、なんとおひさま。

おはよう おはよう
もう あさですよ

じりりーん じりりーん

つぎに電話をかけてきたのは、アヒル。

ぼくもう かお あらったよ
みずに あたまを つっこんで
ぶるぶる ぐわっぐわっ
モモちゃんは まあだ?

モモちゃんのもとに、おひさまやアヒル、ちょうちょからつぎつぎに電話がかかってきて、すっかり目がさめたモモちゃんは、みんなのまつ野原に出かけていきます。

「もしもし」から「おはよう」そして「おさんぽ」へ。1日のはじまりや、おさんぽの前におすすめしたい、100万部をこえるロングセラーあかちゃん絵本です。

  • 0・1歳~
  • 1970年5月5日初版
  • 定価770円 (税込)
  • 立ち読み
おふろでちゃぷちゃぷ

松谷みよ子 あかちゃんの本

おふろでちゃぷちゃぷ

松谷 みよ子 ぶん/いわさき ちひろ

あひるちゃん どこいくの

いいとこ いいとこ

あれ? タオルをもった
ねえ どこいくの?

いいとこ いいとこ

せっけんとタオルを持ったあひるちゃんが向かった「いいとこ」は、おふろでした!

はやく おいでー
いっとうしょうは だあれ

あひるちゃんの言葉に、いそいで服をぬいでいく男の子。ふたりいっしょに、楽しいおふろの時間です。

最後は、
あたま あらって きゅーぴーさん

おふろに入る楽しさをあかちゃんにやさしく伝えてくれる本作。画家いわさきちひろさんによって、おふろに入る男の子が愛らしくいきいきと描かれています。

「この本でおふろが大好きになりました!」
読者の方からそんな感想を多くいただいている、190万部をこえるロングセラーあかちゃん絵本です。
ごはんにおふろに寝かしつけにと、お父さんお母さんにとってあわただしい夜の時間に、笑顔がふえる1冊です。

  • 0・1歳~
  • 1970年5月5日初版
  • 定価770円 (税込)
  • 立ち読み
あかちゃんのうた

松谷みよ子 あかちゃんの本

あかちゃんのうた

松谷 みよ子 ぶん/いわさき ちひろ

ふんふん なくひと だあれ
おしっこ したひと だあれ
のび のび のび のび
いいあんよ
のび のび のび のび
けっとばしちゃいやよ

おつむ てんてん あわわ
かいぐり かいぐり とっとのめ……

こもりうたや手あそびうたなど、日本で昔からあかちゃんに語りかけうたいつがれてきたうたや、オリジナルの詩など、14のうたを収録した100万部をこえるロングセラーあかちゃん絵本。

出産ではじめて育児に関わるという方が増えた現代、「どうやってあかちゃんに語りかけ、コミュニケーションをとったらいいかわからない」そんな声にこたえたいという著者の思いから生まれた本作。あかちゃんのおむつを替えるとき、あかちゃんを抱いているとき、お散歩で散る木の葉をいっしょにみたとき…… あかちゃんとすごす時間の中で、語りかけうたってほしい詩が集められています。

「どうぞ、おかあさんの言葉で、声で、あかちゃんにお話したり、うたったり、あそんであげたりしてください。この本がそのきっかけになれば、こんなうれしいことはありません」
『あかちゃんのうた』著者あとがきより

  • 0・1歳~
  • 1971年8月20日初版
  • 定価880円 (税込)
  • 立ち読み