2020.01.16

<連載1/2『のせてのせて』『おさじさん』50周年記念> 画家・東光寺啓さんの素顔を訪ねて

ロングセラー絵本『のせてのせて』(累計148万部)と『おさじさん』(累計111万部)は、おかげさまで昨年、刊行から50周年を迎えました。

2作はともに、日本で一番多くの人に読まれている絵本『いないいないばあ』(累計682万部)と同じ「松谷みよ子あかちゃんの本」(全9冊)のシリーズの作品。そして絵はいずれも画家・東光寺啓さんによるものです。

当時を知る関係者がいずれも他界されている中、どのように2冊の絵本が描かれたのか、東光寺啓さんのご家族を訪ね、お話を伺いました。また絵本の著作がほとんどなかったという画家・東光寺啓さんの画家としての人生の歩みも教えて頂きました。


画家・東光寺啓さん



●幼少・青年期
東光寺啓さんの生家は織物問屋で、学校に人力車で通学するなど裕福な幼少期を過ごしました。また青年期にかけて、東光寺さんはほぼ独学で絵画技法を学んだそうです。


●小説家・永井荷風との親交
30歳前後、1945年〜1950年頃に、東光寺さんは作家・永井荷風と親交を深め、行動をともにするようになります。
この少し前から東光寺さんは永井荷風が連載する雑誌小説の挿絵を多く手がけるようになり、画家のペンネーム「東光寺啓」を名乗るようになります。
永井荷風の日記でもある『断腸亭日乗』にも、この頃東光寺さんの名前が登場しています。


『摘録 断腸亭日乗』 (岩波書店) 



●絵画のジャンルを越えて
東光寺さんは30代半ば、1950年前後に、生涯にわたっての師となる現代美術家・斎藤義重と出会い、師事するようになります。斎藤義重は、グッゲンハイム国際美術展 優秀賞、国際美術評論家連盟賞など、世界的に高い評価を受けている現代美術家です。斎藤義重に抽象画の技法を学びながら、東光寺さんは自身の作品として抽象画の製作を多く行っています。
東光寺さんと師・斎藤義重との交友は生涯にわたって続くことになります。

東光寺さんの抽象画作品。自身の作品としてはこうした抽象画が中心だったという。



一方、挿絵の仕事では、1950年〜60年代にかけて、旺⽂社の雑誌「中学時代」「高校時代」、朝⽇新聞社の「文芸朝日」、人物往来社の「人物往来」など多くの雑誌の挿絵を手がけてます。なかでも、新潮社「小説新潮」などの時代小説の挿絵、書籍カバーの表紙なども多く手がけました。
特に多かったのは時代小説の挿絵。毎週連載小説の原稿が届く中、東光寺さんは自身では読まず、当時下宿していた書生さんに原稿を音読させながら、黒1色の筆を使い、次々に絵を仕上げていたそうです。

時代や文化を問わず、多彩に描き分けられた東光寺さんのモノクロのイラスト



連載2/2へつづく

*イラストはいずれも『創作カット画集』(東光寺啓・幸寿共著)東明社刊 1963年より
おさじさん

松谷みよ子 あかちゃんの本

おさじさん

松谷 みよ子 ぶん/東光寺 啓

おやまをこえて、のはらをこえて、おさじさんがやってきました。おいしいものは、ありませんか。

  • 0・1歳~
  • 1969年8月31日初版
  • 定価770円 (税込)
  • 立ち読み
のせてのせて

松谷みよ子 あかちゃんの本

のせてのせて

松谷 みよ子 ぶん/東光寺 啓

まこちゃんのじどうしゃが、はしります。ブブー。のせて、のせて。うさぎ、くま、ねずみもいっしょ。

  • 0・1歳~
  • 1969年7月5日初版
  • 定価770円 (税込)
  • 立ち読み
いないいないばあ

松谷みよ子 あかちゃんの本

いないいないばあ

松谷 みよ子 ぶん/瀬川 康男

いない、いない、ばあ。にゃあにゃが、くまちゃんが、ほらね、いない、いない……。
発行部数680万部を超える、日本で一番売れている絵本です。(トーハンミリオンブック2020調べ)

  • 0・1歳~
  • 1967年4月15日初版
  • 定価770円 (税込)
  • 立ち読み
松谷みよ子 あかちゃんの本

松谷みよ子 あかちゃんの本

松谷 みよ子 ぶん/瀬川康男、他

日本で初めてのあかちゃん絵本として出版されて40年以上、世代を超えて読みつがれ、たくさんのあかちゃんとおかあさんを笑顔にしてきたロングセラー絵本シリーズ。『いないいないばあ』『いいおかお』他、全9巻の美麗ケース付き。

  • 0・1歳~
  • 初版
  • 揃定価7,040円 (税込)