新刊 NEW BOOKS

33件見つかりました。1~10件を表示しています。
書名をクリックすると詳細ページをご覧頂けます。

かまた先生の はだかのおうさま

2021年度定期刊行紙しばい ともだちだいすき

かまた先生の はだかのおうさま

鎌田實 脚本/松成真理子

おしゃれするのがだいすきな王さま。ある日、うつくしいふくをつくる名人だという男たちがやってきて、ばかものには見えない、とくべつなふくをつくるといいます。さて王さまは……

真実を見ぬく目を持ち、自分らしく生きていってほしいという願いをこめた鎌田實版「はだかのおうさま」。

  • 4・5歳~
  • 2022年2月1日初版
  • 定価2,090円 (本体1,900円+税10%)
  • 立ち読み
コンコンきつねの おにはそと

2021年度定期刊行紙しばい 年少向け おひさまこんにちは

コンコンきつねの おにはそと

よこみちけいこ 脚本/石川えりこ

にんげんの子どもたちが、にぎやかに豆まきをしています。それを、きつねの兄弟が見ていました。
「よーし、にいちゃんが ちょっと みてきてやるよ。」お豆が食べたくなったおにいちゃんきつねは、かわいい鬼にへんしんして、子どもたちの前にとびだしました。「わあ、おにが きた!」「おにはーそと!」子どもたちは鬼に向かって、たくさんお豆を投げるので、おにいちゃんきつねは、お豆を食べ放題。
それを見ていたおとうときつねは、「ずるいや ずるいや! にいちゃんばっかり!」と、自分も鬼に変身しました。
「ガオー!」ところが、大きくてこわーい鬼に変身してしまったので、子どもたちはびっくり!

  • 2歳~
  • 2022年2月1日初版
  • 定価1,540円 (本体1,400円+税10%)
  • 立ち読み
空から見える、あの子の心

単行本図書

空から見える、あの子の心

シェリー・ピアソル 作/久保 陽子 訳/平澤 朋子

エイプリルは、まわりの子たちが恋やおしゃれに目ざめていく様子についていけない。同級生と距離をとりたくて、休み時間に年下の子のお世話をするボランティアをはじめた。気にかかるのは、校庭をひとりでうろうろと歩き回ったり、寝そべったりする男の子、ジョーイ。いったい何をしているのだろう?
ある日、エイプリルはジョーイが足で校庭に巨大な絵をかいていることに気がつく。渦巻き、タイガー、ピザ、雪の結晶……ジョーイのかく絵は壮大なアートだ! そんなジョーイを、そっと見守るエイプリルだが、ひょんなことから絵のことが学校中にしれわたり、ジョーイにとんでもない依頼がまいこむ……。
自閉的な性格で、自分の言葉で気持を伝えることが苦手なジョーイ。そんなジョーイを理解しようと向き合う少女エイプリル。ふたりの出会いが、学校をまきこんだおおごとに発展していく!

  • 小学5・6年~
  • 2021年12月22日初版
  • 定価1,650円 (本体1,500円+税10%)
  • 立ち読み
ねこの でしになった とら

2021年度定期刊行紙しばい ともだちだいすき

ねこの でしになった とら

津田真一 脚本/和歌山静子

昔、のろまでぶきっちょなとらは、ねずみにすらばかにされていた。くやしくてくやしくて、森いちばんのわざをもつ、ねこのでしになった。とらは、ねこをししょうとよび、まいにちまいにちとっくんをした。すばやく走るわざ、高いところからとびおりるわざ……。
そうして1年がすぎたころ。「もう、まえのおれとはちがうぞ! あしもはええし、わざもある。」と、じしんまんまん。そこへやってきたねずみが、とんでもないことをいいだして……。

  • 4・5歳~
  • 2022年1月1日初版
  • 定価2,090円 (本体1,900円+税10%)
  • 立ち読み
  • 予約受付中
みんなで げんき ななくさがゆ 

2021年度定期刊行紙しばい 年少向け おひさまこんにちは

みんなで げんき ななくさがゆ 

やすいすえこ 脚本/土田義晴

今日は、一月七日。となりのいえのおばあさんが、春の七草をもってきてくれました。一年の健康をねがって、春の七草をおかゆにしていただく日なのです。
春の七草、わかるかな? せり、なずな、おぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ。七草の歌を歌いながら、七草をきざみ、おかゆにいれてすこし待ったら……?
さあ、できあがり! みんなでいただきます。

  • 2歳~
  • 2022年1月1日初版
  • 定価1,540円 (本体1,400円+税10%)
  • 立ち読み
せかいのはて

2021年度定期刊行紙しばい ともだちだいすき

せかいのはて

剣持弘子 再話/剣持晶子 脚本・絵

むかし、あるところに大きな鳥がいて、「われこそは世界でいちばん」といつもじまんしていた。ある日、大きな鳥は、空のうえからどこまでもひろがる海を見わたして、せかいのはてというものがあるとしたら、いってみたいと思い、旅に出ると…。
スケールの大きな日本の昔話で、「海老の腰はなぜ曲がったか」という由来話としてのオチで終わる話として各地に伝わっていることが多い。
剣持弘子氏が岐阜県美濃地方で聞いた昔話をもとに紙芝居化しました。

  • 4・5歳~
  • 2021年12月1日初版
  • 定価2,090円 (本体1,900円+税10%)
  • 立ち読み
ふゆのおともだち

2021年度定期刊行紙しばい 年少向け おひさまこんにちは

ふゆのおともだち

礒みゆき 脚本・絵

ある朝、きつねのこがそとにでると、そとはいちめんまっしろ! 雪がふったのです。あるいてみると、きゅっきゅっと音がして足あとがくっきりのこります。いつものけしきが、まるでしらないところのようです。うれしくなったきつねのこは、ともだちのうさぎのこの家にいきますが、うさぎのこはかぜをひいてしまってあそべないみたい。そこできつねのこは、いいことをおもいつきました!
それはね……。
雪の日にわくわくする子どものきもちをえがいた紙芝居です。

  • 2歳~
  • 2021年12月1日初版
  • 定価1,540円 (本体1,400円+税10%)
  • 立ち読み
ひまりのすてき時間割

単行本図書

ひまりのすてき時間割

井嶋 敦子 作/丸山 ゆき

ひまりは、やりたいことがあると夢中で突っ走る元気な女の子。じっとしていられなくて、わすれもの一番、ケアレスミス一番、ケンカっぱやいの一番だけど、明るくて、みんなから愛されていた。ところが、六年生になった途端、まじめな担任・安部深雪先生とそりが合わず、しかられてばかり。ついには、「ティッシュ万札事件」が起こった。ひまりのポケットティッシュに、なぞの一万円札が入っていて、大さわぎになってしまったんだ!
親友の真由が心配していたら、ひまりはしだいに元気を取りもどした。そして、「見て見て!」といいながら、ひまりがてわたしてくれたのが、「ひまりのすてき時間割」。ひまりが、「すてき」を目指して試行錯誤する毎日をつづったノートだった。
ひまりはどんな思いを抱えているんだろう? 元気になった理由は何だろう? 朝のおまじない? ただいまのおまじない? 夜のおまじない? 真由が、気になって「ひまりのすてき時間割」を読み進めていくと……。

  • 小学5・6年~
  • 2021年11月15日初版
  • 定価1,430円 (本体1,300円+税10%)
  • 立ち読み
ぶんぶくちゃがま

2021年度定期刊行紙しばい ともだちだいすき

ぶんぶくちゃがま

川崎大治 脚本/馬場 のぼる

むかしむかし、いのちを助けてくれた古道具屋のぜんすけさんに恩返ししようと、たぬきがちゃがまにばけました。ところが、お寺にひきとられ、川でこぞうさんにごしごしみがかれたり、おしょうさんに火にかけられたり……。すると、たぬきの頭や足や尾がはえて、ちゃがまがにげだしました。ぶんぶくちゃがまの恩返しとは?

かたりに通ずる川崎大治さんの脚本と、ユーモラスでひょうひょうとした馬場のぼるさんの絵が楽しい一作です。

  • 4・5歳~
  • 2021年11月1日初版
  • 定価2,090円 (本体1,900円+税10%)
  • 立ち読み
いもほりチャンピオン

2021年度定期刊行紙しばい 年少向け おひさまこんにちは

いもほりチャンピオン

すとうあさえ 脚本/岡本よしろう

たぬきばあちゃんが、いもほりをしています。「ほってもほっても、おわらない。だれかてつだってくれないかしら。」そこにくまくんとうさぎちゃんがやってきました。くまくんはいきおいよく、ほっていきます。ところが、うさぎちゃんは、「うん、うん、うんーん!」なかなかおいもがぬけません。たぬきばあちゃんと、くまくんがてつだおうとしたそのとたん……! 
秋の園行事の定番「いもほり」がテーマのたのしい年少向け紙芝居。

  • 2歳~
  • 2021年11月1日初版
  • 定価1,540円 (本体1,400円+税10%)
  • 立ち読み