松谷みよ子 あかちゃんの本松谷みよ子 あかちゃんの本 Aセット

もうねんね

もうねんね

立ち読み

松谷 みよ子 ぶん/瀬川 康男

いぬもねんね、ねこもねんね、めんどりも、ひよこも、モモちゃんもねむたいよう。

  • SLA選定
  • 定価756円 (本体700円+税)
  • 初版:1968年1月15日
  • 判型:B5変型判/サイズ:21×18.6cm
  • 頁数:20頁
  • 0・1歳~
  • ISBN:978-4-494-00103-3
  • NDC:913

特集ページ

紹介記事をみる

感想を書く

おやすみ前にゆったり味わいたい1冊。

読者の声

買ってよかった!
寝かしつけのために生後6ヶ月頃に購入しましたが、最初は全く興味を示さずでした。しかし、10ヶ月を迎えた辺りから急に興味を示して見るようになり、1歳の今では指さしをして楽しむようになり、ほぼ毎日寝る前に読んでいます。ほのぼのとしたイラストと言葉が眠気を誘うようで、読み終わると目がトロンとしてきて、寝かしつけに役立っています。(32歳・女性)
受け継がれる温かい時間
保育士として担任している0歳児クラスで、お昼寝前によく読んでいます。 身近な動物が出てきて、子どもたちも大好きです。「ネンネー」と真似しながら楽しんでくれます。 そんな私の「もうねんね」は、私が子どもの頃読んでもらっていた年季の入った一冊。 表紙の裏にクレヨンで落書きがあり、園児も興味津々。「先生が描き描きしちゃったの」と話すと、「カキカキ?」と手を動かして反応してくれました。 長く受け継がれる絵本だからこそ生まれた温かい時間でした。(保育士・36歳・女性)
絵本の読み聞かせが寝かしつけの儀式のようになっています。この絵本があって良かったです!
8ヶ月の我が子は、夜目が冴えるのか、なかなか寝なくて、はいはいをしながらうろうろ。布団からも逃げ出す始末。そんなとき、もうねんねの絵本を開いては、勝手に読み聞かせをはじめると、ピタッとはいはいの動きを止めて、こちらに寄って来て、私の膝につかまり、四つん這いで体を上下に激しく揺らしながら、絵本にすごく顔を近づけています。すぐには寝てはくれませんが、何度も何度も読んで、お膝の上に乗せても読んで、最後の最後に私のお膝の上でスヤスヤと寝てくれます(笑) 一緒に添い寝しながら、お布団の中で読み聞かせしたり、バリエーションをくわえながら、絵本の読み聞かせが寝かしつけの儀式のようになっています。私も読み聞かせしながら寝てしまう日も(笑) この絵本があって良かったです! この絵本の作家さんに感謝の気持ちでいっぱいです。(30歳・女性)
すんなり寝付いてくれるのでとても助かっています。
毎晩眠る前に読み聞かせているので、入眠儀式になっています。
読み終えたら、◯◯ちゃん(子供の名前)もねんねー、と言って電気を消すとすんなり寝付いてくれるのでとても助かっています。(31歳・女性)
一番寝るスイッチが入るようで、すんなりと寝てくれるようになりました。
夜寝るまでの時間がとてもかかっていた娘。絵本を読んだり、おやすみシアターを見たりしていましたが、「もうねんね」は一番寝るスイッチが入るようで、すんなりと寝てくれるようになりました。おやすみという言葉の本は多いですが、ねんねというフレーズがいつも耳にしている言葉なので、より良かったようです。 いないいないばあ も大好きです(29歳・女性)
 自分が子どもの時からある慣れ親しんだ絵本で、自分の子どもにも与えてあげたかった。
優しい絵のタッチで、子どもも大好きで、一日何回も“読んで”と母や父の元に持ってくる。(30歳・女性)
「もうねんね」の感想
近頃、犬やネコが分かるようになった息子(1歳)には、表紙が大のお気に入り。ページをめくるたびににこにこしながら指を指しています。(Y.S.さん・主婦・29歳)
「もうねんね」の感想
1歳になる娘ですが「ねんね」の言葉の意味を理解しているのか、他の絵本にくらべるとじっと見つめる時間が長いです。(A.I.さん・主婦・32歳)
わが家の必須アイテム!
寝る前に、3~5回この本を読むのが日課になっています。
ふとんの中で、主人・次女(1歳)・長女(3歳)と川に字に寝て、読みきかせをしている姿は「くすっ」と笑えます。(J.T.さん・その他・30歳)
日本語のひびき
「とろとろ」や「くうくう」などの、日本語のちょっとしたひびきがステキだなあと思って、手にとりました。子どもが寝る前に読んでいます。(M.K.さん・29歳・女性)
幸せな時間
この秋断乳したばかりの娘を、どうやって寝かしつけようかと悩んだ末に、この本にたどりつきました。娘は犬が大好きなので、表紙のほのぼのとしたタッチのワンちゃんにもひかれました。
作戦は大成功。二人で絵を見ながらあれこれおしゃべりしているうちに、眠りに誘われます。
とても幸せな時間です。(41歳・女性)

書評

はっぴーママ北海道版 2008年4・5月号
ロングセラーから新刊本まで101人のママのおすすめ絵本
CREA 2010年11月号 だから買いたい!出産&育児goods
大人の感性も刺激する傑作を紹介 おもちゃ&絵本編

2018/7/4

人気TV番組「ごぶごぶ」にて、相武紗季さんに、『もうねんね』をご紹介いただきました。

ダウンタウンの浜田雅功さんが、毎回ちがうゲストとロケを行う、関西エリアで放送中の人気TV番組「ごぶごぶ」。昨日7月3日放送回にて、女優の相武紗季さんに、よく読み聞かせしている絵本として『もうねんね』を ...

続きを読む