コラム

125件見つかりました。41~50件を表示しています。
タイトルをクリックすると詳細ページをご覧頂けます。

2022/1/25

<コラム>童心社、2021年の新刊紙芝居をふりかえり!

2022年も早くも1か月が経とうとしていますが、今回は2021年の紙芝居の新刊をふりかえります。2021年、紙芝居の新刊を30作品出版しました。今の子どもたちに届けたいおはなしがそろいました。2021 ...

続きを読む

2022/1/1

<ごあいさつ>

新しい年、2022年がスタートしました!今年も、みなさまの心に届く作品をたくさんご紹介してまいりたいと思います。ひき続き、童心社の絵本や紙しばいをお楽しみいただけますと幸いです。どうぞよろしくお願い申 ...

続きを読む

2021/12/27

<いま、読みたい絵本>ぞくぞく重版、好評です! 『ベッドのなかはきょうりゅうのくに』

今日ご紹介するのは、昨年刊行された松岡達英さんによる絵本『ベッドのなかはきょうりゅうのくに』です。おやすみのまえ、あかちゃんにかかりきりのお母さんは、「ぼく」に最後までおはなしを読んでくれませんでした ...

続きを読む

2021/11/30

<いま、読みたい絵本>刊行30周年! あかちゃんと楽しむ昔話『ふくろうのそめものや』

今日ご紹介するのは、今年めでたく刊行30周年をむかえた『ふくろうのそめものや』。『いないいいないばあ』を手がけた松谷みよ子さんによる、あかちゃんのための昔話です。表紙に描かれたかわいい白い鳥。実は、か ...

続きを読む

2021/8/28

<ニュース>刊行から半世紀! いつの時代もかわらない愛あふれる言葉たち『あかちゃんのうた』

『いないいないばあ』をはじめ、あかちゃんの毎日によりそう絵本のシリーズ、「松谷みよ子あかちゃんの本」。今日ご紹介するのは、シリーズの最後に刊行された『あかちゃんのうた』。この8月で、50周年をむかえま ...

続きを読む

2021/8/15

<いま、読みたい絵本>刊行から10年、今こそいっしょに考えたい『へいわって どんなこと?』

「へいわって どんなこと?」みなさんはこの問いにどんなふうにこたえますか?2011年、日本・中国・韓国の絵本作家が手をつなぎ、子どもたちにおくる「日・中・韓 平和絵本」シリーズの最初の1作として刊行さ ...

続きを読む

2021/8/9

<連載4/4>今、広がる「いのちの響き」――『ちっちゃい こえ』に出会ったみなさんの言葉から

2019年に刊行された紙芝居『ちっちゃい こえ』。丸木俊さん、丸木位里さんが30年以上かけて描いた大連作「原爆の図」の絵をもとに、詩人のアーサー・ビナードさんが独自の物語を紡ぎました。刊行から2年あま ...

続きを読む

2021/8/8

<連載3/4>今、広がる「いのちの響き」――『ちっちゃい こえ』に出会ったみなさんの言葉から

2019年に刊行された紙芝居『ちっちゃい こえ』(脚本・アーサー・ビナード/絵・丸木俊・丸木位里「原爆の図」より)。このたび、『ちっちゃい こえ』に出会い、「いのちの響き」に耳をすましてくださった皆さ ...

続きを読む

2021/8/6

<連載2/4>今、広がる「いのちの響き」――『ちっちゃい こえ』に出会ったみなさんの言葉から

2019年に刊行された紙芝居『ちっちゃい こえ』。詩人のアーサー・ビナードさんが「原爆の図」と向き合い、7年という歳月をかけてつくりあげたこの紙芝居は、観客と演じ手のみなさんに驚きをもって受けとめられ ...

続きを読む

2021/8/4

<連載1/4>今、広がる「いのちの響き」――『ちっちゃい こえ』に出会ったみなさんの言葉から

『ちっちゃい こえ』を見る1歳から5歳児の子どもたち2019年に刊行された紙芝居『ちっちゃい こえ』。丸木俊さん、丸木位里さんが30年以上かけて描いた大連作「原爆の図」の絵をもとに、詩人のアーサー・ビ ...

続きを読む