検索結果

16件見つかりました。1~10件を表示しています。
書名をクリックすると詳細ページをご覧頂けます。

並び替え:

いのちが かえっていくところ

絵本・こどものひろば

いのちが かえっていくところ

最上一平 作/伊藤秀男

たもんはお父さんと、はじめてのイワナつりにやってきた。山の中の川、大きな淵で何度もエサをながすけれど、つれない。
あきらめかけたとき、さおさきがグイグイッとまがった。さかながくいついたのだ。さかなはグイグイひっぱり、頭があつくなり、しんぞうがドッキンドッキンする。右に左におよぎまわるさかなと長くたたかったすえ、ついにたもあみの中にさかなをとりこんだ。
「すごいぞ、イワナだ! おおものだ」
はじめてつりあげたイワナだ。たもんは、ほおずりしたくなるほどいとおしかった。
やがてお昼になると、「たもんのつったイワナをごちそうになるべ」と、お父さんはイワナをくしにさし、たき火でしおやきにした。たもんはむねがいたみつつ、ガブリとやった。「うまいよ!」話しかけるようにいうと、なみだがポロンとこぼれた……

釣りを通していのちの躍動を感じ、そのいのちをおいしくいただくことで、初めていのちの大切さ、重さを実感する。そうした少年の心情を、繊細かつ力強く描く絵本です。

  • 小学1・2年~
  • 2022年10月12日初版
  • 定価1,430円 (本体1,300円+税10%)
  • 立ち読み
たぬきのにゅうがくしき

桂文我 大わらい落語紙芝居

たぬきのにゅうがくしき

桂文我 脚本/伊藤秀男

今日は山の小学校の入学式です。たぬきの親子がその様子を見ています。「いいな、いいな。」とたぬきの子どもが言いました。そこでたぬきの子どもは人間の子どもに、たぬきのお父さんはその子のランドセルに化けて、桜の花でいっぱいの小学校へ入っていきました。ランドセルのお父さんは、教室の後ろのたなに入りましたが、風邪をひいていたので、先生のおはなし中に、「ハァックション!」とくしゃみをしたり、せきをしたり。

  • 4・5歳~
  • 2021年4月1日初版
  • 定価2,090円 (本体1,900円+税10%)
三月十日のやくそく

2020年度定期刊行紙しばい ともだちだいすき

三月十日のやくそく

早乙女勝元 脚本/伊藤秀男

毎日、あちこちで空襲がある。学校も兵隊になる訓練ばかりだ。でも、ぼくのところにまで空襲はまだこないと思っていた。けれど、その日はやってきた。1945年3月10日の真夜中、空は爆撃機にうめつくされ、町は炎につつまれた……。熱風にあおられながら逃げまどうさなか、ぼくは友達のガンちゃんにであう。「また あおう、やくそくだぞ。」と、再会を誓ったけれど……。著者、早乙女勝元さんの実体験をもとにした紙芝居。

  • 4・5歳~
  • 2021年3月1日初版
  • 定価2,090円 (本体1,900円+税10%)
  • 立ち読み
おやゆびたろう

2019年度定期刊行紙しばい ともだちだいすき

おやゆびたろう

水谷章三 脚本/伊藤秀男

おばあさんの指から生まれたおやゆびたろう。「おら、じさまのてつだいしたい!」と口をきくと、馬にとびのり、外の世界に飛び出しました。ある日、男にさらわれて……。日本の民話紙芝居。

  • 4・5歳~
  • 2019年9月1日初版
  • 定価2,090円 (本体1,900円+税10%)
  • 立ち読み
せつぶんのおに

おばけ・行事えほん

せつぶんのおに

常光徹 文/伊藤秀男

むかし。ふくはきりょうよしで、はたらきもの。あるとき、ととさまが「うらやまの力石を、にわまでもってきたものを、ふくのむこにとる」とふだをたてた。
それを山おくのおにがききつけて、ズッシーンと力石をはこんできた。
ふくをさらわれたととさまとかかさまに、となりのいえのあにさんが声をかけた。
「ふくはわしがつれもどしてくる」。あにさんは山おくへはいり、ようやくおにのいわやにたどりつくと……。
節分の由来話。

  • 4・5歳~
  • 2018年1月1日初版
  • 定価1,430円 (本体1,300円+税10%)
  • 立ち読み
きんいろのうま

2017年度定期刊行紙しばい ともだちだいすき

きんいろのうま

おかもとあつし 脚本/伊藤秀男

なまけものの吾作のまえに貧乏神があらわれた。「おまえには長年せわになったから、いいところへつれていってやろう」というのだ。貧乏神についていくと、宝物をつんだ金色の馬がやってきた……ユニークな昔話です。

  • 4・5歳~
  • 2017年12月1日初版
  • 定価2,090円 (本体1,900円+税10%)
  • 立ち読み
  • 在庫品切・重版未定
たぬきのにゅうがくしき

2015年度定期刊行紙しばい ともだちだいすき

たぬきのにゅうがくしき

桂文我 脚本/伊藤秀男

人間の小学校に入学したいタヌキの子。お父さんがランドセルに化けて…。

  • 4・5歳~
  • 2016年3月1日初版
  • 定価2,090円 (本体1,900円+税10%)
  • 立ち読み
  • 在庫品切・重版未定
なきむしあんちゃ

2013年度定期刊行紙しばい ともだちだいすき

なきむしあんちゃ

やえがしなおこ 脚本/伊藤秀男

いつも泣いてばかりのあんちゃ。ある日、妹のたえっこが山のひめさまにさらわれた。「おらが 助けにいく」なきむしあんちゃの旅がはじまる。

  • 4・5歳~
  • 2013年11月1日初版
  • 定価2,090円 (本体1,900円+税10%)
  • 立ち読み
  • 在庫品切・重版未定
妖怪ぞろぞろ俳句の本〈下〉鬼神・超人

妖怪ぞろぞろ俳句の本

妖怪ぞろぞろ俳句の本〈下〉鬼神・超人

古舘綾子 文/山口マオ伊藤秀男

鬼、死神、陰陽師などを詠んだ俳句を集めました。句の背景を知ることができるエピソード解説も楽しく、俳句学習の導入にもぴったりです。

  • 小学3・4年~
  • 2013年3月20日初版
  • 定価3,520円 (本体3,200円+税10%)
  • 立ち読み
  • 重版未定
妖怪ぞろぞろ俳句の本〈上〉妖怪・動物

妖怪ぞろぞろ俳句の本

妖怪ぞろぞろ俳句の本〈上〉妖怪・動物

古舘綾子 文/山口マオ伊藤秀男

河童、天狗、九尾の狐などを読んだ俳句を集めました。エピソード解説も充実していて、俳句学習の導入にもぴったりです。

  • 小学3・4年~
  • 2013年3月20日初版
  • 定価3,520円 (本体3,200円+税10%)
  • 立ち読み
  • 重版未定