おばけ・行事えほん

  • 4・5歳~

感想を書く

たなばたにょうぼう

おばけ・行事えほん

たなばたにょうぼう

常光 徹 文/野村 たかあき

おばけが登場する行事の由来を語る民話絵本シリーズ第一作。七夕の由来話。天人を女房にした地上の男。女房をおいかけて天にのぼった男を待ちかまえていたのは、天人の母神。次々に難題をなげかけてきますが……。

  • 4・5歳~
  • 2017年5月10日初版
  • 定価1,430円 (税込)
  • 立ち読み
じごくにいったかんねどん

おばけ・行事えほん

じごくにいったかんねどん

常光 徹 文/かつらこ

とんちものでほらふきの「かんねどん」。あきのまつり〈唐津くんち〉を舞台に、またまた悪さを思いつきます。そんなかんねどんが、ぽっくり死んであの世をさまようことに。鬼たちやエンマ様をも巻きこんで……。「おばけ・行事えほん」シリーズ第2作。

  • 4・5歳~
  • 2017年7月10日初版
  • 定価1,430円 (税込)
  • 立ち読み
せつぶんのおに

おばけ・行事えほん

せつぶんのおに

常光 徹 文/伊藤 秀男

むかし。ふくはきりょうよしで、はたらきもの。あるとき、ととさまが「うらやまの力石を、にわまでもってきたものを、ふくのむこにとる」と、ふだをたてた。それを山おくのおにがききつけて……。節分の由来話。

  • 4・5歳~
  • 2018年1月1日初版
  • 定価1,430円 (税込)
  • 立ち読み
めしくわぬにょうぼう

おばけ・行事えほん

めしくわぬにょうぼう

常光 徹 文/飯野 和好

村一ばんのけちで、とんでもないよくばりの男がいた。そこに、うつくしい娘が、ひょっこりたずねてきた。なんと娘は、めしをくわぬという。男はすぐに娘を家にいれた。娘は朝から晩までよく働いた。しかしどうしたことか、米びつの米がどんどん減っていく。あやしむ男が、出かけるふりをしてこっそり見はっていると、にょうぼうが、にかにかとわらいながら、大釜いっぱいのめしをたきあげて……。端午の節供と山姥のお話。

  • 4・5歳~
  • 2018年5月1日初版
  • 定価1,430円 (税込)
  • 立ち読み