おばけ・行事えほん

たなばたにょうぼう

たなばたにょうぼう

立ち読み

常光 徹 文/野村 たかあき

おばけが登場する行事の由来を語る民話絵本シリーズ第一作。七夕の由来話。天人を女房にした地上の男。女房をおいかけて天にのぼった男を待ちかまえていたのは、天人の母神。次々に難題をなげかけてきますが……。

  • 定価1,404円 (本体1,300円+税)
  • 初版:2017年5月10日
  • 判型:B5変型判/サイズ:25×19.2cm
  • 頁数:32頁
  • 4・5歳~
  • ISBN:978-4-494-01460-6
  • NDC:913

紹介記事をみる

感想を書く

書評

めずらしくてふしぎな 日本の七夕物語(母のひろば637号)  2017年6月30日
 こどもたちが大すきな年中行事、七夕。一年に一度、どんなことでもお願いしていいとあって、こどもたちは親にも言えないお願いを、おぼえたばかりの文字で短冊に書いて、大喜びです。
 そんな七夕のおはなしといえば、中国の織姫と彦星の物語が思い浮かぶのではないでしょうか。でも、天からやってくる女性の物語は、中国だけでなく世界中で伝えられており、日本でも全国各地で、七夕の行事とともに語り伝えられてきたのです。
 そんな、これまであまり紹介されることがなく、知られていなかった日本の七夕の昔話が、『たなばたにょうぼう』で、読みごたえたっぷりに描かれました。作者の常光徹さんの故郷、高知の昔話で、西部幡多(はた)地方の言葉を残して書かれているので、独特の語り口が印象的です。
 中国では、もっぱら牛が主人公の若者を助けますが、この物語では、ふしぎな狐が登場します。狐の助けを得て、七夕女房を追いかけ天までのぼる主人公。野村たかあきさんの描く、天の川の力強い流れがふたりを隔てます。それほどに愛しい人と一年に一度しか会えなくなる物語を、人はなぜずっと語り伝えてきたのでしょうか。星空を見上げながら、こどもたちの喜びとは別に、そんな謎にも思いをはせてみたくなります。
中脇 初枝/作家