おばけ・行事えほん

じごくにいったかんねどん

じごくにいったかんねどん

立ち読み

常光 徹 文/かつらこ

とんちものでほらふきの「かんねどん」。あきのまつり〈唐津くんち〉を舞台に、またまた悪さを思いつきます。そんなかんねどんが、ぽっくり死んであの世をさまようことに。鬼たちやエンマ様をも巻きこんで……。「おばけ・行事えほん」シリーズ第2作。

  • 定価1,430円 (本体1,300円+税)
  • 初版:2017年7月10日
  • 判型:B5変型判/サイズ:25×19.2cm
  • 頁数:32頁
  • 4・5歳~
  • ISBN:978-4-494-01461-3
  • NDC:913

紹介記事をみる

感想を書く

書評

こわ〜い地獄のゆかいな冒険(母のひろば639号) 2017年8月15日
 地獄は、悪いことをした人間が、死んだ後に落ちるといわれる場所です。日本の文献ではじめて地獄思想が登場したのは、平安時代初期の『日本霊異記』といわれています。しかし、日本人の地獄イメージの元になっているのは、寛和元年(西暦985年)の『往生要集』でしょう。この仏教書には、各経典から引用した恐ろしい地獄の様子が、リアルに表現されました。
 『じこくにいったかんねどん』に出てくるのも、こわ〜い地獄です。鬼たちに責められる亡者、炎に焼かれる亡者、血の池、針の山、火車、巨大な龍など、地獄の様子が大迫力で描かれています。
 その地獄で、死者の罪を裁くのが、エンマ大王です。鬼たちの上司だけあって、こちらも怖い顔をしています。ただ、この本でエンマ大王から地獄行きを宣告されるのは、佐賀県唐津市の笑話の主人公かんねどんですから、おとなしく裁きに従うはずもありません。持ち前のとんちを発揮して、あの世でも難局を乗り越えます。ユーモアあふれるかんねどんも魅力的ですが、エンマ大王が見せるゆかいな姿も見どころのひとつでしょう。
 また、こわ〜い地獄だけではなく、天女たちが舞い、花々にあふれ、ごちそうがならび、笑顔が輝く、極楽の美しい様子も必見です。
 さあ、かんねどんと一緒に、あの世めぐりに出発しましょう!
大島 清昭 (妖怪研究家)

2017/11/6

<岐阜>「かつらこさん作品展」が開催されます!

「かつらこ作品展」が下記の日程で開催されます。『じごくにいったかんねどん』の原画が出展されます。「どうぞお楽しみに。■「かつらこ作品展」とき:2017年11月25日(土)〜12月3日(日)10時00分 ...

続きを読む