単行本図書

雨ふる本屋と雨もりの森

雨ふる本屋と雨もりの森

立ち読み

日向 理恵子 作/吉田 尚令

黒い服の男の人を追って、図書館からすきまの世界に転がりこんだルウ子とサラ。そこはいつもの〈雨ふる本屋〉ではなく、舞々子さんの妹・照々美さんの庭でした。一方、〈雨ふる本屋〉の製本室でも異変が起きて……。

  • 定価1,512円 (本体1,400円+税)
  • 初版:2018年6月13日
  • 判型:四六判/サイズ:19.4×13.4cm
  • 頁数:358頁
  • 小学3・4年~
  • ISBN:978-4-494-02054-6
  • NDC:913

感想を書く

書評

命をかけた冒険へ 山本悦子 母のひろば649号 2018年7月15日
 書きかけのまま忘れられた物語、夢が種となり、雨のしずくで育ち本となる。そんな「雨ふる本屋」シリーズの第4弾。 ルウ子とサラは、1人の男が、図書館の本棚の前でカタツムリに呪文を唱え、消えるのを目撃します。そう、いつもルウ子たちが「雨ふる本屋」に行くときのように。あとを追った2人ですが、途中で見失ってしまいます。でも、どうやらその男は、今、すきまの世界を騒がせている「影の男」のようなのです。「雨ふる本屋」でも「すきまの世界」でも、異変が起きていました。新しく誕生した「王国」が、すきまの世界を飲み込もうとしているらしいのです。それは、「影の男」の仕業ではないか。ルウ子、ブンリルー、ホシ丸は、「影の男」を追います。「影の男」は何者なのか。夢見たのは誰なのか。「王国」の氾濫を止めることはできるのか。 物語の終盤、すべての真実に気づいたルウ子は、自身を顧みず危険に飛び込んでいきます。ルウ子は、こんなにも優しく勇敢な子だったんだと胸が熱くなりました。ホシ丸はいいます。「本を読むのも書くのも命がけの冒険なんだね」その言葉通り、この物語には作者の命がけの覚悟が感じられました。美しく繊細な表現で彩られた物語なのに、力強くキリリとしています。「雨ふる本屋」史上、最も強く、最も切ない物語です。
(やまもと えつこ/児童文学作家)
命をかけた冒険へ 山本悦子 母のひろば649号 2018年7月15日
 書きかけのまま忘れられた物語、夢が種となり、雨のしずくで育ち本となる。そんな「雨ふる本屋」シリーズの第4弾。 ルウ子とサラは、1人の男が、図書館の本棚の前でカタツムリに呪文を唱え、消えるのを目撃します。そう、いつもルウ子たちが「雨ふる本屋」に行くときのように。あとを追った2人ですが、途中で見失ってしまいます。でも、どうやらその男は、今、すきまの世界を騒がせている「影の男」のようなのです。「雨ふる本屋」でも「すきまの世界」でも、異変が起きていました。新しく誕生した「王国」が、すきまの世界を飲み込もうとしているらしいのです。それは、「影の男」の仕業ではないか。ルウ子、ブンリルー、ホシ丸は、「影の男」を追います。「影の男」は何者なのか。夢見たのは誰なのか。「王国」の氾濫を止めることはできるのか。 物語の終盤、すべての真実に気づいたルウ子は、自身を顧みず危険に飛び込んでいきます。ルウ子は、こんなにも優しく勇敢な子だったんだと胸が熱くなりました。ホシ丸はいいます。「本を読むのも書くのも命がけの冒険なんだね」その言葉通り、この物語には作者の命がけの覚悟が感じられました。美しく繊細な表現で彩られた物語なのに、力強くキリリとしています。「雨ふる本屋」史上、最も強く、最も切ない物語です。
(やまもと えつこ/児童文学作家)

2018/6/18

『雨ふる本屋と雨もりの森』著者・日向理恵子さん インタビュー

(2018.4.25)6月15日に、「雨ふる本屋」シリーズ第4作となる、『雨ふる本屋と雨もりの森』が刊行されます。2008年に第1巻が刊行され、幅広い世代から支持されるロングセラーとなっている、『雨ふ ...

続きを読む