検索結果

10件見つかりました。1~10件を表示しています。
書名をクリックすると詳細ページをご覧頂けます。

並び替え:

いばらの髪のノラ 〈Ⅰ〉黄金の心臓

いばらの髪のノラ

いばらの髪のノラ 〈Ⅰ〉黄金の心臓

日向理恵子 作/吉田尚令

かつて人間とともに地上で暮らしていた魔女は、〈神炉の火〉を手に入れた人間たちによって地上を追いやられて以来、交わることがなかった。主人公の魔女ノラの心臓は生まれてすぐに一度、止まりかけた。ノラの心臓をなおしてくれたのは、地上の人間の医者だった。“魔女は心臓で魔法をかける”??しかしノラは自分の意思ではなく驚いた拍子にしか魔法をかけることができない。一度止まりかけた心臓のせいで、しかも人間にさわらせたせいで。ノラは自分が落ちこぼれの魔女で、姉さんたちのお荷物だと思いながら暮らしていた。ある日ノラは、北の塔の書庫で一冊の古い本に書かれていた「黄金の心臓」という言葉を見つける。それは魔法の力を正しく強くするもので、地上のどこかにあると。ノラは〈黄金の心臓〉を見つけ出すために、地上へと旅立つ。
人間が見つけた〈神炉の火〉とは、神炉という地底の種族が自ら生み出す力を利用することだった。人間は神炉を地上へと引きずり出して利用してきたが、それでも神炉を飼い慣らすことはできていなかった。不安定な神炉が暴走することによる被害も少なくない。神炉の生け贄のために育てられた少女リンゴを、ノラは助け、行動をともにするようになる。
猫と人間のハイブリッドとして作られたタタン。人間の町で出会う少年ヒオ。〈時の牢獄〉にとらわれているシュユ・シン。魚の森の〈ラ〉……さまざまな出会いが、あるときにはノラを支え、あるときには不安で涙を流しながら〈黄金の心臓〉を探し求めるノラの旅がはじまる。

  • 小学3・4年~
  • 2024年4月発売予定
  • 定価1,540円 (本体1,400円+税10%)
  • 予約受付中
くるみわり人形

かみしばい 世界の名作劇場

くるみわり人形

あべしまこ 脚本/吉田尚令

マリーはクリスマスにくるみわり人形をもらいました。すてきな人形です。ところが兄のフリッツがかたいくるみを割らせて、くるみわり人形のあごがこわれてしまいます。マリーは自分のドレスのリボンをとって、くるみわりのあごを支えてやりました。その夜、マリーはくるみわりが心配でずっとそばについていました。大広間の時計が深夜12時を知らせたとき、キイキイ、チューチュー! 壁からものすごい数のネズミが出てきたかと思うと、バキバキバキッ! 床を突き破り、七つ頭の巨大なネズミの王があらわれました。すると、寝ていたくるみわり人形が起き上がり、他の人形たちといっしょにネズミに闘いを挑んだのです。しかし、ネズミたちがくるみわりのマントをつかんで引きたおし、ネズミの王が襲いかかろうとします。マリーが夢中で自分のくつをネズミの王に投げつけると、くつは命中し、ネズミの王は倒れて動かなくなり、ネズミたちも逃げていきました。「マリーさん、助けてくれてありがとう」声のほうに振り向くと、ひとりの若者が立っていました。若者は人形の国の王子で、ネズミの王の呪いでくるみわりの姿に変えられていたのです。若者はお礼にマリーを人形の国に招待します。たくさんのごちそう、人形たちの踊り。それは美しいものでした。マリーはいつしか眠ってしまい、目を覚ますと自分の部屋のベッドの上でした。そばには、こわれたあごがなおったくるみわり人形がいます。「くるみわりさん、ありがとう。わたしあなたをずっとずっとたいせつにするわ」

  • 4・5歳~
  • 2022年7月31日初版
  • 定価2,090円 (本体1,900円+税10%)
  • 立ち読み
雨ふる本屋と雨かんむりの花

単行本図書

雨ふる本屋と雨かんむりの花

日向理恵子 作/吉田尚令

ルウ子とサラが「雨ふる本屋」へ行くと、舞々子さんのようすがへんです。いつもお茶とお菓子の準備もわすれるので、ヒラメキ幽霊の執筆も進みません。原因は難しいお菓子のレシピだと教えてくれたブンリルーが、ルウ子に「いったい何を連れてきたの?」と言いますが、ルウ子には心当たりがありません。ルウ子がもとの世界から連れてきたのはサーカス団、図書館でだれにも読まれず忘れられているサーカスの物語だったのです……。
大人気「雨ふる本屋」シリーズ第5作。

  • 小学3・4年~
  • 2020年7月1日初版
  • 定価1,540円 (本体1,400円+税10%)
  • 立ち読み
雨ふる本屋と雨もりの森

単行本図書

雨ふる本屋と雨もりの森

日向理恵子 作/吉田尚令

すきまの世界に、かつて夢みられたまま忘れられた「王国」が氾濫し始めました。〈雨ふる本屋〉でも異変が。白紙のままの巨大な〈雨ふる本〉、収められるべき物語はどこにあるのでしょう。ルウ子とブンリルーは、すべての鍵を握る謎の“影の男”ウキシマ氏を探し出します。そして聞かされた「王国」の姿。ルウ子が突き動かされるように王国の物語を書き始めたとき、すべての歯車が一斉に回り、壮大な「博物館」が出現したのです。

  • 小学3・4年~
  • 2018年6月13日初版
  • 定価1,540円 (本体1,400円+税10%)
  • 立ち読み
雨ふる本屋とうずまき天気

単行本図書

雨ふる本屋とうずまき天気

日向理恵子 作/吉田尚令

フルホンさんが、「絶滅かぜ」にかかってしまった!それは、生きとし生けるものに絶滅の呪いをかけてしまう病。〈雨ふる本屋〉に、すきまの世界の皆に危機が迫ります。彼らを助けるために奔走するルウ子とサラが出会った摩訶不思議な女の子、ブンリルーの秘密とは……。新しい旅の幕開けです。今回スケールが一段と増したすきまの世界での冒険を通じてルウ子は自分と向き合い、「物語を書くこと」への確かな手応えを得ていきます。

  • 小学3・4年~
  • 2017年5月10日初版
  • 定価1,540円 (本体1,400円+税10%)
  • 立ち読み
ここでーす!

2014年度定期刊行紙しばい 年少向け おひさまこんにちは

ここでーす!

やすいすえこ 脚本/吉田尚令

きょうは森の野原でピクニック。うさぎちゃん、きつねくん、さるくん、どこですか?ここでーす!

  • 2歳~
  • 2014年6月1日初版
  • 定価1,540円 (本体1,400円+税10%)
  • 立ち読み
  • 在庫品切・重版未定
雨ふる本屋の雨ふらし

単行本図書

雨ふる本屋の雨ふらし

日向理恵子 作/吉田尚令

「雨あめ 降れふれ 〈雨ふる本屋〉!」ルウ子と妹のサラがひみつの呪文をとなえて訪れた〈雨ふる本屋〉に、重大な危機がせまります。本屋や図書館を破壊してまわる”ミスター・ヨンダクレ"の目的とは?ルウ子は〈雨ふる本屋〉を、そして妹のサラを救うことができるのでしょうか?冒険の日々がはじまります。読みおわったときに、心がほっとするファンタジー。

  • 小学3・4年~
  • 2012年10月30日初版
  • 定価1,540円 (本体1,400円+税10%)
  • 立ち読み
ひとつおおきい しんちゃん

2012年度定期刊行紙しばい ともだちだいすき

ひとつおおきい しんちゃん

津田真一 脚本/吉田尚令

たんじょう日に、ひとつ大きくなったしんちゃん。何だかズボンがきつくなった気がします。ズボンは「きのうとおんなじだよう。」と言いますが、しんちゃんはおかまいなし。苦手なトマトもバクッ! ところが…。

  • 4・5歳~
  • 2012年6月1日初版
  • 定価2,090円 (本体1,900円+税10%)
  • 立ち読み
  • 在庫品切・重版未定
雨ふる本屋

単行本図書

雨ふる本屋

日向理恵子 作/吉田尚令

おつかいの帰り、ルウ子は、カタツムリにさそわれて“雨ふる本屋”へ。出迎えてくれたのは、摩訶不思議な本と、ドードー鳥の店主と助手の舞々子、そして妖精たち。ドードー鳥の店主が、ここにある本は、人間に忘れられた物語に、雨をかけてできあがるという……。
「物語」への、愛と信頼をこめたファンタジー。

  • 小学3・4年~
  • 2008年11月20日初版
  • 定価1,430円 (本体1,300円+税10%)
  • 立ち読み
いばらの髪のノラ

いばらの髪のノラ

日向理恵子 作/吉田尚令

...

  • 小学3・4年~
  • 初版