<兵庫>『雨ふる本屋』の著者、日向理恵子さんの講演会&サイン会が開催されます。

「雨ふる本屋」シリーズなどの児童文学作家、日向理恵子さんが、参加者の方から事前に募集した質問に答えたり、物語についてのエピソードなど幅広いお話を講演します。また講演会終了後、サイン会も予定されております。どうぞ足をお運びください。

日時:2019年10月14日(月・祝)開場13時30分/開演14時~3時30分
場所:アラベスクホール(兵庫県加古川市東神吉町天下原370 TEL.079-433-1100)
参加費:無料
定員:200名(未就学児は保護者同伴)
申込方法:9月10日(火)より受付。同図書館発行の申込書にご記入の上、図書館カウンターへお出しするか、FAX(079-434-2312)、メール(wellness_tosho_web@kobelco2103.jp)でも可。
お問合せ:加古川ウェルネスパーク図書館(TEL.079-433-1122)
※ 日向さんへの質問は 9月20日(金)締切です。
※ 質問が採用されないこともございます。ご了承ください。

■サイン会
講演会終了後、15時45分から、加古川ウェルネスパーク セミナールームにて行われます(サインは1人1冊のみ、日向さんの著書に限ります)。
  
雨ふる本屋と雨もりの森

単行本図書

雨ふる本屋と雨もりの森

日向 理恵子 作/吉田 尚令

黒い服の男の人を追って、図書館からすきまの世界に転がりこんだルウ子とサラ。そこはいつもの〈雨ふる本屋〉ではなく、舞々子さんの妹・照々美さんの庭でした。一方、〈雨ふる本屋〉の製本室でも異変が起きて……。

  • 小学3・4年~
  • 2018年6月13日初版
  • 定価1,540円 (税込)
  • 立ち読み
雨ふる本屋とうずまき天気

単行本図書

雨ふる本屋とうずまき天気

日向 理恵子 作/吉田 尚令

フルホンさんが、恐ろしい絶滅かぜにかかってしまいました!〈雨ふる本屋〉に、すきまの世界に危機が迫ります。そんな時、ルウ子とサラが出会った摩訶不思議な女の子、ブンリルーの秘密とは……。

  • 小学3・4年~
  • 2017年5月10日初版
  • 定価1,540円 (税込)
  • 立ち読み
雨ふる本屋の雨ふらし

単行本図書

雨ふる本屋の雨ふらし

日向 理恵子 作/吉田 尚令

「雨あめ 降れふれ 〈雨ふる本屋〉!」ルウ子と妹のサラがひみつの呪文をとなえて訪れた〈雨ふる本屋〉に、重大な危機がせまります。本屋や図書館を破壊してまわる”ミスター・ヨンダクレ"の目的とは? ルウ子は〈雨ふる本屋〉を、そして妹のサラを救うことができるのでしょうか? 

  • 小学3・4年~
  • 2012年10月30日初版
  • 定価1,466円 (税込)
  • 立ち読み
雨ふる本屋

単行本図書

雨ふる本屋

日向 理恵子 作/吉田 尚令

おつかいの帰り、ルウ子は、カタツムリにさそわれて“雨ふる本屋”へ。出迎えてくれたのは、摩訶不思議な本と、ドードー鳥の店主と助手の舞々子、そして妖精たち。ドードー鳥の店主が、ここにある本は、人間に忘れられた物語に、雨をかけてできあがるという…。

  • 小学3・4年~
  • 2008年11月20日初版
  • 定価1,430円 (税込)
  • 立ち読み