単行本図書

かあちゃん取扱説明書

かあちゃん取扱説明書

立ち読み

いとう みく 作/佐藤 真紀子

ぼくんちで、一番いばっているのはかあちゃんです。今朝も朝からガミガミうるさくって、ぼくはハラがたちました。かあちゃんにいいたいのは、何日も同じごはんをつくらないでほしいです。さいごに、かあちゃんはすぐ「早く」っていうけれど、ぼくが「早く」っていうとおこるのは、やめてほしいと思います。
……ぼくの作文を読んだ父ちゃんは大笑いして「かあちゃんはほめるときげんがよくなるんだ。とにかくほめること。パソコンもビデオも扱い方をまちがえると動かないだろ、それと同じさ」
扱い方! そうか、扱い方さえまちがえなければ、かあちゃんなんてちょちょいのちょいだ!
哲哉はこうして、かあちゃん取扱説明書を書きはじめたのだが…。

  • 2014箕面・世界子どもの本アカデミー賞 主演女優賞
  • 「2014 若い人に贈る読書のすすめ」リーフレット掲載
  • 定価1,296円 (本体1,200円+税)
  • 初版:2013年5月25日
  • 判型:A5判/サイズ:21.5×15.3cm
  • 頁数:152頁
  • 小学3・4年~
  • ISBN:978-4-494-02033-1
  • NDC:913

感想を書く

読者の声

カズくんが考え出した、かあちゃん取扱説明書の内容とおかあさんの絵がおもしろかったです。(10歳・女性)
おなかをかかえて笑いました
すごくおもしろく、おなかをかかえて子どもと笑いました。なぜなら、まったく私と同じだからです。パート2、そして3、よろしくお願いします。(女性)
一番せいこうしたのは、からあげです
かあちゃんのとりあつかいをつかってみるとせいこうしました。そのときすごくうれしかったです。なかでも一番せいこうしたのは、からあげです。(9歳・男性)
読みながら自分の母親の姿が頭に浮かんだ。
タイトルがよい。「お母さんの取扱説明書ってどういうことだろう?」と、惹きつけられる。
お母さんに怒られてばかりの哲哉が、どうにかしてお母さんを思い通りに動かそうとする、というのがおもしろい。トリセツを書くうちに、お母さんの見たことのない顔を発見するようすが自然で、読みながら自分の母親の姿が頭に浮かんだ。
結局、お母さんは全部お見通しだったのですね!(小学校図書館司書・女性)
ラストは、思わず吹き出しました
最初から最後まで、ひと息に読ませていただきました。哲哉くんのキャラがとてもよかったです。ラストには、思わず吹き出しました。(男性)

推薦のことば

幸せになる方法 2013年7月9日
 ふつうの暮らしって、たのしいことばかりではありません。
 この物語の哲哉くんは、家の中で一番いばっているかあちゃんから、いつでも口うるさく命令されて困っているし、そのかあちゃんだって、家でいばっているばかりではなく、家計のためにスーパーにつとめています。
 小学生だって、主婦だって、しんどいことや大変なことはいろいろあるのですが、それをどう見るかで、人生がこんなに面白くなるんだと、笑わせてもらったり、感心したりしているうちに、つまり、幸せって、こういうことだな……なんて、しみじみしてしまいました。
 子どもが主人公の物語なのに、子どもたちはもちろん、その父母の世代へも、作者のこまやかなメッセージが伝わってきます。
 どう生きたいか、どう生きるかは、子どもも大人も、自分自身で覚悟を決めなければならないのです。誰かによりかかって生きるのではなく、自分の生き方を見つけて一人でも頑張る。
 家族の幸せはそこからはじまるのだと……。
 お話の世界だけではなく、明日から、みんなの家で、すぐ活用できる知恵がいっぱいつまっています。おまけに笑わせてくれるのですから、一家に一冊『かあちゃん取扱説明書』をおすすめします。
越水 利江子(こしみず りえこ/作家・東北芸術工科大学客員教授)

書評

朝日小学生新聞 2015年8月20日 お母さんのビブリオバトル
子どもの本棚 2014年5月号 特集2013年子どもの本をふりかえって
子どもと読書 2014 3・4月号 2013年 子どもの本 この一年
AERA with Kids 2013冬号 子どもが「共感」できる本
三省堂書店神保町本店・中村さん
飛ぶ教室 2013秋
加藤純子
北海道新聞 2013年7月28日 親と子サンデー ほん
尾崎実帆子(さっぽろブック・コーディネート代表)
しんぶん赤旗 2013年7月13日 子どもの本
児童文学評論家 内川朗子
小学図書館ニュース 2013年7月8日 読みたくなるなるこの4冊
灯台 2013年9月号 灯台図書委員会
今月のおすすめの本
児童文芸 2013年8-9月号 この一冊ができるまで
「さぴあ」2013年8月号 BOOKSコーナー 注目の一冊

2019/2/15

インタビュー『天使のにもつ』著者・いとうみくさん

(2018.11.30インタビュー実施) ...

続きを読む

2019/1/21

<大阪>毎日放送主催の朗読イベントで『かあちゃん取扱説明書』 『ばあばは、だいじょうぶ』が朗読されます。

毎日放送主催の朗読イベント「MBSコトノハ 物語の世界2019」が下記の日程で開催されます。イベントでは『かあちゃん取扱説明書』『ばあばは、だいじょうぶ』が朗読されます。どちらも童心社の人気読みものと絵本で、『ばあばは、だいじょうぶ』は、今年実写映画化予定です。どうぞ足をお運びください。

とき:2019年3月3日(日) ◆昼公演 午後1時開演 ◆夜公演 午後5時30分開演(開場は、各回開演の30分前)
ところ:豊中市立文化芸術センター 大ホール(大阪府豊中市曽根東町3-7-2 阪急宝塚線「曽根」駅から徒歩5分)
出演:昼夜合わせて、MBSアナウンサー約21人 ※出演アナウンサーは変更の可能性があります。
ゲスト:長谷川義史(絵本作家)
チケット料金:◆昼公演 大人(高校生以上):1,800円/子ども(中学生以下):500円(全席指定・税込)※4歳未満は膝上鑑賞の場合は無料。但しお席が必要な場合は有料。
       ◆夜公演1,800円 (全席指定・税込)※未就学児のご入場はご遠慮ください。
チケット販売:2019年1月12日(土) 午前10時より下記で販売開始
・豊中市立文化芸術センターチケットオフィス 06-6864-5000(午前10時~午後7時 月曜休館)
・ローズ文化ホール 窓口販売のみ(午前10時~午後7時 火曜日休館)
・チケットぴあ 0570-02-9999【Pコード:491-127】
・ローソンチケット 0570-084-005【Lコード:53855】
・CNプレイガイド 0570-08-9999
・イープラス http://eplus.jp
お問い合わせ:公演事務局( 06-6485-8380)

詳細は、こちらのホームページ

続きを読む

2018/8/5

<大阪>8/26『かあちゃん取扱説明書』の児童劇が岸和田に!

感想文などでも、小学生のこどもたちを中心に、幅広い層から多くの反響を頂いている、大人気の読み物『かあちゃん取扱説明書』(いとうみく 作/佐藤真紀子 絵)。
福岡県の「劇団さんぽ」さんによる児童劇としても、九州を中心に2016年から楽しまれています。

こちらの劇の上演が、8月26日に大阪岸和田市市立浪切ホールにて、上演されます。
この演劇祭では、期間中、20を超える団体による様々な劇が上演されるそうです。
お近くの方はぜひご覧ください。

第26回子ども演劇祭in岸和田
日時:『かあちゃん取扱説明書』上演 2018年8月26日(日)18:30開演
会場:岸和田市立浪切ホール
〒596-0014 大阪府岸和田市 港緑町1−1
072-439-4173

詳しくは「子ども演劇祭in岸和田」ホームページまで。

劇団さんぽさんのホームページはこちら

続きを読む

2018/7/13

<東京>いとうみくさんの講演会とおはなし会が開催されます。

『糸子の体重計』(第46回日本児童文学者協会新人賞)『かあちゃん取扱説明書』『アポリア』などの作者で、児童文学作家のいとうみくさんの講演会とおはなし会が、下記の日程で開催されます。どうぞ足をお運びください。

とき: 2018年8月28日(火)13:30~16:30
ところ:渋谷区文化総合センター大和田 学習室1
〒150-0031渋谷区桜丘町23番21号 渋谷区文化総合センター大和田 2階
対象:どなたでも
参加費:1,000円(ただし、高校生以下は無料)
定員:先着80名
申込:7月8日(日)~(先着順、定員に達し次第終了します)
申込方法:以下に、電話またはメール。
150-0001東京都渋谷区神宮前2丁目33番18号 ビラ・セレーナ303 ポット出版内
電話番号 090-9231-5986  e-mail:info@genkina.or.jp (お申込から3日以上たっても連絡がない場合は、恐れ入りますが再度お問い合わせください) 

詳細は、こちらのホームページからもご確認ください。

続きを読む

2017/10/30

<京都>いとうみくさんの講演会が開催されます!

京都市図書館の読書週間記念事業として『かあちゃん取扱説明書』をはじめ、子どもの心に寄り添った多くの作品を手がける児童文学作家のいとうみくさんの講演会が下記の日程で開催されます。どうぞお楽しみに。

◆児童文学作家 いとう みくさん講演会「いとうみくさん作品取扱説明書」
 講演後にはサイン会も予定しています。

 日時:11月4日(土)午後1時00分~3時00分 
     参加費無料・当日先着順(午後12時30分受付開始)
 場所:京都アスニー3階 第8研修室
 定員:200名
 詳細はこちらをご確認ください。

続きを読む