日・中・韓平和絵本

へいわって どんなこと?

へいわって どんなこと?

立ち読み

カートにいれる

浜田桂子

へいわってどんなこと?
「きっとね、へいわってこんなこと。せんそうをしない。ばくだんなんかおとさない。いえやまちをはかいしない。……」
いろいろな視点から平和を考え、平和の意味を問い返します。

  • 第58回青少年読読書感想文全国コンクール・小学校低学年(1~2年生)向け課題図書(2012年度)
  • 定価1,620円 (本体1,500円+税)
  • 初版:2011年4月1日
  • 判型:B5変型判/サイズ:20.7×22.2cm
  • 頁数:36頁
  • 小学1・2年~
  • ISBN:978-4-494-01964-9
  • NDC:913

特集ページ

感想を書く

本シリーズは、日本の絵本作家が中国と韓国の絵本作家に呼びかけ、三か国12人の協力で実現した平和を訴える絵本です。

読者の声

ステキですね
私も死ぬまでに一冊、絵本をつくるという希望をもっています。テーマは「へいわ」と決まりましたが、中味はまだ考え中…。参考にします。日・中・韓作家のとりくみ、ステキですね!(60歳・女性)
私たちにはできることがまだある
平和を、これだけの言葉で、絵でストレートに胸に刻みつける。すごいこと。子どもたちに、大人たちに手渡したい。加えて、絵本作家が手をつないだこと、このことも伝えたい。本の力、ことばの力、意志の力。私たちにはできることがまだある、もっとある……そう感じました。この企画のすばらしさに拍手です。
あたたかい交流ができることを願って
絵もきれいで、ストーリーにも感動しました。そして、刊行の言葉のコーナーの、『「日・中・韓平和絵本」を世界に向けて発信していきます。…平和の波をおこすことを願って。』にも感動しました。私も、この先、本当に三か国ともあたたかい交流ができることを願っています。(55歳・女性)
“戦争はあかん”を子どもたちへ
保育士をしています。働いている園では反戦保育に取り組んでいて、日々の保育の中で“戦争はあかん”“思いやりの心を大切に”ということを子ども達に伝えています。取り組む中で、子ども達が平和について考える絵本が、なかなかないなと感じていました。そんな中、この本を読んで子ども達に伝えていくのに、とても良いなと思いました。出会えたことがとても嬉しく思いました。

書評

読売新聞 西部版 2012年8月5日
親子で読む「平和」絵本
子どもと読書 2011年9・10月号
この本読んで 2011年秋号
子どもの本棚 2011年8月号
子どもの本棚 2011年9月号