検索結果

2991件見つかりました。91~100件を表示しています。
書名をクリックすると詳細ページをご覧頂けます。

並び替え:

かみしばい うたといっしょに たのしい1年

かみしばい うたといっしょに たのしい1年

紙芝居を見て、季節を感じる童謡をみんなで一緒にうたおう! 園で季節ごとにうたわれる行事や季節の歌をテーマに6作の紙芝居ができあがりました。各作品に、楽譜と歌詞も掲載します。
各作品に登場する童謡:「はるがきた」「こいのぼり」「たなばたさま」「どんぐりころころ」「お正月」「豆まき」

『はるるちゃんの はるがきた!』『こいのぼりと ひみつのおさんぽ』『あまのがわの カサッピィ』『どんぐり ころころ こーろころ』『たのしみだな、おしょうがつ』『こんやは まめまき おにはそと!』の全6巻を収録した紙芝居セット。

  • 3歳~
  • 2023年7月31日初版
  • 揃定価11,660円 (本体10,600円+税10%)
こんやは まめまき おにはそと!

かみしばい うたといっしょに たのしい1年

こんやは まめまき おにはそと!

すとうあさえ 脚本/夏目尚吾

きょうはせつぶん。まめやのたぬきちは、あしをけがしたおばあちゃんのところへ、まめをとどけにいくことになりました。とちゅうでであったおともだちに、まめをわけてあげながら、たぬきちはおばあちゃんのいえにむかいます。だんだん、ひがくれてきました。「こわくない、こわくない……そうだ!うたいながらいこう」♪おにはそと ふくはうち ぱらっぱらっ ぱらっ ぱらっ まめのおと おには こっそり にげていく♪

童謡「豆まき」の楽譜と歌詞も掲載。

  • 3歳~
  • 2023年7月31日初版
  • 定価2,090円 (本体1,900円+税10%)
  • 立ち読み
たのしみだな、おしょうがつ

かみしばい うたといっしょに たのしい1年

たのしみだな、おしょうがつ

あべしまこ 脚本/土田義晴

冬休み、ふうたがおじいちゃんの家で、大掃除をしていると、「もういくつねると、おしょうがつ~♪」と、歌が聞こえてきました。物置の中でうたっていたのは、 使わなくなっていた、うすときね! お父さんが「今年はおもちをついてみようかな」というと、うすときねは大喜び。おじいちゃんもうれしそうです。「もういくつねると、おしょうがつ~♪」こんどは押し入れの中から歌が聞こえてきました。うたっていたのは、はごいた、たこ。ふうたに「お正月にぼくたちとあそぼうよ!」と言うと、ふうたも「うん、いいけど、どうやってあそぶかわからないから教えてくれる?」ますますお正月が楽しみになってきたふうた。いよいよもちつきの日。うすときねもはりきって、お父さんがおもちをつきました。お母さんとおばあちゃんがつきたてのお持ちを丸めます。ふうたはちょっとつまみぐい。「つきたてのおもち、おいしーい!」そして、ふうたはりっぱなかがみもちを作りました。いよいよお正月がやってきました。ふうたは、おいしいおもちの料理を食べて、たこ揚げやこままわし、はねつきをしてあそびました。えがおいっぱいのお正月。きっと楽しい一年になりますね。

  • 3歳~
  • 2023年7月31日初版
  • 定価2,090円 (本体1,900円+税10%)
  • 立ち読み
どんぐり ころころ こーろころ

かみしばい うたといっしょに たのしい1年

どんぐり ころころ こーろころ

よこみちけいこ 脚本/長野ヒデ子

あきのおやまに、どんぐりがみのったよ。ぽとーん、ぽとん!ぽっとん とん!かぜにふかれておちてきた。「よーし、ちゃくちせいこう!」「みんなであそぼう!」じめんにおちたどんぐりたちは、たのしそうにころころころがっています。「おいしそうなどんぐり、みつけた!」そこにはらぺこのリスがやってきて……「ひゃあ!にげろー!」どんぐりたちはおおあわてでさかをくだっていきます。ころころころ~!どんどんスピードをあげて……ぽっちゃーん!おいけのなかにおっこちた!「リスからはにげられたけど、おいけからでられない!」するとどじょうがやってきて……。

童謡『どんぐりころころ』を題材にした、年少向けのおはなしかみしばい。楽譜と歌詞も掲載。

  • 2歳~
  • 2023年7月31日初版
  • 定価1,650円 (本体1,500円+税10%)
  • 立ち読み
あまのがわの カサッピィ

かみしばい うたといっしょに たのしい1年

あまのがわの カサッピィ

津田真一 脚本/松成真理子

たなばたの日、ゆうくんたちのところにやって来た、カササギのカサッピィ。
みんなとたのしく歌っていたけれど、しょんぼりして泣き出してしまいました。
たなばたの夜、織姫さまと彦星さまが会うための「あまのがわのはし」が、ちゃんとできるか心配なようです。
カサッピィの話をきいたゆうくんたちは、
ささかざりを作ったり、たんざくを書いたりして、たなばたさまに祈ります。

〝カサッピィが じょうずに あまのがわの はしに なれますように〟

そして、たなばたの夜。
みんなの願いはかなうのでしょうか。

童謡『たなばたさま』の楽譜と歌詞、
紙芝居に出てくる笹飾りの意味と由来も掲載。
『たなばたさま』の歌も盛り込まれた、みんなでいっしょに歌って楽しめる紙芝居です。

  • 3歳~
  • 2023年7月31日初版
  • 定価2,090円 (本体1,900円+税10%)
  • 立ち読み
こいのぼりと ひみつのおさんぽ

かみしばい うたといっしょに たのしい1年

こいのぼりと ひみつのおさんぽ

礒みゆき 脚本・絵

たんぽぽえんのおにわには、おおきなこいのぼりがあります。
♪やねより たかい こいのぼり……
れんくんがうたうと、こいのぼりはげんきいっぱいになって、「おいら、そのうただいすき!」だって。こいのぼりがれんくんをせなかにのせて、ふたりでおそらのおさんぽにしゅっぱつです。まちには、いろとりどりのこいのぼりが、ひらりひらりとあがっています。こいのぼりとれんくんが、きもちよくおさんぽしていたそのときです。こすずめが、からすにおいかけられています。たいへん、つかまっちゃう! れんくんとこいのぼりはどうするのかな?

童謡「こいのぼり」の楽譜と歌詞も掲載。

  • 3歳~
  • 2023年7月31日初版
  • 定価2,090円 (本体1,900円+税10%)
  • 立ち読み
はるるちゃんの はるがきた!

かみしばい うたといっしょに たのしい1年

はるるちゃんの はるがきた!

こがようこ 脚本/とよたかずひこ

♪はるがきた はるがきた どこにきた……

ぽかぽかの春がだいすきな、はるるちゃんがとんできたよ。
「はるの ともだち いっしょに さがそう」だって。
はるるちゃんが、「はる るるるん!」。
すると……ぱっ! ぱっ! ぱっ! 春の花がさいた。
ちょうちょ、へび、くま……ほかにも春に会えるともだちがいるよ。

さいごは桜吹雪の中、野原や山や、いろいろなところきた春を、みんなでうたって喜びあいます。

童謡「はるがきた」の楽譜と歌詞も掲載。

  • 2歳~
  • 2023年7月31日初版
  • 定価1,650円 (本体1,500円+税10%)
  • 立ち読み
もぐらけんせつ りすさんいっかの木のおうち

絵本・こどものひろば

もぐらけんせつ りすさんいっかの木のおうち

長崎真悟 さく

まちのこうむてん、「もぐらけんせつ」が安全第一でこうじをうけおいます。
すむひと、使うひとのことをかんがえて、こころをこめて作業します。
ショベルカーやブルドーザーなど、かっこいい重機たちがだいかつやく。
たてものができていく過程を、絵で見て楽しめるおはなし絵本です。


もぐらけんせつは、まちでいちばんうでのいいこうむてん。今日は、りすさん一家がそうだんにやってきました。
「おうちがかたむいてしまったので、なおしてもらいたいのです」
もぐらのさぎょういんたちはうたいながら、おおきなのりものにのってさっそく現場にむかいます。
「♪ほれ おせ はこべ つりあげろ あんぜんだいいち わすれずに こわして なおして ととのえて もぐらけんせつ しゅっぱつだ」
りすさんの木のおうちは、すっかりかたむいて、いまにもたおれてしまいそうでした。
もぐらたちは、さっそくこうじをはじめました。
まずは、ショベルカーが木のわきの土をほります。つぎに、クレーン車が木をひっぱり、まっすぐになおします。
ダンプカーが土をはこんできて、あいたあなに土をながしこみます。
さいごにブルドーザーがいわや土をどかして、じめんをたいらにします。
つぎの日からは、おうちのこうじ。トラックがざいもくをはこんできました。
部屋をふやして、キッチンをあたらしくして……こうじはどんどんすすみます。
「おや? このとびら、たてつけがわるいぞ。せーの……」ぱかっキッチンにあるとびらをあけると……?

もぐらけんせつ応援コメント


もぐらけんせつ応援コメント2

  • 3歳~
  • 2023年7月15日初版
  • 定価1,430円 (本体1,300円+税10%)
  • 立ち読み
まこが、おねえちゃんになった日!

だいすき絵童話

まこが、おねえちゃんになった日!

かわしまえつこ 作/高橋和枝

ママのおなかにはあかちゃんがいます。まこは、もうすぐおねえちゃんになるのです。
いよいよ出産の日。あかちゃんがうまれてくるのを病院のいすでまっているうちに、まこはねむってしまいました。……「まこ、まこ」
ねこのリリにおこされて目をあけると、まこはうすみどり色のあかるい森にいました。うんとちいさいころ、まこはここにいたことがあります。そう、ここはおかあさんのおなかのなか! 
まことリリが森をぬけて野原にでると、ちいさいあかちゃんがねむっていました。これからうまれてくる、まこのいもうとです! 

小学校1年生のまこの視点で、命の誕生をファンタジックに描きます。おねえちゃんになる喜びにあふれた幼年童話です。

  • 小学1・2年~
  • 2023年7月13日初版
  • 定価1,320円 (本体1,200円+税10%)
  • 立ち読み
クマノミのおとうさん

2023年度定期刊行紙しばい ともだちだいすき

クマノミのおとうさん

キム・ファン 脚本/ミヤザーナツ

クマノミのおかあさんが、イソギンチャクのそばに卵を産みました。クマノミはおとうさんが卵の世話をします。卵に新鮮な水をおくるのです。ウツボがおそいかかってきたときにはイソギンチャクの触手に守ってもらいます。逆に、イソギンチャクを食べるチョウチョウウオがやってきたときには、身体の大きなおかあさんが体当たりをして追いはらいます。そうしてついに赤ちゃんがうまれ、広い海へと泳ぎ出すのです。

  • 4・5歳~
  • 2023年8月1日初版
  • 定価2,090円 (本体1,900円+税10%)
  • 立ち読み