検索結果

18件見つかりました。1~10件を表示しています。
書名をクリックすると詳細ページをご覧頂けます。

並び替え:

全集 古田足日子どもの本(全13巻・別巻)限定復刻

全集 古田足日子どもの本(全13巻・別巻)限定復刻

古田 足日

現代児童文学の「巨人」古田足日の35年にわたる集大成。子どもの本を愛する、すべての子どもと大人たちに贈ります。

初版:1993年11月25日
復刻発売日:2015年7月17日

  • 小学1・2年~
  • 2015年6月15日初版
  • 揃定価71,280円 (税込)
太閤記

これだけは読みたい わたしの古典

太閤記

古田 足日 文/田島 征三

関白を子に譲った豊臣秀吉の一代を扱った伝記の中で、資料的価値が高い、江戸時代の儒学者小瀬甫庵による。戦国時代の英雄である秀吉の生き方を、少年時代のエピソードを中心にユーモラスに、より人間的に描きます。

  • 小学5・6年~
  • 2009年2月1日初版
  • 定価2,200円 (税込)
  • 在庫品切・重版未定
ロボット・ロボののぼりぼう

だいじなこころとからだ

ロボット・ロボののぼりぼう

古田 足日 脚本/田畑 精一

運動のきらいなロボは体の中がさびてきて、リンゴ班はのぼり棒競争に負けてしまいます。友達が、いやがるロボを練習させると……。<復刊版/初版:1968/3/1>

  • 3歳~
  • 2008年4月1日初版
  • 定価1,760円 (税込)
  • 立ち読み
新しい道を選ぶ

わたしたちのアジア・太平洋戦争

新しい道を選ぶ

古田 足日米田 佐代子西山 利佳

被占領時代のこと。新憲法の意義と生活への浸透。敗戦後続けてきた反戦平和への努力と思想。戦争責任と向き合って生きる人々の体験。

  • 小学5・6年~
  • 2004年3月1日初版
  • 定価3,630円 (税込)
いのちが紙切れになった

わたしたちのアジア・太平洋戦争

いのちが紙切れになった

古田 足日米田 佐代子西山 利佳

戦争が泥沼化する中での、戦場における虐殺や餓死、従軍慰安婦にさせられた女性の体験や、日本国内で起こった空襲や被爆の体験など。

  • 小学5・6年~
  • 2004年3月1日初版
  • 定価3,630円 (税込)
広がる日の丸の下で生きる

わたしたちのアジア・太平洋戦争

広がる日の丸の下で生きる

古田 足日米田 佐代子西山 利佳

日本が侵略によって、アジア支配を拡大していった時代の、日本および中国・韓国・フィリピン・シンガポール等の人びとの体験など。

  • 小学5・6年~
  • 2004年3月1日初版
  • 定価3,630円 (税込)
さくらさひめの大しごと

さくらさひめの大しごと

古田 足日 文/福田 岩緒

食べ物の神おおげつひめの娘さくらさひめは、母の死を契期によい種を伝えようと旅に出ます。

  • 小学1・2年~
  • 2001年9月15日初版
  • 定価1,430円 (税込)
  • 在庫品切・重版未定
ダンプえんちょうやっつけた

絵本・ぼくたちこどもだ

ダンプえんちょうやっつけた

ふるたたるひたばたせいいち

わらしこ保育園の園長は、ダンプみたいな男の人。子どもたちは海賊ごっこで園長を倒そうとします。

  • 3歳~
  • 1978年4月20日初版
  • 定価1,650円 (税込)
  • 立ち読み
おしいれのぼうけん

絵本・ぼくたちこどもだ

おしいれのぼうけん

ふるたたるひたばたせいいち

お昼寝前に、ミニカーのとりっこでけんかをしたさとしとあきらは、先生に叱られておしいれに入れられてしまいます。そこで出会ったのは、地下の世界に住む恐ろしいねずみばあさんでした。
ふたりをやっつけようと、追いかけてくるねずみばあさん。でも、さとしとあきらは決してあきらめません。手をつないで走りつづけます―。80ページものボリュームがありながら、かけぬけるように展開するふたりの大冒険。1974年の刊行以来多くの子どもたちが夢中になり、版を重ねてきました。累計228万部を超えるロングセラー絵本。

  • 3歳~
  • 1974年11月1日初版
  • 定価1,430円 (税込)
  • 立ち読み
ロボット・カミイ ロボットのくにへかえるのまき

ロボット・カミイ

ロボット・カミイ ロボットのくにへかえるのまき

古田 足日 脚本/田畑 精一

ある日、みんなで大通りを横断していると、ダンプカーがつっこんできます。カミイは世界一強いロボットだといってとびだします。

  • 3歳~
  • 1974年3月1日初版
  • 定価2,420円 (税込)
  • 立ち読み