これだけは読みたい わたしの古典 (全11巻) 

これだけは読みたい わたしの古典

在庫品切・重版未定

西尾 実 監修/近藤 忠義松本 新八郎 編集協力・解説

西尾実、近藤忠義、松本新八郎ら国語教育、歴史教育の第一人者たちの監修・解説による子どものための古典文学。『古事記』『更級日記』『今昔物語』『平家物語』『太平記』『南総里見八犬伝』他、全11巻セット。

  • 揃定価24,200円 (本体22,000円+税)
  • 初版:2009年2月1日
  • 判型:四六判
  • 頁数:184~256頁
  • 小学5・6年~
  • ISBN:978-4-494-07167-8
  • NDC:913他

感想を書く

推薦のことば

子どもと読書 2010年3・4月号 特集 2009年子どもの本この一年(この一年をふりかえって)
広瀬恒子
古事記

これだけは読みたい わたしの古典

古事記

与田 凖一 文/近岡 善次郎

奈良時代に太安万侶によって撰録されたわが国最古の歴史書。天皇統治の由来と、王権による国家発展の歴史を説いたもので、神代の始まりから、さまざまな神話や伝説を、わかりやすい表現で人間ドラマとして描きます。

  • 小学5・6年~
  • 2009年2月10日初版
  • 定価2,200円 (税込)
  • 在庫品切・重版未定
更級日記

これだけは読みたい わたしの古典

更級日記

平塚 武二 文/竹山 博

平安時代中期に菅原孝標女によって書かれた日記。作者13歳から、約40年間の回想録で、日本の伝統文学である「日記文学」の方法で、少女の精神形成が読みとれ、平安貴族の生活を人間らしい視点で生き生きと描きます。

  • 小学5・6年~
  • 2009年2月10日初版
  • 定価2,200円 (税込)
  • 在庫品切・重版未定
今昔物語

これだけは読みたい わたしの古典

今昔物語

川崎 大治 文/村上 豊

インド・中国・日本に伝わる、千話以上の説話集で、平安時代後期に成立した。仏教的・教訓的な傾向が強い話が多く、あらゆる階層の人間が描かれている。日本人らしい情感にあふれた話、またユーモラスな24話を収録。

  • 小学5・6年~
  • 2009年2月10日初版
  • 定価2,200円 (税込)
  • 立ち読み
  • 在庫品切・重版未定
平家物語

これだけは読みたい わたしの古典

平家物語

木村 次郎 文/井上 洋介

鎌倉時代に成立した中世文学の最高峰。平家一門の興亡の歴史をとらえ、源平の戦いの中で没落していく平安貴族と台頭する武士の姿をダイナミックに描く。壮大な物語をわかりやすく要約、悲劇的な無情の世界を伝える。

  • 小学5・6年~
  • 2009年2月1日初版
  • 定価2,200円 (税込)
  • 在庫品切・重版未定
太平記

これだけは読みたい わたしの古典

太平記

吉沢 和夫 文/東光寺 啓

建武の新政から南北朝内乱に至る変革期50年の歴史を、南朝の立場から流麗な文体で描いた軍記物語。南北朝の内乱という中世の波乱の叙事詩を、大きな歴史観の上に立ち、名高い英雄たちの姿を生き生きと描き出した。

  • 小学5・6年~
  • 2009年2月1日初版
  • 定価2,200円 (税込)
  • 在庫品切・重版未定
能・狂言

これだけは読みたい わたしの古典

能・狂言

今西 祐行 文/若林 利代

猿楽や田楽から発展した、日本の伝統芸能である能・狂言の物語世界。物まねや民謡などによる日本のオペラともいえる。日本人が作り出した歌舞劇と、口語で演ずる小喜劇を通し、民衆と芸能の関わりを豊かに描きます。

  • 小学5・6年~
  • 2009年2月1日初版
  • 定価2,200円 (税込)
  • 在庫品切・重版未定
太閤記

これだけは読みたい わたしの古典

太閤記

古田 足日 文/田島 征三

関白を子に譲った豊臣秀吉の一代を扱った伝記の中で、資料的価値が高い、江戸時代の儒学者小瀬甫庵による。戦国時代の英雄である秀吉の生き方を、少年時代のエピソードを中心にユーモラスに、より人間的に描きます。

  • 小学5・6年~
  • 2009年2月1日初版
  • 定価2,200円 (税込)
  • 在庫品切・重版未定
西鶴諸国ばなしほか

これだけは読みたい わたしの古典

西鶴諸国ばなしほか

堀尾 青史 文/風間 完

江戸時代前期(元禄時代)に、浮世草子・人形浄瑠璃作者・俳人として活躍した井原西鶴の作品の中から厳選した一冊。大阪の地で、世の中の動きや人びとの生活を見つめ、新しい時代を描いた代表的な作品を集めた。

  • 小学5・6年~
  • 2009年2月1日初版
  • 定価2,200円 (税込)
  • 在庫品切・重版未定
東海道中膝栗毛

これだけは読みたい わたしの古典

東海道中膝栗毛

来栖 良夫 文/二俣 英五郎

江戸時代(享和)に大人気を博した、十返舎一九作の滑稽本。弥次さん喜多さんで知られる二人の主人公が、失敗を繰り返しながら東海道・京都・大阪を旅する。今なお人気の高い名作を、生き生きとした語り口で描く。

  • 小学5・6年~
  • 2009年2月1日初版
  • 定価2,200円 (税込)
南総里見八犬伝

これだけは読みたい わたしの古典

南総里見八犬伝

猪野 省三 文/久米 宏一

曲亭馬琴による伝奇小説で、江戸読本(大衆読み物)の代表作。安房里見家の再興をめぐる、勧善懲悪に貫かれた広大な構想の物語だが、儒教精神だけでなく、虐げられた民衆側の視点を盛り込んで新しく描き出した。

  • 小学5・6年~
  • 2009年2月1日初版
  • 定価2,200円 (税込)
  • 在庫品切・重版未定
雨月物語・宇治拾遺物語ほか

これだけは読みたい わたしの古典

雨月物語・宇治拾遺物語ほか

坪田 譲治 文/中尾 彰

江戸時代後期の読本作者・歌人・国文学者である上田秋成による日本・中国の古典を改作した怪異小説集と、仏教説話や滑稽話や民話集から、民衆の生活感情を語る作品14編を坪田譲治が選び出し、読みやすく再話した。

  • 小学5・6年~
  • 2009年2月1日初版
  • 定価2,200円 (税込)
  • 在庫品切・重版未定