検索結果

24件見つかりました。21~24件を表示しています。
書名をクリックすると詳細ページをご覧頂けます。

並び替え:

とんとんみーときじむなー

絵本・ちいさななかまたち

とんとんみーときじむなー

田島 征彦 さく

沖縄のガジュマルの木には、ふしぎな力を持つきじむなーがすんでいて、少年とんとんみーと友達だ。

  • 3歳~
  • 1987年3月10日初版
  • 定価1,404円 (税込)
あつおのぼうけん

童心社の絵本

あつおのぼうけん

田島 征彦吉村 敬子

養護学校四年生のあつおは、漁師の子の友情にささえられ、海を渡って沖の小島へ初めての冒険に出た。

  • 3歳~
  • 1983年5月5日初版
  • 定価1,620円 (税込)
  • 立ち読み
火の笛 ―祇園祭絵巻

単行本絵本

火の笛 ―祇園祭絵巻

西口 克己田島 征彦

応仁の乱後、混乱の中から自治を求めた京の町衆の象徴、祇園際を壮大に描き上げる。

  • 3歳~
  • 1980年7月初版
  • 定価2,160円 (税込)
じごくのそうべえ

童心社の絵本

じごくのそうべえ

たじま ゆきひこ

「とざい、とうざい。かるわざしのそうべえ、一世一代のかるわざでござあい。」綱わたりの最中に、綱から落ちてしまった軽業師のそうべえ。気がつくと、そこ は地獄。火の車にのせられ、山伏のふっかい、歯ぬき師のしかい、医者のちくあんと三途の川をわたってえんま大王の元へ。4人はふんにょう地獄や、針の山、熱 湯の釜になげこまれ、人を食べる人呑鬼にのみこまれます。そうべえたちははたして生き返ることができるのか、あとは読んでのお楽しみ。

  • 3歳~
  • 1978年5月1日初版
  • 定価1,512円 (税込)
  • 立ち読み