童心社の絵本

とくべえとおへそ

とくべえとおへそ

立ち読み

在庫僅少

桂 文我 文/田島 征彦

おおうなぎにつれられて空にのぼったとくべえはかみなりのゴロゾウと会って月宮殿へ行くが…。

  • SLA選定
  • 定価1,540円 (本体1,400円+税)
  • 初版:2004年5月20日
  • 判型:B5変型ワイド判/サイズ:25.1×25.6cm
  • 頁数:36頁
  • 4・5歳~
  • ISBN:978-4-494-01240-4
  • NDC:913

感想を書く

読者の声

子供から大人まで誰でも
落語らしく楽しんで読めました。小さな子供にも理解でき、子供から大人まで誰でも読めると思いました。
これからの季節、カミナリには注意ですが、心優しいオニさんばかりかな!?(33歳・女性)
「そうべえ」につぐロングラン絵本に
2才の頃から田島征彦さんの「そうべえ」の絵本にすっかりとりこになった息子と大阪での田島さんの個展に出かけて「とくべえとおへそ」を購入してきました。
息子は田島さんにお会い出来て握手をして頂いて大喜び、その日は何度も読み返しました。
「おへそ」って何故だか子供は好きみたいで「そうべえ」につぐロングラン絵本になりそうです。(37歳・女性)
いつもそばにおいときたかった
とくべいとおへそわいつもそばにおいときたかったのであってよかったです。とくべいがどろぼうになったことがおもしろかったです。じのまえにかおがあるといいです。(6歳・男性)
関西弁のとぼけた感じの田島ワールド
田島征彦さんの「じごくのそうべえ」が大好きで何回読んだかわかりません。関西弁のとぼけた感じの田島ワールドにはまり二冊目を購入しました。子供たちに読むとき、そのニュアンスが伝わっているか心配なほどのインチキ関西弁ですがやめられまへ~ん!!(37歳・女性)
思いもよらぬ展開に楽しくて楽しくて
声に出して読みました。リズミカルでそらのごちそうの所は笑いがとまらず、発想のおもしろさに私もたべてみたいよー です。
おへそをはすの葉っぱにのせて返すなど、思いもよらぬ展開に楽しくて楽しくてさいごのおちもよく、おもしろくてたのしいえ本でした。(54歳・女性)

書評

この本読んで! 2007年冬号
(掲載ページ8)