童心社の絵本

ななしのごんべさん

ななしのごんべさん

立ち読み

田島 征彦吉村 敬子

太平洋戦争のさなか、脳性まひのもも子に心よせるふたごの兄弟たちにも戦争の影がせまって…。

  • 定価1,650円 (本体1,500円+税)
  • 初版:2003年6月1日
  • 判型:B5変型ワイド判/サイズ:25.1×25.6cm
  • 頁数:40頁
  • 小学1・2年~
  • ISBN:978-4-494-01237-4
  • NDC:913

感想を書く

読者の声

子供の目線で
子供の目線で描かれていて、戦争のさ中の悲惨な状況もさらりと表現されている。関西弁の語り口でほのぼのとしたなごやかさをもつ反面、最後の場面では戦災によってすべてをひきさかれた辛さが胸をうつ。(42歳・女性)
平和を
平和を考えさせられる一冊。(44歳・女性)
関西弁の絵本
関西弁の絵本をいっぺんにこんなにぎょうさん読んだんははじめてです。
まぁ、大阪弁標準語化計画もゴールはすぐそこ♪(39歳・女性)
人間の強さを感じた
戦時中の重い内容なのに双子のキャラクターで笑いをさそい、関西弁を使っているので親しみやすかった。桃子に人間の強さを感じた。次男は「じごくのそうべい」が大好きなので同じユーモアを感じながら戦争の悲惨さを十分受けとめていた様です。まだ3才の娘は、内容を理解できているとは思えないのですが、何度も読んでくれとせがみます。名無しのごんべさんの表現があまりにぴったりでとても悲しく思いました。(38歳・女性)
普通の生活が突然失われてしまう怖さ
田島先生の絵はかわいらしいのになぜかせつなくなります。戦争が遠い昔になってしまった今、自分の子供には映画で見る美化された戦争ではなく普通の生活が突然失われてしまう怖さを知ってほしくて購入しました。(41歳・女性)

書評

赤旗 2010年2月28日
子どもたちにも伝えたい「反戦と人権の絵本原画展」

2018/8/10

NHKEテレ「バリバラ」にて、『ななしのごんべさん』が紹介されました。

NHKEテレで放送中の障がい者のための情報バラエティー「バリバラ」。8月5日(日)夜7:00、 再放送8月10日(木曜深夜0:00)の放送回にて、絵本『ななしのごんべさん』(田島征彦、吉村敬子 作)が ...

続きを読む