童心社の絵本

てっぽうをもったキジムナー

てっぽうをもったキジムナー

立ち読み

たじま ゆきひこ

太平洋戦争末期、地上戦のはじまった沖縄。病気で歩けない少女さちこは、激しい砲火の中で祖母を失い、ひとりぼっちになってしまいます。意識をうしなったさちこを助けたキジムナー、その正体は……。沖縄戦・基地へと、沖縄で戦中、戦後に何がおき今に続いているのか問いかける、平和を願う絵本。

  • SLA選定/JLA選定
  • 定価1,650円 (本体1,500円+税)
  • 初版:1996年6月23日
  • 判型:B5変型ワイド判/サイズ:25.1×25.6cm
  • 頁数:36頁
  • 3歳~
  • ISBN:978-4-494-01232-9
  • NDC:913

感想を書く

読者の声

小学校高学年の朝のよみきかせに使っています。沖縄戦の事が初めてでも詳しくわかり、伝えやすい内容になっています。昨年度は図書館から借りていましたが、毎年読みたいので思いきって買いました。描写も壮絶で、子ども達も絵本の世界に入りやすいです。(女性)

2019/5/20

インタビュー『やんばるの少年』たじまゆきひこさん

(2019.2.22 淡路島のアトリエにて)――今回、原画を頂いたとき、その迫力に圧倒されました。絵についてどんなことを意識されたでしょうか。いちばん最初に沖縄の絵本をつくったのは、『とんとんみーとき ...

続きを読む

2018/7/6

<北海道>田島征彦さんの講演会「絵本で伝いたいこと」が本日開催されます!

「じごくのそうべえ」シリーズ、また今年刊行された新刊『そうべえときじむなー』の作者、田島征彦さんの講演会が、開催されます。詳細は、下記およびチラシをごらんください。お近くの方はどうぞ足をお運び下さい。 ...

続きを読む

2018/5/31

スペシャルインタビュー 『そうべえときじむなー』 著者・田島征彦さん

(2018.3.12 淡路島のアトリエにて)第一作『じごくのそうべえ』から40年。シリーズ6作目となる7年ぶりの新刊『そうべえときじむなー』が刊行されます。作者のたじまゆきひこさんにこの新刊や、舞台と ...

続きを読む

2018/5/23

5/30(水)「沖縄ちゅらTV」にて、『てっぽうをもったキジムナー』が紹介されます。

5/30(水)お昼のNHK沖縄の情報番組、「沖縄ちゅらTV」にて、『てっぽうをもったキジムナー』が紹介されます。沖縄戦・絵本・子育てなどをテーマに、こちらの絵本が紹介されるそうです。視聴エリアの方は、 ...

続きを読む