検索結果

41件見つかりました。1~10件を表示しています。
書名をクリックすると詳細ページをご覧頂けます。

並び替え:

おちちゃった

2021年度定期刊行紙しばい 年少向け おひさまこんにちは

おちちゃった

内田麟太郎 脚本/市居みか

アヒルのおやこがさんぽにでかけます。ところが、1ばんうしろののアヒルが、さかみちをころがっていきます。ころころころ、すとーん! そのまま、あなにおちてしまいました。「どうしよう!」みんながこまっているところに、雨もふってきてしまいました……。5ひきのアヒルの子どもの、くりかえしのセリフが楽しい、ユーモア紙芝居。

  • 2歳~
  • 2021年7月1日発売予定
  • 定価1,540円 (本体1,400円+税10%)
  • 立ち読み
  • 予約受付中
どろんこおばけになりたいな

単行本絵本

どろんこおばけになりたいな

内田 麟太郎 作/石井 聖岳

大きな水たまりの前に、ゾウがやってきました。「ずぶり ごろん ごろごろごろ」。水たまりに転がって……泥だらけの「どろんこおばけ」に大変身! ぼくもわたしも泥まみれになって、どろんこおばけ~! そこにやってきたおばけが変身したのは……!? 子どもたちが大好きなどろんこ遊び。身も心も解放して、思いっきり遊べるどろんこ遊びをイメージしながら、気持ちいい土や水の感触を一緒に楽しめる絵本です。

  • 2歳~
  • 2021年5月20日発売予定
  • 定価1,430円 (本体1,300円+税10%)
  • 立ち読み
  • 予約受付中
よわむしさんぺいおばけたいじ

2020年度定期刊行紙しばい ともだちだいすき

よわむしさんぺいおばけたいじ

内田麟太郎 脚本/久住卓也

「ぎゃー」またひめいがきこえてきました……おばけがでたのです。よわむしさんぺいは耳をおさえて、がたがたふるえだしました。ある日、まちに立て札が掲げられました。「おばけをたいじしたものに、百りょうのほうびをあたえる。」びょうきのおかあさんのために、さんぺいは、おばけたいじにむかいます。そのとき、うしろから「おばけだぞ~」。お、お、おばけが、で、で、でた~! ちょっぴりこわくて、たっぷり面白い紙芝居。

  • 4・5歳~
  • 2020年9月1日初版
  • 定価2,090円 (本体1,900円+税10%)
  • 立ち読み
おれがいちばん かけあしオオカミ

2019年度定期刊行紙しばい ともだちだいすき

おれがいちばん かけあしオオカミ

内田麟太郎 脚本/早川純子

ど、ど、ど、ど、ど。森一番あしのはやいオオカミが、かけぬけます。そしてなんでも食べてしまうので、森の動物たちはこまっています。「オオカミにかてるかもしれないよ」と声をかけたのは、子ダヌキでした。

  • 4・5歳~
  • 2019年11月1日初版
  • 定価2,090円 (本体1,900円+税10%)
  • 立ち読み
たたたん たたたん

絵本・こどものひろば

たたたん たたたん

内田 麟太郎 文/西村 繁男

『がたごとがたごと』から20年。あの列車が、20年振りに動き出す! 海に宇宙にそして最後は……あらあらどこへいくのでしょう。時空を越えて、たたたんたたたん、列車が走ります。ダイナミックな展開!

  • 3歳~
  • 2019年9月10日初版
  • 定価1,430円 (本体1,300円+税10%)
  • 立ち読み
タコのターくん うみをでる

だいすき絵童話

タコのターくん うみをでる

内田 麟太郎 作/井上 コトリ

タコのターくんはうみをでて、そうげんまで出かけることになりました。ライオンのラオくんから手紙がとどいたのです。うみからでるときはすいとうをもっていきます。つかれたらあたまをぬらせばいいのです。

  • 小学1・2年~
  • 2019年6月20日初版
  • 定価1,100円 (本体1,000円+税10%)
  • 立ち読み
しくしくブタはわらうかな

2018年度定期刊行紙しばい ともだちだいすき

しくしくブタはわらうかな

内田 麟太郎 脚本/田中 六大

しくしくブタは、きょうもしくしく泣いています。そのとき、「ガオー」とオオカミがおそいかかってきました。「ひーっ。たすけてー」しくしくブタは、泣きながらにげます。するとめのまえにふかい谷があって……。

  • 4・5歳~
  • 2018年8月1日初版
  • 定価2,090円 (本体1,900円+税10%)
  • 立ち読み
なくのかな

童心社のおはなしえほん

なくのかな

内田 麟太郎 作/大島 妙子

「おとうさんとおかあさんにはぐれて、ぼくはこらえていたけれど……。しらないどこかでひとりぼっちになったら……。」お出かけの途中、商店街の人混みの中で、お母さんとお父さんにはぐれて、「ぼく」は迷子になってしまった。泣くのをぐっとこらえている「ぼく」の気持ちを丁寧に描きます。はじめて迷子になった日の絵本。

  • 4・5歳~
  • 2018年4月15日初版
  • 定価1,430円 (本体1,300円+税10%)
  • 立ち読み
おばけのおまじない

2017年度定期刊行紙しばい ともだちだいすき

おばけのおまじない

内田 麟太郎 脚本/早川 純子

ぴかぴかぴかーっ! どしゃぶりです。りょうくんのあたまのうえから、おおきなかさがふってきました。ただのかさではありません、かさおばけです。かさおばけがいいました。「ぼくもかみなりがこわいんだ!」

  • 4・5歳~
  • 2017年8月1日初版
  • 定価2,090円 (本体1,900円+税10%)
  • 立ち読み
  • 在庫品切・重版未定
おひるねですよ

2016年度定期刊行紙しばい ともだちだいすき

おひるねですよ

内田 麟太郎 脚本/市居 みか

三つ子がおふとんにはいると、たちまちいびきの合唱がはじまりました。ぐーぐーぐー、ひゃひゃひゃ、すやすやすー。おかあさんも、イヌもネコも、めざましどけいまでもおひるねです。あれれ……そろそろおきなきゃいけないのに、だれがおこしてくれるのかな?

  • 4・5歳~
  • 2016年6月1日初版
  • 定価2,090円 (本体1,900円+税10%)
  • 立ち読み