単行本図書

神隠しの教室

神隠しの教室

立ち読み

山本悦子 作/丸山ゆき

授業時間中に子どもたち5人が姿を消した。懸命な捜索活動にも関わらず手がかりがない。マスコミは神隠しと騒ぎ立てた。養護教諭の早苗先生には心当たりがあった。小学生の時この学校で不思議な体験をした。クラスメイトにいじめられた時、自分以外誰もいない、もうひとつの学校に行ったのだ。同じことが今この子たちに起きている…ある日保健室のブログに書き込みがある。行方不明になった5人からだった。『ぼくたち、もうひとつの学校にいるよ。早苗先生はどうやって帰ってきたの?』

  • 第55回野間児童文芸賞(2017年)
  • 定価1,728円 (本体1,600円+税)
  • 初版:2016年10月17日
  • 判型:四六判/サイズ:19.4×13.4cm
  • 頁数:383頁
  • 小学5・6年~
  • ISBN:978-4-494-02049-2
  • NDC:913

紹介記事をみる

感想を書く

いじめ、家庭不和、虐待、ネグレクト…子どもたちには守られるべき理由があった。避難させるべき子どもたち。守ろうとしたのは、はたして誰なのか?

書評

もうひとつの学校の扉がひらくとき(母のひろば631号) 2017年1月6日
 小学生の世界は広いとはいえない。多くの子どもの場合、その世界は家庭と学校が大半を占めている。だからこそ、その世界で困難や問題に直面すると苦しい。逃げたいと思っても、子どもには逃げる場所がないのだ。
 この物語は、子どもたち数名が校舎内で忽然と姿を消してしまうところから始まる。学校では大人たちが懸命に探すが、手掛かりはない。まるで神隠しだ。一方、消えた子どもたちも混乱していた。自分たちが立っているのは見慣れた学校のはずなのに、なにかが違う。数分前までどの教室でも授業をしていたのに、だれもいない。
 「子どもたちは、いったいどこへ?」 「ここはどこ?」
 消えた子どもたちに共通しているのは“どこかへ行ってしまいたい”という気持ちだった。子どもたちを探す大人たちと、消えた子どもたちとの両方の視点から謎解きが始まる。本作はミステリーとしても、ファンタジーとしても読めるが、作品を貫いているのは、現代の子どもたちが抱える問題だ。子どもたちは元の世界へ帰ることができるのか。そして帰ることを選ぶのか。大人たちは子どもたちを取り戻すことができるのだろうか。
 子どもの力を信じる作者渾身の物語に、最後までページをめくる手が止まらなかった!
いとう みく(児童文学作家)
さぴあ 2017年4月号 注目の1冊

2018/11/16

インタビュー『二年二組のたからばこ』著者・山本悦子さん

(2018.10.19インタビュー実施)――『先生、しゅくだいわすれました』『神隠しの教室』などで人気の山本悦子さん。11月に2作同時刊行でスタートする新シリーズ「だいすき絵童話」の第一弾の1作として ...

続きを読む

2018/9/26

<愛知>山本悦子さんの講演会「作家がつくるファンタジーとリアリティー」が開催されます!

『神隠しの教室』(野間児童文芸賞受賞)『先生しゅくだいわすれました』などの著者、山本悦子さんの講演会「作家がつくるファンタジーとリアリティー」が下記の日程で開催されます!どうぞ足をお運び下さい。とき: ...

続きを読む

2018/7/6

<愛知県>山本悦子さんの講演会が開催されます。

児童文学作家で、『神隠しの教室』『先生、しゅくだいわすれました』の作者である山本悦子さんの講演会「作家が語る 児童文学の世界」が、下記の日程で開催されます。お近くの方はどうぞ足をお運び下さい。

とき:2018年8月4日(土)午前10:30〜12:00
ところ:愛知県小牧市立図書館
申込み: 07月15日(日曜日)~ 08月03日(金曜日) *休館日を除く午前9時30分から午後8時まで(電話または直接図書館)
参加料無料
お問い合わせはこちらから:
図書館 図書係
〒485-0041小牧市小牧五丁目89番地
電話番号:0568-73-9951 ファクス番号:0568-73-7772

続きを読む

2018/1/26

<愛知>山本悦子さんの講演会「物語ができるまで」が開催されます!

愛知県半田市立図書館主催児童文学講座において、山本悦子さんの講演会「物語ができるまで」が下記の日程で開催されます! お近くの方、どうぞいらしてください。

とき:2018年3月11日(日) 10時30分〜12時
ところ:半田市立半田図書館 視聴覚室
入場無料(中学生以上でお願いいたします)
申し込みは2月22日(木)10時から電話または半田市立図書館へ(0569-23-7171)
  

続きを読む

2017/12/18

『神隠しの教室』第55回野間児童文芸賞の贈呈式が行われました!

第55回野間児童文芸賞を受賞した『神隠しの教室』(山本悦子・作 丸山ゆき・絵)。贈呈式が都内のホテルで行われました。

二次会では、同人誌の仲間からの依頼で、『神隠しの教室』画家丸山ゆきさんから、この作品の登場人物たちを描いたすてきな絵のプレゼントもありました!
写真中央が山本悦子さん、右が画家の丸山ゆきさんです。
受賞おめでとうございます!

受賞を記念した帯で、書店店頭でも改めてこの作品を紹介しています。ぜひ店頭でチェックしてみてください!

続きを読む

2017/11/14

<埼玉>『神隠しの教室』の絵を描いた丸山ゆきさんの個展が開催中です!

『神隠しの教室』の絵を描いた丸山ゆきさんの個展が開催中です。ぜひご覧くださいませ。

■丸山ゆき 絵画展under the leaves
とき 11月10日(金)〜11月26日(日) 11:00-18:00(最終日16時まで)火・水休み
ところ あるぴいの銀花ギャラリー(さいたま市大宮区北袋町1-130-9 ℡048-647-2856)
   *作家在廊日11月17日(15:00~)/ 23日(15:00~)/26日

詳細は、こちらのサイトからもご確認くださいませ。

続きを読む

2017/11/13

第55回野間児童文芸賞に、山本悦子さんの『神隠しの教室』が決まりました!

第55回野間児童文芸賞に、山本悦子さんの『神隠しの教室』が決まりました! 同賞は、講談社初代社長、野間清治の遺志により設立された財団法人野間文化財団が1963年から設けた文学賞で、野間三賞のうちの一つ。児童向けの文学やノンフィクションを対象としています。

贈呈式は、12月中旬都内ホテルでの実施を予定しています。

続きを読む