<愛知>山本悦子さんの講演会「作家がつくるファンタジーとリアリティー」が開催されます!

『神隠しの教室』(野間児童文芸賞受賞)『先生しゅくだいわすれました』などの著者、山本悦子さんの講演会「作家がつくるファンタジーとリアリティー」が下記の日程で開催されます!どうぞ足をお運び下さい。

とき:2018年10月21日(日)10:00〜11:30
ところ:ウインクあいち1008号室(名古屋市中村区名駅4-4-38)
参加費:1000円
定員:40名
申込先:「第96会サロン講演会申し込み」として、氏名、連絡先、申込日を記載して、052-801-5794へFAXあるいはkon18115@mb.ccnw.ne.jp へEメールしてください。
主催:東海子どもの本ネットワーク

神隠しの教室

単行本図書

神隠しの教室

山本悦子 作/丸山ゆき

授業時間中に子どもたち5人が姿を消した。懸命な捜索活動にも関わらず手がかりがない。マスコミは神隠しと騒ぎ立てた。養護教諭の早苗先生には心当たりがあった。小学生の時この学校で不思議な体験をした。クラスメイトにいじめられた時、自分以外誰もいない、もうひとつの学校に行ったのだ。同じことが今この子たちに起きている…ある日保健室のブログに書き込みがある。行方不明になった5人からだった。『ぼくたち、もうひとつの学校にいるよ。早苗先生はどうやって帰ってきたの?』

  • 小学5・6年~
  • 2016年10月17日初版
  • 定価1,728円 (税込)
  • 立ち読み
  • カートにいれる
先生、しゅくだいわすれました

単行本図書

先生、しゅくだいわすれました

山本 悦子 作/佐藤 真紀子

しゅくだいをわすれたゆうすけ。しどろもどろに口からでまかせのウソでいいわけをしていると、えりこ先生が「だめだなあ、ウソをつくならもっと上手につかなくちゃ」「え?」「すぐばれるようなのはだめよ。それから、聞いた相手が楽しくなるようなのじゃなくちゃ」「楽しくなる?」「そう。聞いた人がウソとわかっても、はははってわらっちゃうようなのじゃなきゃ」「じゃあ、上手にウソがつけたら、しゅくだいやってなくてもしかられないってこと?」「そうねえ。だって、だまされちゃったらしかたないし」といって、えりこ先生はにやっとわらった。…次の日から子どもたちはしゅくだいができなかったわけを考えてきて発表することに…。

  • 小学3・4年~
  • 2014年10月25日初版
  • 定価1,188円 (税込)
  • 立ち読み
  • カートにいれる
がっこうかっぱのイケノオイ

単行本図書

がっこうかっぱのイケノオイ

山本悦子 作/市居みか

ぼくは、あさのかいのとき、クラスのみんなの前でしゃべる「スピーチ」がきらい。うまくしゃべれないし、どきどきしてあさごはんをもどしそうになる。みかちゃんもだまったまま、なみだをうかべている。

きょうはアンドレくんのばんだ。アンドレくんは、日本語がじょうずじゃない。「カッパ、ミタ」といってカエルをみせて、みんなに笑われた。でも、帰りに学校の池でぼくと、アンドレくん、みかちゃんはカッパをつかまえる。カッパの飼い方なんてわからないから弱らせてしまう。あめ玉で一命をとりとめるカッパ。その瞬間、ぼくたちは池の中にしょうたいされ、心を通わせて、お互いの気持ちを知る。

カッパは学校でいちばん好きな音は笑い声だという。だからこの池にいるんだ、と。その後、三人は学校でよくわらうようにった。

  • 小学1・2年~
  • 2010年12月20日初版
  • 定価1,296円 (税込)
  • 立ち読み
  • カートにいれる