『神隠しの教室』第55回野間児童文芸賞の贈呈式が行われました!

第55回野間児童文芸賞を受賞した『神隠しの教室』(山本悦子・作 丸山ゆき・絵)。贈呈式が都内のホテルで行われました。

二次会では、同人誌の仲間からの依頼で、『神隠しの教室』画家丸山ゆきさんから、この作品の登場人物たちを描いたすてきな絵のプレゼントもありました!
写真中央が山本悦子さん、右が画家の丸山ゆきさんです。
受賞おめでとうございます!

受賞を記念した帯で、書店店頭でも改めてこの作品を紹介しています。ぜひ店頭でチェックしてみてください!
神隠しの教室

単行本図書

神隠しの教室

山本悦子 作/丸山ゆき

授業時間中に子どもたち5人が姿を消した。懸命な捜索活動にも関わらず手がかりがない。マスコミは神隠しと騒ぎ立てた。養護教諭の早苗先生には心当たりがあった。小学生の時この学校で不思議な体験をした。クラスメイトにいじめられた時、自分以外誰もいない、もうひとつの学校に行ったのだ。同じことが今この子たちに起きている…ある日保健室のブログに書き込みがある。行方不明になった5人からだった。『ぼくたち、もうひとつの学校にいるよ。早苗先生はどうやって帰ってきたの?』

  • 小学5・6年~
  • 2016年10月17日初版
  • 定価1,728円 (税込)
  • 立ち読み
  • カートにいれる