検索結果

62件見つかりました。11~20件を表示しています。
書名をクリックすると詳細ページをご覧頂けます。

並び替え:

まんまん ぱっ!

とことこえほん

まんまん ぱっ!

長野 麻子 さく/長野 ヒデ子

あかちゃんの言葉は、ふしぎな言葉。まるで命の音楽のよう。「まんまん ぱっ!」「ぱいぱい ぐる〜ん」「ころころころころ ぽぽぽぽぽん!」赤ちゃんの発音しやすい音とともに、カラフルで抽象的な絵があかちゃんの興味を誘います。

  • 2歳~
  • 2016年11月20日初版
  • 定価968円 (本体880円+税10%)
  • 立ち読み
なんで はしってるの?

2016年度定期刊行紙しばい 年少向け おひさまこんにちは

なんで はしってるの?

得田 之久 脚本/長野 ヒデ子

「まって まってー!」
おとうさんが、いそいではしっているよ。どうしたのかな?
「おーい。まってくれー。だれか つかまえてー!」
あれあれ? つぎはおじいさんがはしってきたよ。どうしたのかな?みんなは、なにをおいかけているのかな?

  • 2歳~
  • 2016年4月1日初版
  • 定価1,540円 (本体1,400円+税10%)
  • 立ち読み
  • 在庫品切・重版未定
The Day I Became Your Mom おかあさんがおかあさんになった日・英語版

The Day I Became Your Mom おかあさんがおかあさんになった日・英語版

長野 ヒデ子 作/アーサー・ビナード

おかあさんがはじめての赤ちゃんを生むまでの期待と不安、そして喜びを描いた、ロングセラー絵本「おかあさんがおかあさんになった日」(サンケイ児童出版文化賞)の英語版。
やさしい絵本の世界から、自然に英語に親しむことができる絵本。詩人アーサー・ビナードによる、正面から母と子を見つめた自然な英語をお楽しみください。

  • 3歳~
  • 2016年1月15日初版
  • 定価1,650円 (本体1,500円+税10%)
  • 立ち読み
まるちゃん あそぼ!

あかちゃんかみしばい いっしょにこんにちは

まるちゃん あそぼ!

長野 ヒデ子 脚本・絵/佐々木 宏子 監修

まるちゃんあそびましょ!「はあい!」ころころころころ。なにしてあそぶ? あかちゃんのための「かたち」と「おと」の紙芝居。

  • 0・1歳~
  • 2015年7月30日初版
  • 定価1,650円 (本体1,500円+税10%)
  • 立ち読み
タオルケットのタオくん

2015年度定期刊行紙しばい ともだちだいすき

タオルケットのタオくん

新沢 としひこ 脚本/長野 ヒデ子

園に行きたくないテトくん、タオくんに勇気をもらい、新しいお友だちを作ります。

  • 4・5歳~
  • 2015年3月6日初版
  • 定価2,090円 (本体1,900円+税10%)
  • 立ち読み
おばあちゃんがおばあちゃんになった日

絵本・こどものひろば

おばあちゃんがおばあちゃんになった日

長野ヒデ子 さく

おかあさんは大いそがし。あこちゃんのおむかえには、おばあちゃんがきてくれます。おばあちゃんは、のんびりやで、みちくさ名人。ところで、おばあちゃんは、いつから「おばあちゃん」になったの?

  • 3歳~
  • 2015年2月20日初版
  • 定価1,430円 (本体1,300円+税10%)
  • 立ち読み
まいにち からだは あたらしい!

からだ だから すごい!

まいにち からだは あたらしい!

細谷 亮太 文/長野 ヒデ子

ゆうくんは毎日あたらしくなって大きくなった。どこがあたらしくなってるのかな? ゆうくんはうまれてからだんだん大きくなって、髪の毛もどんどんはえてきた。ぼうずにしても、またはえてくる。爪も、切っても切ってものびてくる。毎日同じに見える皮膚もかわってる。体の中の骨もあたらしくできるから、骨がおれてもくっつく。食べたり運動することは、あたらしくなる力になるよ。

  • 4・5歳~
  • 2014年10月25日初版
  • 定価1,540円 (本体1,400円+税10%)
  • 立ち読み
となりのさくら

2014年度定期刊行紙しばい ともだちだいすき

となりのさくら

桂 文我 脚本/長野 ヒデ子

桜の木がきれいな花を咲かせました。ところがとなりのご隠居が枝を折って!落語を元にした紙しばい。

  • 4・5歳~
  • 2014年4月1日初版
  • 定価2,090円 (本体1,900円+税10%)
  • 立ち読み
  • 在庫品切・重版未定
かたつむりさんのおはなみ

2013年度定期刊行紙しばい 年少向け おひさまこんにちは

かたつむりさんのおはなみ

すとう あさえ 脚本/長野 ヒデ子

雨あがり。かたつむりさんが、ぬ~んめりぬ~んめり、アジサイのお花見にでかけると、「え~んえん」くもの子が泣いています。かたつむりさんは、くもちゃんをおんぶして歩きだしました。

  • 2歳~
  • 2013年6月1日初版
  • 定価1,540円 (本体1,400円+税10%)
  • 立ち読み
  • 在庫品切・重版未定
りょうまの もくば

卒園・進級かみしばい みんなおめでとう

りょうまの もくば

新沢 としひこ 脚本/長野 ヒデ子

入園の頃、なきむしだったりょうまは、園の木馬が大好きになって泣かなくなりました。やがて大きくなると、木馬で遊ばなくなりますが、卒園が近づいたころ、サッカーボールが木馬に当たって首が曲がってしまいました。みんなといっしょに木馬を修理し、ぴかぴかにします。見ちがえるように生きかえったりょうまの木馬。「ぼくは卒園するけれど、木馬のことはわすれないよ」りょうまは小さな子たちを思いやるお兄ちゃんに成長したのです。

  • 4・5歳~
  • 2012年12月10日初版
  • 定価2,090円 (本体1,900円+税10%)
  • 立ち読み