とことこえほん

まんまちゃんのボールがポン!

まんまちゃんのボールがポン!

立ち読み

中川 ひろたか 作/長野 ヒデ子

まんまちゃんがボールあそびをしていたら、ボールがポーンととんでいって、ジャッブーン!川におちちゃった。ボールはどんどんながれていって、ぞうさんのおしりにぶつかった。ぞうさんは、ボールをはなでつかむと…

  • 定価990円 (本体900円+税)
  • 初版:2018年10月20日
  • 判型:B5変型判/サイズ:18.7×21cm
  • 頁数:24頁
  • 0・1歳~
  • ISBN:978-4-494-01563-4
  • NDC:913

紹介記事をみる

感想を書く

書評

母のひろば654号 いわば「王道」の絵本 中川ひろたか 2018年11月15日
 長野さんとは、けっこうな友だちだ。家も近い。いっしょにお芝居もしたし、陶芸も工作もした。もちろんお酒も飲む。歌舞伎にも行く。すっごく、仲良しだ。2人が組んだら、なんか、やさしい、のんびりとした絵本ができた。仲良しコンビだからできた絵本と言ってもいいのかもしれない。
 まんまちゃんの投げたボールが、コロコロころがっていく。「まてー」と追いかけるが、ボールはどんどんころがって……。
 絵本の王道といったものがどんなものかわからないけど、子どもたちの楽しい気持ちや、うれしい気持ちをふくらましてあげるような、そんな絵本を最近ついぞ、見かけなくなった。こんなほんわかした絵本、出版しちゃって大丈夫かなぁ。こんなのは、もう、ウケないんじゃないかなぁ。
 いやいや、そんなことはないよな。いつの時代だって、どこの国だって、子どもは子どもだ。純粋で、素直な心をもった子どもだ。ぼくは、その普遍を信じている。だから書けるし、そこで書く。ぼくの中にいる子どもと、今の子どもたちは、何も変わらない。3歳の子と、ぼくは61歳の差があるし、長野さんに至っては、それ以上だ(失礼)。しかし、この絵本を読んだ時、そんな差は、ひょいとなくなるはず。ぼくたち仲良しコンビが作った、いわば「王道」の絵本です。ぜひ、子どもたちに届けてあげてください。
(なかがわ ひろたか/絵本作家)

2019/1/25

子育て中の童心社スタッフが語る「0・1歳のあかちゃん絵本」

あかちゃんといっても、生まれたての新生児から、歩きはじめる1歳すぎの子まで、発達段階によって行動や関心もさまざまです。「今、わが家のあかちゃんにはどんな絵本がよいのだろう?」とお思いのお父さんお母さん ...

続きを読む

2018/11/30

<愛媛>トークイベント「長野ヒデ子さんvsアーサー・ビナードさん」が今治市で開催されます。

絵本『まんまちゃんのボールがポン!』や紙芝居『おすわりやす いすどっせ!』などの数多くの絵本、紙芝居を手がける作家、長野ヒデ子さん。米国デトロイト出身の詩人で、多くの詩集やエッセイ、『さがしています』 ...

続きを読む