検索結果

28件見つかりました。1~10件を表示しています。
書名をクリックすると詳細ページをご覧頂けます。

並び替え:

先生、感想文、書けません!

単行本図書

先生、感想文、書けません!

山本 悦子 作/佐藤 真紀子

八月一日、夏休みの登校日。みずかは先生に「だって、書けないんだもん」と言いました。おもしろい本を読んで、ああおもしろかったなあって、胸がいっぱいになる。どこがどうおもしろかったとか、何がよかったとか書こうと言葉を探そうとすると、しゅるしゅるしゅるって、おもしろかった気持ちがきえてしまう。だから「感想文、むり!」……書かないわけにはいかない読書感想文、みずかが考えた作戦とは?

  • 小学3・4年~
  • 2021年6月30日初版
  • 定価1,320円 (本体1,200円+税10%)
  • 立ち読み
がっこうかっぱのおひっこし

単行本図書

がっこうかっぱのおひっこし

山本 悦子 作/市居 みか

友だちってどうやってつくるんだろう。考えるとドキドキしてきて、けいくんは、まだ友だちがつくれていない。学校の池の工事が始まる日、けいくんは池で小さなかっぱと出会い、家に連れて帰ることに…。

  • 小学1・2年~
  • 2019年12月17日初版
  • 定価1,320円 (本体1,200円+税10%)
  • 立ち読み
二年二組のたからばこ

だいすき絵童話

二年二組のたからばこ

山本 悦子 作/佐藤 真紀子

たからくんのおとしものを見つけたら入れておく箱が「たから箱」。たからくんは物を大切にしないからおとしても平気な顔してるって、友だちは思ってる。たからくんが日直になった日、生活科室のかぎがなくなって…。

いつもおとしものをしてしまうたからくんをクラスメイトの女の子”みな”の視点から描いた本作。なぜそんなにおとしものをするのか不思議に感じたり、何度も貸してと言われて煩わしく思ったり……みなが、たからくんの思いを知り、受けとめ、本当の仲間になるまで、子どもの素直で揺れやすい心模様が丁寧に描かれています。小学校の教員として長く勤めてこられた著者山本悦子さんの、いろいろな子がいるけれど、みんながありのまま過ごせる、それが「普通」であってほしい、という願いがこめられた物語。
佐藤真紀子さんによる絵もふんだんに入って、子どもたちの表情、教室の空気が伝わってきます。

  • 小学1・2年~
  • 2018年11月15日初版
  • 定価1,100円 (本体1,000円+税10%)
  • 立ち読み
神隠しの教室

単行本図書

神隠しの教室

山本悦子 作/丸山ゆき

授業時間中に子どもたち5人が姿を消した。懸命な捜索活動にも関わらず手がかりがない。マスコミは神隠しと騒ぎ立てた。養護教諭の早苗先生には心当たりがあった。小学生の時この学校で不思議な体験をした。クラスメイトにいじめられた時、自分以外誰もいない、もうひとつの学校に行ったのだ。同じことが今この子たちに起きている…ある日保健室のブログに書き込みがある。行方不明になった5人からだった。『ぼくたち、もうひとつの学校にいるよ。早苗先生はどうやって帰ってきたの?』

  • 小学5・6年~
  • 2016年10月17日初版
  • 定価1,760円 (本体1,600円+税10%)
  • 立ち読み
先生、しゅくだいわすれました

単行本図書

先生、しゅくだいわすれました

山本 悦子 作/佐藤 真紀子

しゅくだいをわすれたゆうすけ。しどろもどろに口からでまかせのウソでいいわけをしていると、えりこ先生が「だめだなあ、ウソをつくならもっと上手につかなくちゃ」「え?」「すぐばれるようなのはだめよ。それから、聞いた相手が楽しくなるようなのじゃなくちゃ」「楽しくなる?」「そう。聞いた人がウソとわかっても、はははってわらっちゃうようなのじゃなきゃ」「じゃあ、上手にウソがつけたら、しゅくだいやってなくてもしかられないってこと?」「そうねえ。だって、だまされちゃったらしかたないし」といって、えりこ先生はにやっとわらった。…次の日から子どもたちはしゅくだいができなかったわけを考えてきて発表することに…。

  • 小学3・4年~
  • 2014年10月25日初版
  • 定価1,210円 (本体1,100円+税10%)
  • 立ち読み
くつかくしたの、だあれ?

単行本図書

くつかくしたの、だあれ?

山本 悦子 作/大島 妙子

2年生になって、かなちゃんと同じクラスになった。でもかなちゃんは新しい友だちと外で元気いっぱい遊んでる。ユキは、かなちゃんといちばんの仲よしになりたくて、つい…。大すきな子のくつをかくしてしまった子の気持ちと、かくされてしまった子の気持ち、その両方をていねいに描いた作品です。

  • 小学1・2年~
  • 2013年10月25日初版
  • 定価1,210円 (本体1,100円+税10%)
  • 立ち読み
ポケネコ・にゃんころりん(10)さよならをするために[図書館版]

ポケネコ・にゃんころりん[図書館版]

ポケネコ・にゃんころりん(10)さよならをするために[図書館版]

山本悦子 作/沢音千尋

二学期がはじまり、転校生がきた。名前は金森美里。父親が亡くなり、祖父のところで暮らすために越してきた。人形のように無表情な美里のようすを気にかけるユウたち。クマ先生と愛犬イチの別れの時が来た。緑子さんとともにイチのところへ。イチはクマ先生と緑子さんがくるのを待っていたかのように、静かに息をとめた。翌日から、悲しみにしずむクマ先生。それにひきかえ美里は強いなあとユウがいうと、母も倒れて泣いてなんかいられなかった、とはげしい口調でいう美里。緑子さんは美里のことを心配する。「さよならするためには、悲しみと向きあうことが必要なのよ。ちゃんとさよならするためには、ちゃんと悲しまないといけないの」

  • 小学3・4年~
  • 2013年4月1日初版
  • 定価1,320円 (本体1,200円+税10%)
  • 在庫品切・重版未定
ポケネコ・にゃんころりん(9)思い出の夏にタイムトラベル!?[図書館版]

ポケネコ・にゃんころりん[図書館版]

ポケネコ・にゃんころりん(9)思い出の夏にタイムトラベル!?[図書館版]

山本悦子 作/沢音千尋

クマ先生とベストパートナー・イチが出会った16年前の夏。それは“ニコちゃん”という名の女の子との思い出が重なる特別な夏だった。ユウたちは緑子さんに会いにノルンへ行くが、いつもの道が現れない…どうして?

  • 小学3・4年~
  • 2013年4月1日初版
  • 定価1,320円 (本体1,200円+税10%)
  • 在庫品切・重版未定
ポケネコ・にゃんころりん(8)影だけのねこの秘密[図書館版]

ポケネコ・にゃんころりん[図書館版]

ポケネコ・にゃんころりん(8)影だけのねこの秘密[図書館版]

山本悦子 作/沢音千尋

あかねのおばあちゃんのはからいで広島へ行くことになったユウたち。はじめて原爆のことを知っていくなかで、あの日の飼い主との約束を守り、影だけになった今でも待ち続けているねこがいることを知る。影だけのねこをすくうには飼い主をさがすしかない。そこで、にゃんころりんが不思議な力を発揮する。
戦争のない、核のない平和な未来よ来い! ユウたちはにゃんころりんと一緒に心から願うのでした。
平和への祈りをこめたシリーズ第8弾。

  • 小学3・4年~
  • 2013年4月1日初版
  • 定価1,320円 (本体1,200円+税10%)
  • 在庫品切・重版未定
ポケネコ・にゃんころりん(7)運命のベストパートナー[図書館版]

ポケネコ・にゃんころりん[図書館版]

ポケネコ・にゃんころりん(7)運命のベストパートナー[図書館版]

山本悦子 作/沢音千尋

ノルンに勝手におしかけて、一人ぐらしのおばあさんに招待状を出し、いすわっためいわくなカラス。ユウたちはカラスを追いはらおうと考えます。ある日、おばあさんに息子から、お金をふりこんでほしいと電話がかかってきて…。

  • 小学3・4年~
  • 2013年4月1日初版
  • 定価1,320円 (本体1,200円+税10%)
  • 在庫品切・重版未定