検索結果

47件見つかりました。1~10件を表示しています。
書名をクリックすると詳細ページをご覧頂けます。

並び替え:

まてまて あんぱん

2022年度定期刊行紙しばい ともだちだいすき

まてまて あんぱん

こまつのぶひさ 脚本/和歌山静子

女の子のたべようとしたあんぱんが、ころころころがっていきますよ。まちかまえていたのは、とら! 
「いただきまーす」
あんぱん、たべられそうになりましたが、女の子がとらを「えいっ!」とおしのけて、なんとか、たべられずにすみました。
あんぱん、まだまだころがります。こんどは、わにが口をあけてまっています! こんどこそ、たべられちゃう! とおもったら、あんぱん、石につまづいてはねあがり、わにの鼻先とびこえました! おつぎは……?
あんぱん、どこまでころがっていくのかな? 奇想天外な紙芝居です。

『まいごのモリーとわにのかばん』の作者こまつのぶひささんの初紙芝居です。

  • 4・5歳~
  • 2022年9月1日発売予定
  • 定価2,090円 (本体1,900円+税10%)
  • 立ち読み
  • 予約受付中
3びきのくま

かみしばい 世界の名作劇場

3びきのくま

はせがわさとみ 脚本/和歌山静子

森の中を、3びきのくまがおさんぽしています。
おおきいくま、ちゅうくらいのくま、ちいさいくまです。
3びきのくまのおうちには、いま、だれもいません。
ところが、女の子がやってきて、ずんずんおうちに入っていきました。

おうちにあるものは、みんな3つずつありました。
おおきいの、ちゅうくらいの、ちいさいの。
女の子は、おさらにはいったスープも、いすも、ベッドも、ぜんぶためしてみます。
女の子にぴったりだったのは……?
おなかをすかせた3びきのくまが帰ってきたら……?

「おおきい」「ちゅうくらい」「ちいさい」という言葉のくりかえしが楽しく、こわいもの知らずな女の子と、おっとりした3びきのくまがとっても魅力的なお話です。

  • 3歳~
  • 2022年7月31日初版
  • 定価2,090円 (本体1,900円+税10%)
  • 立ち読み
おとなになるっていうこと

性とからだの絵本

おとなになるっていうこと

遠見才希子 作/和歌山静子

「せいりようひん」ってなんだろう?
ぼくはおとこらしくないとだめ?
ぼくの疑問、おねえちゃんの悩み、おかあさんの幼なじみの話などを通して、第二次性徴やからだの違い、さまざまな性のあり方まで、性をめぐるさまざまな問題を考えます。

  • 小学1・2年~
  • 2022年3月30日初版
  • 定価1,650円 (本体1,500円+税10%)
  • 立ち読み
ねこの でしになった とら

2021年度定期刊行紙しばい ともだちだいすき

ねこの でしになった とら

津田真一 脚本/和歌山静子

昔、のろまでぶきっちょなとらは、ねずみにすらばかにされていた。くやしくてくやしくて、森いちばんのわざをもつ、ねこのでしになった。とらは、ねこをししょうとよび、まいにちまいにちとっくんをした。すばやく走るわざ、高いところからとびおりるわざ……。
そうして1年がすぎたころ。「もう、まえのおれとはちがうぞ! あしもはええし、わざもある。」と、じしんまんまん。そこへやってきたねずみが、とんでもないことをいいだして……。

  • 4・5歳~
  • 2022年1月1日初版
  • 定価2,090円 (本体1,900円+税10%)
  • 立ち読み
たまごから だ~れかな

年少向けかみしばい どうぶつ こんにちは!

たまごから だ~れかな

和歌山静子 脚本・絵

たまごには、いろんなたまごがあるよ。みてみよう。まずはちょっと細いたまごと、まあるいたまご。このたまごからうまれてくるのは、だ~れかな。画面をぬくと……細長いたまごからはヘビが、まあるいたまごからはウミガメがうまれた! ほかにも小さなチョコレートいろのたまご、もようがあるたまご、もっと変わったたまごもあるよ……。画面をぬきはじめるとだんだん見えてくる生き物たちに、子どもたちがくぎづけになります。

  • 3歳~
  • 2019年8月31日初版
  • 定価1,540円 (本体1,400円+税10%)
  • 立ち読み
たんばりんじゃじゃん

紙芝居ベストセレクション 第3集

たんばりんじゃじゃん

八木田宜子 脚本/和歌山静子

じゅんちゃんが園のホールでみつけたのは、タンバリン。ひろってジャジャーンッと鳴らしてみると、トトンと音がしました。「じゅんちゃん、いれて」。カスタネットをもってやってきたのは、りすさん。つぎにリリーンと音がして、やってきたのはトライアングルをもったうさぎさん。さあ、つぎにくるのはだれでしょう。楽器を持って次々集まる動物たちと、最後はみんなで演奏会。動物たちが奏でる音の違いが楽しい紙芝居。

  • 3歳~
  • 1976年5月5日初版
  • 定価1,540円 (本体1,400円+税10%)
  • 立ち読み
ころん こっつんこ

2018年度定期刊行紙しばい 年少向け おひさまこんにちは0・1・2歳からのかみしばい わらべうたで あそぼ!

ころん こっつんこ

こがようこ 脚本/和歌山静子

たまごさんやだるまさんが、歌いながら、おきたりころんだり。あ、だるまさんが、さかだちして、ころん! たまごさんとおきあがりこぼしちゃんにこっつんこ! 画面のぬきさしで、おきたりころんだりして見えます。

  • 2歳~
  • 2018年5月1日初版
  • 定価1,540円 (本体1,400円+税10%)
  • 立ち読み
おっきなおにぎり ちっさなおにぎり

2017年度定期刊行紙しばい 年少向け おひさまこんにちは

おっきなおにぎり ちっさなおにぎり

やえがしなおこ 脚本/和歌山静子

大きい犬が小さなおにぎりを、小さい犬が大きいおにぎりを拾ったって。大げんかになったので、さるに決めてもらうことにした。

  • 2歳~
  • 2017年12月1日初版
  • 定価1,540円 (本体1,400円+税10%)
  • 立ち読み
  • 在庫品切・重版未定
ばけくらべ

松谷みよ子かみしばい 民話傑作選

ばけくらべ

松谷みよ子 脚本/和歌山静子

きつねとたぬきは、ばけるのがとくい。どちらがうまいかをくらべることにした。嫁入り行列にばけたたぬきの目の前に、まんじゅうが道にころがっている。食いしんぼうのたぬきは大喜びでまんじゅうにとびつくと……。

  • 4・5歳~
  • 2017年8月31日初版
  • 定価2,530円 (本体2,300円+税10%)
  • 立ち読み
和歌山静子シリーズ

和歌山静子シリーズ

和歌山静子 脚本・絵

数多くの紙芝居を手がける和歌山静子さんの年少版紙芝居セット。子どもたちが参加できる、色・形の認識紙芝居『まるくん さんかくさん しかくちゃん』、五山賞を獲得した音の認識紙芝居『みみをすませて』、ものの認識紙芝居『ともだち だーれ?』の3作品を収録。

  • 3歳~
  • 2017年4月1日初版
  • 揃定価4,620円 (本体4,200円+税10%)