検索結果

15件見つかりました。1~10件を表示しています。
書名をクリックすると詳細ページをご覧頂けます。

並び替え:

うみのどうぶつ どっちがどっち?

2024年度定期刊行紙しばい ともだちだいすき

うみのどうぶつ どっちがどっち?

キム・ファン 脚本/ミヤザーナツ

ウナギのお別れ会にやってきたのは、よくにた海のどうぶつたち。

  • 4・5歳~
  • 2024年5月発売予定
  • 定価2,090円 (本体1,900円+税10%)
  • 予約受付中
クマノミのおとうさん

2023年度定期刊行紙しばい ともだちだいすき

クマノミのおとうさん

キム・ファン 脚本/ミヤザーナツ

クマノミのおかあさんが、イソギンチャクのそばに卵を産みました。クマノミはおとうさんが卵の世話をします。卵に新鮮な水をおくるのです。ウツボがおそいかかってきたときにはイソギンチャクの触手に守ってもらいます。逆に、イソギンチャクを食べるチョウチョウウオがやってきたときには、身体の大きなおかあさんが体当たりをして追いはらいます。そうしてついに赤ちゃんがうまれ、広い海へと泳ぎ出すのです。

  • 4・5歳~
  • 2023年8月1日初版
  • 定価2,090円 (本体1,900円+税10%)
  • 立ち読み
ハシビロガモのはしろう

2022年度定期刊行紙しばい ともだちだいすき

ハシビロガモのはしろう

キム・ファン 脚本/ミヤザーナツ

ハシビロガモのはしろうは、食いしんぼう。マガモやオナガガモが水草を食べているのを見て、自分も食べようかと思いますが、水に潜って魚をとってきたカワアイサを見て、やっぱり魚を食べたくなります。仲間のハシビロガモがとなりの池に行こうと声をかけても、はしろうはひとり残って、魚をさがし、ついにつかまえます。喜んだはしろうは、仲間に自慢しようとしますが、池にははしろうひとりしかいません。広い池でポツンとひとりで魚を食べても、あんまりおいしくない……。と、そのとき、オオタカが襲いかかってきました! 必死で逃げて、オオタカのツメから逃れることができました。仲間といっしょにいることが安全で安心だと、はしろうは仲間のいる池をさがします。そして、仲間を見つけて、いっしょにぐるぐるまわってプランクトンのごはんをおなかいっぱい食べることができました。はしろうは、気づきました。どんなごちそうでも、ひとりではおいしくない。みんなでいっしょに食べるごはんがいちばんおいしいってことに。

  • 4・5歳~
  • 2023年2月1日初版
  • 定価2,090円 (本体1,900円+税10%)
  • 立ち読み
おおあめ、ゆだんしないで!

いっしょにまなぼう!〈きけん〉にそなえる紙芝居

おおあめ、ゆだんしないで!

キム・ファン 作/いしいつとむ 絵/国崎信江 監修

今日は園の避難訓練の日。園長先生が大きな地図で、大雨が降ったらどこまで水につかってしまうかを話し、かわとくんたちは避難に役立つことを学びました。数日後、すごい勢いで雨が降り、川の水がどんどん増えてきました。かわとくんは、逃げようと言いますが、お父さんはのんきなものです。そのとき、出かけていたお母さんから電話がかかり、のんびりしていたお父さんも、重大さにハッとして、いざ小学校へ避難することに。

  • 2歳~
  • 2021年7月31日初版
  • 定価2,090円 (本体1,900円+税10%)
  • 立ち読み
アマガエルのきしょうよほうし

2021年度定期刊行紙しばい ともだちだいすき

アマガエルのきしょうよほうし

キム・ファン 脚本/ミヤザーナツ

アマガエルの子ども・あたるのおとうちゃんは、まるで、気象予報士。おとうちゃんが鳴くと、かならず雨が降ります。「はやく、おとうちゃんのようになりたいよ」ある朝、おとうちゃんはあたるに、朝焼けの日は雨が降ることを教えてくれました。つぎの日は、ツバメが低いところを飛んでいたので、こういう日は雨が降ると教えてくれました。あたるが、大きな声で鳴く練習をしていると、声を聞きつけたサギが近づいてきて……。

  • 4・5歳~
  • 2021年6月1日初版
  • 定価2,090円 (本体1,900円+税10%)
  • 立ち読み
アオバズクのおうちさがし

2020年度定期刊行紙しばい ともだちだいすき

アオバズクのおうちさがし

キム・ファン 脚本/おおたぐろまり

アオバズクはふくろうの仲間です。遠い南の国からやってきて、夫婦で子育てをします。アオバズクのオスが、巣にちょうどいい木のうろを探しますが、なかなか見つかりません。ミツバチやムササビが、先に使っていたからです。テンが巣穴に使っていたうろに入りこんだアオバズクのメスが、テンに襲われそうだったところを、アオバズクのオスが助けます。アオバズクの夫婦は人間が設置した巣箱を見つけて、ぶじに子育てをしました。

  • 4・5歳~
  • 2020年7月1日初版
  • 定価2,090円 (本体1,900円+税10%)
  • 立ち読み
まいりま・した!

年少向けかみしばい どうぶつ こんにちは!

まいりま・した!

キム・ファン 脚本/後藤範行

アリクイとカメレオンとキリンは、長い舌がじまんです。みんな自分が一番だと思っているので、見せ合うことになりました。アリクイは舌で小さい虫をつかまえます。カメレオンは舌で遠くの虫をつかまえます。キリンは、木の枝に舌をぐるぐる巻き付けて、葉っぱをもぎとります。するとカメレオンが「あれくらい、おれにもできるぜ」。そしたらキリンが、舌を自分の鼻のあなにぺろーんと入れちゃった。みんなすごいね、まいりました!

  • 3歳~
  • 2019年8月31日初版
  • 定価1,540円 (本体1,400円+税10%)
  • 立ち読み
どうぶつ どっちがどっち?

2019年度定期刊行紙しばい ともだちだいすき

どうぶつ どっちがどっち?

キム・ファン 脚本/ひだのかな代

ツルじいさんの60歳の誕生日。動物たちがおいわいにやってきた。ヒツジとヤギ、アライグマとタヌキ、ツキノワグマとヒグマ。ツルじいさんにはどっちがどっちだか、よくわからない。見分けるにはどうすればいい?

  • 4・5歳~
  • 2019年8月1日初版
  • 定価2,090円 (本体1,900円+税10%)
  • 立ち読み
  • 在庫品切・重版未定
カワセミのあおとあか

2018年度定期刊行紙しばい ともだちだいすき

カワセミのあおとあか

キム・ファン 脚本/おおたぐろまり

カワセミのあおは、大きな魚をつかまえて、あかにプレゼントします。がけに穴をほって巣を作り、子育てをし、ついに巣立ちの日がきます。写実的で美しく、親しみやすい絵が魅力的なかみしばいです。

  • 4・5歳~
  • 2018年7月1日初版
  • 定価2,090円 (本体1,900円+税10%)
  • 立ち読み
  • 在庫品切・重版未定
とうきび

日・中・韓平和絵本

とうきび

クォン・ジョンセン 詩/キム・ファンヨン 絵/おおたけきよみ

韓国の国民的詩人クォン・ジョンセンが小学生のとき書いた詩にキム・ファンヨンが絵をつけた。「戦争と空腹に苦しみながら死んでいったすべての子どもたちに捧げます」という献辞を寄せている。兄ちゃんが穴をほり、ぼくが種をまき、母さんが土をかぶせて植えたとうきび。ぼくの背丈ほどになったある日、戦火が村を襲い、家族は見知らぬ土地へ逃れた。父さん、母さんはふるさとを思い、ぼくはそのままにしてきたとうきび畑を思う。

  • 小学1・2年~
  • 2016年6月15日初版
  • 定価2,420円 (本体2,200円+税10%)
  • 立ち読み