単行本図書

糸子の体重計

糸子の体重計

立ち読み

いとうみく 作/佐藤真紀子

食べることが大好きな細川糸子、クールビューティー・町田良子、大柄な転校生・高峯理子、町田良子にあこがれる坂巻まみ、細川糸子とは給食の天敵・滝島径介……5人の子どもたちの平凡な日々。つらいこと、悲しいことはしょっちゅうだし、どうしようもなく苦しいときもやってくる。そんなとき、クラスを見渡せば、細川糸子がいる。誰に対しても真っ正面から向き合い、しっかりと相手を見て、思ったことを口にする。大人も子どももじたばたしてけんめいに生きている、そんな地に足のついた読みごたえある物語。

  • 第46回日本児童文学者協会新人賞
  • 第24回(2012年)読書感想画中央コンクール小学校高学年向け指定図書
  • 定価1,540円 (本体1,400円+税)
  • 初版:2012年4月25日
  • 判型:四六判/サイズ:19.4×13.4cm
  • 頁数:256頁
  • 小学3・4年~ 小学5・6年~
  • ISBN:978-4-494-01956-4
  • NDC:913

感想を書く

読者の声

家庭のこと、自分自身のこと、一人ではどうにもならないことにむきあっていこうとする子どもたち。主人公の糸子の明るくて、まっすぐな生き方が、知らず知らずにまわりを救っている。本人は意識していないのに…。読後には、明日を希望をもってむかえられる。(小学校図書館司書・女性)
これはいい作品だー!
これはいい作品だー! と読了直後です。ん~感動。
なぜ、こんなに素晴らしいのだろう…5つの短編の5人の主人公のそれぞれの思い、個性の発現のしかた? …作者のたくらみの妙?
ひとつは、まわりの大人が過干渉ではなくて、子ども自身で問題解決に向かえている(糸子のおばあちゃんや、まみのお母さんは絶妙の間合いの助け舟程度で止めてある)。
ん~、タイトルの「体重計」は何を表すのだろう…感動しつつ、深読み中。(51歳・男性)

推薦のことば

『糸子の体重計』によせて 2012年4月27日
 いとうみくさんの『糸子の体重計』を初めて読んだときの衝撃が、忘れられない。この作品が、いとうさんもわたしも所属している同人誌に掲載されたときだった。正直、ぱらぱらとめくり、「あ~ぁ、またか」と思った。少女とダイエットとくれば、少女がダイエットに成功して美しく変身する夢物語か、人間は中身が大切であって外見に囚われるのは愚かだと気づく成長物語か……どちらかだと思い込んでいた。どちらも、巷に溢れた物語だ。わざわざ読むこともないなどと不遜なことを考えたりした。しかし、違った。まるで違った。『糸子の体重計』は、どこにもないただ一つの物語だった。読み進めていくうちに、わたしは夢中になった。物語に絡めとられたのだ。糸子という少女の姿が肉体と息吹と熱をもって、確かに伝わってくる。平凡で肥満気味で陽気でまっすぐな少女が、生身でどんとぶつかってきたのだ。その少女は、遠い昔少女だったわたし自身に重なるようであり、まったく未知の今を生きる女の子に繋がるようであった。
 いや、糸子は糸子であって誰でもない。そんな思いを抱かせてくれた。そんな物語がおもしろくないわけがない。
 今回、一冊の本という形で糸子に再会できた。読者としてもう一度、幸せな体験ができる。果報なことだとつくづく思う。
あさのあつこ(作家)

書評

子どもの本棚 2013年1月号 今月の書評
近藤香織
子どもと読書 2012年9-10月号 新刊紹介
後藤わか子
日本児童文学 2012年11-12月号 創作時評
佐々木江利子(白百合女子大学児童文化研究センター)
飛ぶ教室 31号 2012年 秋
加藤純子(児童文学作家)
子どもの本棚 2012年11月号
ちゃぐりん 2012年11月号 情報ボックス
藤田のぼる
日本児童文学 2012年9-10月号 創作時評
武藤清吾
山陽新聞 子どもしんぶん・さん太タイムス 2012年8月12日
ダイエットに挑戦する小学5年生描く
妹尾敦子(岡山県立図書館主事)
灯台 2012年9月号
漆原智良
小学校図書館ニュース付録 2012年7月8日 読みたくなるなるこの4冊
しんぶん赤旗 2012年6月23日 子どもの本
一章ごとに違う視点から浮かび上がる人間関係の中で、まっすぐな糸子の心意気が、すがすがしいインパクトを与えます。
内川朗子(児童文学評論家)
生活応援情報紙りびえ~る(山陰中央新報社 発行) 2012年6月8日 子育て耳寄り情報 おすすめ本
明日への活力に
北海道新聞 2012年6月8日 ヤングアダルト青春読書室
努力する姿 クラスに新風
升井純子(児童文学作家)
琉球新報小中学生新聞りゅうPON! 2012年6月3日
今を生きる少女とクラスメートの物語。

2020/2/19

〈愛知〉3/28 村上しいこさんといとうみくさんのトークイベントが開催されます!

子どもの本について語り合う連続トークイベント「子どもの本のひみつ」第8回が3月28日(土)に開催されます。『ねこななんて いなきゃ よかった』の著者・村上しいこさんと『かあちゃん取扱説明書』『糸子の体 ...

続きを読む

2019/8/8

<北海道>児童文学作家 いとうみくさん講演会「物語を書くということ」が開催されます。

『天使のにもつ』『かあちゃん取扱説明書 』 『アポリア』や「車夫」 シリーズ など、子どもの心に寄り添った多くの作品を次々に生み出している児童文学作家いとうみくさんが、下記の日程で、作品に込めた思いや ...

続きを読む

2018/7/13

<東京>いとうみくさんの講演会とおはなし会が開催されます。

『糸子の体重計』(第46回日本児童文学者協会新人賞)『かあちゃん取扱説明書』『アポリア』などの作者で、児童文学作家のいとうみくさんの講演会とおはなし会が、下記の日程で開催されます。どうぞ足をお運びくだ ...

続きを読む

2017/10/30

<京都>いとうみくさんの講演会が開催されます!

京都市図書館の読書週間記念事業として『かあちゃん取扱説明書』をはじめ、子どもの心に寄り添った多くの作品を手がける児童文学作家のいとうみくさんの講演会が下記の日程で開催されます。どうぞお楽しみに。◆児童 ...

続きを読む