検索結果

28件見つかりました。11~20件を表示しています。
書名をクリックすると詳細ページをご覧頂けます。

並び替え:

ダンプえんちょうやっつけた

絵本・ぼくたちこどもだ

ダンプえんちょうやっつけた

ふるたたるひたばたせいいち

わらしこ保育園の園長は、ダンプみたいな男の人。子どもたちは海賊ごっこで園長を倒そうとします。

  • 3歳~
  • 1978年4月20日初版
  • 定価1,650円 (税込)
  • 立ち読み
くれよんさんのけんか

おはなしがいっぱい

くれよんさんのけんか

八木田 宜子 作/田畑 精一

せっちゃんのくれよんの箱からとびだした、赤と黄色のくれよんは、あれあれ、たいへんです。けんかをはじめてしまいました。

  • 2歳~
  • 1975年12月1日初版
  • 定価2,090円 (税込)
  • 立ち読み
おしいれのぼうけん

絵本・ぼくたちこどもだ

おしいれのぼうけん

ふるたたるひたばたせいいち

お昼寝前に、ミニカーのとりっこでけんかをしたさとしとあきらは、先生に叱られておしいれに入れられてしまいます。そこで出会ったのは、地下の世界に住む恐ろしいねずみばあさんでした。
ふたりをやっつけようと、追いかけてくるねずみばあさん。でも、さとしとあきらは決してあきらめません。手をつないで走りつづけます―。80ページものボリュームがありながら、かけぬけるように展開するふたりの大冒険。1974年の刊行以来多くの子どもたちが夢中になり、版を重ねてきました。累計228万部を超えるロングセラー絵本。

  • 3歳~
  • 1974年11月1日初版
  • 定価1,430円 (税込)
  • 立ち読み
ロボット・カミイ ロボットのくにへかえるのまき

ロボット・カミイ

ロボット・カミイ ロボットのくにへかえるのまき

古田 足日 脚本/田畑 精一

ある日、みんなで大通りを横断していると、ダンプカーがつっこんできます。カミイは世界一強いロボットだといってとびだします。

  • 3歳~
  • 1974年3月1日初版
  • 定価2,420円 (税込)
  • 立ち読み
にげたくれよん

ぴよぴよシリーズ

にげたくれよん

八木田 宜子 作/田畑 精一

赤いくれよんでチューリップをかいてたら、「ぼく、すきなものがかきたい」って、くれよんがにげだして、かいたものは…。

  • 2歳~
  • 1973年5月1日初版
  • 定価1,540円 (税込)
  • 立ち読み
ロボット・カミイ おみせやさんごっこのまき

ロボット・カミイ

ロボット・カミイ おみせやさんごっこのまき

古田 足日 脚本/田畑 精一

「ぼくひとりのほうがせいせいする」カミイはあそぶときも絵をかくときもひとり。ある日、おみせやさんごっこをすることになり…。

  • 3歳~
  • 1972年10月1日初版
  • 定価2,420円 (税込)
  • 立ち読み
  • 在庫僅少
ロボット・カミイ げきあそびのまき

ロボット・カミイ

ロボット・カミイ げきあそびのまき

古田 足日 脚本/田畑 精一

ロボット・カミイは園で、みんなと劇あそびです。カミイはおおかみと七ひきの子やぎの劇に、むりやり八ぴきめになります。

  • 3歳~
  • 1971年12月1日初版
  • 定価2,420円 (税込)
  • 立ち読み
ロボット・カミイ

ロボット・カミイ

古田 足日 脚本/田畑 精一

幼年童話の名作「ロボット・カミィ」を迫力ある紙芝居に作品化。たけしとようこが、ごみばこにすててあったあき箱で作ったロボット・カミイの楽しいお話紙芝居。『ちびぞうのまき』『げきあそびのまき』『おみせやさんごっこのまき』『ロボットのくにへかえるのまき』の全4巻。

  • 3歳~
  • 1971年12月1日初版
  • 揃定価9,350円 (税込)
おなべとやかんとふらいぱんのけんか

おはなしがいっぱい

おなべとやかんとふらいぱんのけんか

村山 籌子 原作/堀尾 青史 脚本/田畑 精一

おかあさんが、おなべにやさいを入れ、やかんに水を入れ、ふらいぱんにたまごをおとして火をつけると、電話がなりだしました。

  • 2歳~
  • 1971年6月1日初版
  • 定価2,090円 (税込)
  • 立ち読み
ロボット・カミイ ちびぞうのまき

ロボット・カミイ

ロボット・カミイ ちびぞうのまき

古田 足日 脚本/田畑 精一

たけしとようこが、ごみばこにすててあったあき箱で作ったロボットは、紙の箱で作ったのでカミイという名前です。

  • 3歳~
  • 1970年11月1日初版
  • 定価2,090円 (税込)
  • 立ち読み