そうべえ そうれ ごかっさい (6冊セット) 

そうべえ そうれ ごかっさい

田島 征彦

  • 揃定価9,612円 (本体8,900円+税)
  • 初版:2018年5月31日
  • 判型:B5変型判
  • 3歳~
  • ISBN:978-4-494-04584-6
  • NDC:913

特集ページ

感想を書く

プレゼントにぴったり! 抱腹絶倒の上方落語を材につくられた大人気のロングセラー絵本シリーズ。地獄や極楽、果ては宇宙まで駆けめぐるそうべえたちの大冒険??
『じごくのそうべえ』『そうべえごくらくへゆく』『そうべえまっくろけのけ』『どろんこそうべえ』『そうべえりゅうぐうじょうへゆく』『そうべえときじむなー』の全6冊セット。美麗ケース付。

2018/12/21

<大阪>田島征彦さん 絵本『そうべえときじむなー』原画展が開催されます。

「じごくのそうべえ」誕生から40年、シリーズ7年ぶりの新刊発刊を記念して、田島征彦さんの原画展が 下記の日程で開催されます。会期中には、トーク&絵本読みかたり、サイン会が開催されます。ぜひ ...

続きを読む

2018/11/13

<福岡>田島征三+石川えりこ「絵本の読み聞かせ&トーク」が福岡県田川市の嘉穂劇場で開催されます。

絵本作家、田島征三さん・石川えりこさんによる絵本の読み聞かせとトー クを福岡県田川市の嘉穂劇場にて下記の日程で開催されます。嘉穂劇場ならではの升席で、いつもとは違う雰囲気の中でお楽しみいただけます。当 ...

続きを読む

2018/7/17

<東京都>ジュンク堂書店池袋本店にて、『じごくのそうべえ』誕生40年フェア実施中!

ロングセラー絵本『じごくのそうべえ』の誕生40年を記念して、ただいまジュンク堂書店池袋本店様にてフェアを展開中です。著者、田島征彦さんの言葉や、作画風景などを紹介するパネルを展示しています。皆様ぜひお ...

続きを読む

じごくのそうべえ

童心社の絵本

じごくのそうべえ

たじま ゆきひこ

「とざい、とうざい。かるわざしのそうべえ、一世一代のかるわざでござあい。」綱わたりの最中に、綱から落ちてしまった軽業師のそうべえ。気がつくと、そこ は地獄。火の車にのせられ、山伏のふっかい、歯ぬき師のしかい、医者のちくあんと三途の川をわたってえんま大王の元へ。4人はふんにょう地獄や、針の山、熱 湯の釜になげこまれ、人を食べる人呑鬼にのみこまれます。そうべえたちははたして生き返ることができるのか、あとは読んでのお楽しみ。

  • 3歳~
  • 1978年5月1日初版
  • 定価1,512円 (税込)
  • 立ち読み
そうべえごくらくへゆく

童心社の絵本

そうべえごくらくへゆく

たじま ゆきひこ

今回も死んで地獄に落ちてしまったそうべえたち!しかしあれやこれやと策をこらして、地獄ととなり合わせの極楽へ入ってしまいます。極楽でもとにかくやりたい放題のそうべえと仲間たち。しまいには“あみださん”も“えんまさん”も地獄も極楽もごっちゃになって…。

  • 3歳~
  • 1989年10月20日初版
  • 定価1,620円 (税込)
  • 立ち読み
そうべえまっくろけのけ

童心社の絵本

そうべえまっくろけのけ

田島 征彦

そうべえのもとにやって来たまっくろなうさぎ男は…なんとお月さまの使いでした。病気になってしまったお月さまのため、月へのぼったそうべえたちですが…? 天の川をつなわたり、星座を相手に大立ち回り! 空の上でもやっぱり大騒動になってしまって…。

  • 3歳~
  • 1998年7月1日初版
  • 定価1,620円 (税込)
  • 立ち読み
どろんこそうべえ

童心社の絵本

どろんこそうべえ

たじま ゆきひこ

「とざい、とうざい」一世一代の綱わたりに、またも綱から落ちてしまったかるわざしのそうべえ。間一髪、山伏のふっかい、歯ぬき師のしかい、医者のちくあんの三人に命を助けられ、のんで食べての大宴会に。それをみていたオケラが数をかぞえると、そうべえたちは子どもになって地底の世界へ吸い込まれてしまいます。そうべえたちは、ミミズの結婚式をじゃまするモグラを捕まえてほしいと頼まれますが…。

  • 3歳~
  • 2007年1月23日初版
  • 定価1,620円 (税込)
  • 立ち読み
そうべえ ふしぎなりゅうぐうじょう

童心社の絵本

そうべえ ふしぎなりゅうぐうじょう

たじま ゆきひこ

船にのったそうべえたち四人は、ふか(サメ)にみいれられて海の底の竜宮城へ行くことになります。竜宮城では飲めや歌えの大騒ぎ。ところが、乙姫様はじつはふかの化け者で、そうべえたちは太らされて食べられる寸前。逃げ出すと、浦島太郎も乙姫様もだまされてよれよれになっています。さて、おなじみそうべえたちの大活躍で、竜宮城はどんなことに??? 桂米朝の上方落語「小倉船」「兵庫船」をもとにした、奇想天外な田島征彦の絵本。

  • 3歳~
  • 2011年6月9日初版
  • 定価1,620円 (税込)
  • 立ち読み
そうべえときじむなー

童心社の絵本

そうべえときじむなー

たじま ゆきひこ

寒いのでたき火をしているそうべえたち。気球を作って暖かい南の国へ行こうとしたが燃やすものがなくなって危機一髪!助けてくれたのはきじむなー。渡してくれたのは隠れ蓑。これ幸いと、お百姓さんの弁当を盗み食いする4人。怒ったきじむなーは隠れ蓑を燃やしてしまうが、そうべえたちはその灰を体中にぬって婚礼の宴会へしのびこみ……。琉球の人たちの優しさにふれたそうべえたち。「わてら なにわのきじむなー」

作中に登場する「ウチナーグチ」(沖縄の方言)の解説はこちら

  • 3歳~
  • 2018年5月31日初版
  • 定価1,620円 (税込)
  • 立ち読み