そうべえ そうれ ごかっさい童心社の絵本

そうべえ ふしぎなりゅうぐうじょう

そうべえ ふしぎなりゅうぐうじょう

立ち読み

たじま ゆきひこ

船にのったそうべえたち四人は、ふか(サメ)にみいれられて海の底の竜宮城へ行くことになります。竜宮城では飲めや歌えの大騒ぎ。ところが、乙姫様はじつはふかの化け者で、そうべえたちは太らされて食べられる寸前。逃げ出すと、浦島太郎も乙姫様もだまされてよれよれになっています。さて、おなじみそうべえたちの大活躍で、竜宮城はどんなことに??? 桂米朝の上方落語「小倉船」「兵庫船」をもとにした、奇想天外な田島征彦の絵本。

  • 定価1,620円 (本体1,500円+税)
  • 初版:2011年6月9日
  • 判型:B5変型ワイド判/サイズ:25.1×25.6
  • 頁数:40頁
  • 3歳~
  • ISBN:978-4-494-01243-5
  • NDC:913

特集ページ

感想を書く

おなじみそうべえ達の、ドキドキワクワク、愉快痛快な物語。型絵染で描かれたイラストも素晴らしく大迫力! 上方落語「兵庫船」「小倉船」をヒントにした本作は、『じごくのそうべえ』以来33年ぶりに米朝落語を元に創作されました。

読者の声

とにかく色彩がいいです!
絵がきれいで色もすごく良かった。文章も、だれが言っているか、顔の絵があってわかるやすく、絵を見ながら、この人が言ってるのかと想像しながら文章を読んでいけた。(48歳・女性)
最後のオチが楽しかった
今回は最後のオチが楽しかったですね! 娘(33歳)の時からシリーズを読ましていただいてます。今は我が家の3人の孫たちに読んでます(もちろん娘の本です)。これからもシリーズを続けてください。待ってます。(61歳・女性)
孫が「新しいのがでたよ」と
私は、そうべえが好きです。前のは全部買って、孫に読ませました。孫が「新しいのがでたよ」といって買ってきてくれました。82歳です。
そうべえが帰ってきた!
そうべえが帰ってきた!とうれしくなりました。4人組みのとぼけた活躍が楽しかったです。

2018/7/6

<北海道>田島征彦さんの講演会「絵本で伝いたいこと」が本日開催されます!

「じごくのそうべえ」シリーズ、また今年刊行された新刊『そうべえときじむなー』の作者、田島征彦さんの講演会が、開催されます。詳細は、下記およびチラシをごらんください。お近くの方はどうぞ足をお運び下さい。 ...

続きを読む

2018/5/28

<京都>田島征彦展が、ギャラリーヒルゲートで開催されます!

田島征彦展が、下記の日程でギャラリーヒルゲートで開催されます! この度、ギャラリーヒルゲートは開廊30周年を迎えます。また『じごくのそうべえ』は、刊行されて今年で40年を迎えます。そうした節目の今年、 ...

続きを読む