むしのたまごシリーズ

かたつむりの でんでんちゃん うまれたよ!

かたつむりの でんでんちゃん うまれたよ!

立ち読み

在庫僅少

たけがみ たえ 作・絵/須田 研司 監修

でんでんちゃんはうまれたばかりでも、自分で食べ物を探します。暖かいうちにたくさん食べて、冬になると殻にとじこもって冬眠します。
そして3年たった春、体が大きくなって、殻のうずまきの数も増えました!
 しとしと雨が好きなでんでんちゃんはやわらかい体でどんな道も進みます。なめくじと似ているけれど、どこが違うかな?

 オスもメスもないカタツムリがどう卵をつくるかなど、楽しいお話の中で生態を知ることもできます。

  • 全国学校図書館協議会選定
  • 定価1,430円 (本体1,300円+税10%)
  • 初版:2021年5月10日
  • 判型:B5変型判/サイズ:20.7×22.2cm
  • 頁数:29頁
  • 4・5歳~
  • ISBN:978-4-494-01465-1
  • NDC:484

感想を書く

読者の声

読者さま

カラフルなさし絵(62歳・女性)

かたつむり目線で日本の夏を楽しむことができました。
読者さま

購入してよかったです(40歳・女性)

活発で元気な息子ですが、とても楽しく読んでいます。購入してよかったです。
読者さま

何度も鑑賞しています(33歳・女性)

生き物が好きな兄弟と楽しく読ませていただきました!細部まで観察できてゆっくり何度も鑑賞しています。
読者さま

7歳の子どもと一緒に楽しめました(35歳・女性)

書店で新刊をおすすめされていて、手にとりました。色合いがステキで、お花の絵がきれいなところが気に入りました。カタツムリの生態を知ることができて、7歳の子どもと一緒に楽しめました。
読者さま

かたつむりの動きや生態がわかりやすく描かれていた(52歳)

イラストがとてもかわいいのにかたつむりの動きや生態がわかりやすく描かれていたのと、今の時期(6月)にぴったりなので購入しました。本屋さんで見やすくディスプレイされていて、手に取りやすかったです。ページによって鮮やかな色が使われていて変化していくので、あきずに読めると思いました。
読者さま

今まで知らなかったかたつむりの暮らし(50歳・女性)

今回、この絵本を購入した理由は短大(保育科)に通う娘が、絵本の読み聞かせを子供達にするためでした。50歳の私が聞く側となり話を黙って聞いていると、今まで知らなかったかたつむりの暮らし。この年齢にして、まだまだ知らない事がたくさんあるんだな と思い、たまには絵本を見るのも楽しいものだなあ と思い、新鮮な気持ちになりました。

もっと見る

2022/6/15

<新刊えほん>『とんぼの ぎんちゃん うまれたよ!』ヤゴからトンボへ――いのちのふしぎ、美しさをいきいきと描く

むしのあかちゃんが大きくなって、たまごをうむまでを描く、絵本「むしのたまごシリーズ」。新刊の第3作は、ギンヤンマのぎんちゃんが主人公です。夏、池の中でうまれたぎんちゃんは脱皮をくりかえしながら、トンボ ...

続きを読む

2022/1/28

<コラム>童心社2021年の新刊絵本をふりかえり!  ―おはなし絵本編―

2021年の新刊絵本をふりかえるこちらの企画。あかちゃん絵本編に続いて、3・4・5歳~小学校低学年向けのおはなし絵本編をお送りします。≪身近な自然・たべものにふれる絵本 3・4・5歳~≫★『ぷっくり ...

続きを読む

2021/5/25

<インタビュー>「むしのたまごシリーズ」 監修者・須田研司さん

むしの一生を温かみのあるストーリーと迫力あふれる絵で描く「むしのたまごシリーズ」。 その第一弾、『かたつむりの でんでんちゃん うまれたよ!』と『かぶとむしの ぶんぶんちゃん うまれたよ!』が、2冊同 ...

続きを読む

2021/5/21

<インタビュー> 『かぶとむしの ぶんぶんちゃん うまれたよ』 作者・ねもとまゆみさん

今月、『かたつむりの でんでんちゃん うまれたよ!』『かぶとむしの ぶんぶんちゃん うまれたよ!』が、2冊同時刊行となりました。「むしのたまごシリーズ」の第一弾です。物語の主人公は、子どもたちに人気の ...

続きを読む

2021/5/18

<インタビュー> 「むしのたまごシリーズ」 作者・たけがみたえさん

(2021年3月8日 童心社にて)子どもたちに人気のむしを主人公にした、新しいシリーズがスタートしました!その名も「むしのたまごシリーズ」。むしのあかちゃんが大きくなって、卵をうむまでを描きます。シリ ...

続きを読む