検索結果

210件見つかりました。181~190件を表示しています。
書名をクリックすると詳細ページをご覧頂けます。

並び替え:

ちゅうしゃにいったモモちゃん

ちいさいモモちゃん

ちゅうしゃにいったモモちゃん

松谷 みよ子 脚本/鈴木 未央子

モモちゃんの体にぼつぼつができて、ママに水ぼうそうよといわれました。モモちゃんはお医者さんで注射をうたれましたが…。

  • 3歳~
  • 1973年5月1日初版
  • 定価2,090円 (税込)
おさじさん

松谷みよ子のかわいいおはなし

おさじさん

松谷 みよ子 作/瀬名 恵子

おさじさんが、野をこえ山をこえ歩いてきます。「あ、いいにおい」うさぎさんがおいしいおかゆを食べてたのです。

  • 3歳~
  • 1973年5月1日初版
  • 定価1,540円 (税込)
うりこひめとあまのじゃく

松谷みよ子民話珠玉選

うりこひめとあまのじゃく

松谷 みよ子 脚本/梶山 俊夫

うりから生まれたうりこひめが一人でるすばんをしている時、あまのじゃくがやってきた。うりこひめはあまのじゃくにだまされて…。

  • 3歳~
  • 1973年3月1日初版
  • 定価2,200円 (税込)
りゅうぐうのおよめさん

松谷みよ子民話珠玉選

りゅうぐうのおよめさん

松谷 みよ子 脚本/遠藤 てるよ

竜神の娘を嫁にもらった若者は、嫁の小づちで家と蔵と米を出して、楽しくくらしていました。それをきいた殿様はおもしろくなく…。

  • 3歳~
  • 1973年3月1日初版
  • 定価2,200円 (税込)
かさじぞう

松谷みよ子民話珠玉選

かさじぞう

松谷 みよ子 脚本/まつやま ふみお

もうすぐ正月だというのにモチを買う金もないじいは、ばあの織った布を売りにいきましたが、買ってもらえません。

  • 3歳~
  • 1973年3月1日初版
  • 定価2,200円 (税込)
  • 立ち読み
したきりすずめ

松谷みよ子民話珠玉選

したきりすずめ

松谷 みよ子 脚本/堀内 誠一

昔、じいさまとばあさまがいた。ある日じいさまが山から雀を持ち帰りますが、じいさまがあまり雀ばかりかわいがるので、ばあさまはすずめが憎らしく、えさもやらなくなってしまった。ある日、腹をへらした雀が、米でできたのりを食べたことを知ったばあさまは、怒って雀の舌を切り、家から追い出してしまった。雀に謝ろうと、雀をさがすじいさまは、馬洗いや牛洗いからの難題を乗り越え、雀の家までたどり着き、土産に宝をもらって帰ってきた。これを知った欲深いばあさまは、自分も宝をもらおうと雀の家を訪ねますが……。

  • 3歳~
  • 1973年3月1日初版
  • 定価2,200円 (税込)
  • 立ち読み
うみにしずんだおに

松谷みよ子民話珠玉選

うみにしずんだおに

松谷 みよ子 脚本/二俣 英五郎

海が荒れて人がさらわれるとなげく村人の話をきいた鬼の親子は、あらしの朝、大岩をかついで海に入っていき…。

  • 3歳~
  • 1973年3月1日初版
  • 定価2,200円 (税込)
松谷みよ子民話珠玉選

松谷みよ子民話珠玉選

松谷 みよ子

松谷みよ子による民話紙芝居の決定版。紙芝居のロングセラー。

  • 3歳~
  • 1973年3月1日初版
  • 揃定価11,000円 (税込)
はのいたいモモちゃん

ちいさいモモちゃん

はのいたいモモちゃん

松谷 みよ子 脚本/鈴木 未央子

歯のいたいモモちゃんは、口の中の悪いコビトを退治しなくちゃと、ママにいわれ、勇ましく歯医者さんへいきます。 

  • 3歳~
  • 1972年6月1日初版
  • 定価2,090円 (税込)
あかちゃんのうた

松谷みよ子 あかちゃんの本

あかちゃんのうた

松谷 みよ子 ぶん/いわさき ちひろ

ふんふん なくひと だあれ
おしっこ したひと だあれ
のび のび のび のび
いいあんよ
のび のび のび のび
けっとばしちゃいやよ

おつむ てんてん あわわ
かいぐり かいぐり とっとのめ……

こもりうたや手あそびうたなど、日本で昔からあかちゃんに語りかけうたいつがれてきたうたや、オリジナルの詩など、14のうたを収録した100万部をこえるロングセラーあかちゃん絵本。

出産ではじめて育児に関わるという方が増えた現代、「どうやってあかちゃんに語りかけ、コミュニケーションをとったらいいかわからない」そんな声にこたえたいという著者の思いから生まれた本作。あかちゃんのおむつを替えるとき、あかちゃんを抱いているとき、お散歩で散る木の葉をいっしょにみたとき…… あかちゃんとすごす時間の中で、語りかけうたってほしい詩が集められています。

「どうぞ、おかあさんの言葉で、声で、あかちゃんにお話したり、うたったり、あそんであげたりしてください。この本がそのきっかけになれば、こんなうれしいことはありません」
『あかちゃんのうた』著者あとがきより

  • 0・1歳~
  • 1971年8月20日初版
  • 定価880円 (税込)
  • 立ち読み