検索結果

13件見つかりました。1~10件を表示しています。
書名をクリックすると詳細ページをご覧頂けます。

並び替え:

ききみみずきん

2022年度定期刊行紙しばい ともだちだいすき

ききみみずきん

やえがしなおこ 脚本/野村たかあき

こころのやさしいきゅうべえは、いじめられていたこぎつねをたすけたおれいに、ずきんをもらいました。かぶってみると、とりのはなしがわかるようになっています。ちょうじゃどんのむすめのびょうきのりゆうをきいたきゅうべえは、なんとかしたいと、やしきへむかうと……。

  • 4・5歳~
  • 2022年8月5日発売予定
  • 定価2,090円 (本体1,900円+税10%)
  • 立ち読み
  • 予約受付中
きんのおの ぎんのおの

かみしばい 世界の名作劇場

きんのおの ぎんのおの

やえがしなおこ 脚本/スズキコージ

きこりが、池のほとりで木をきっています。斧をふりあげたそのとき……「あっ!」ジャボーン! 斧は池のなかにおちてしまいました。
「どうしよう。こまったなあ。」きこりがこまっていると、池のなかから、神様があらわれました。「この三本のなかに、おまえのおとした斧はあるかね?」

  • 3歳~
  • 2022年8月3日発売予定
  • 定価1,650円 (本体1,500円+税10%)
  • 立ち読み
  • 予約受付中
うさぎとかめ

2021年度定期刊行紙しばい 年少向け おひさまこんにちは

うさぎとかめ

やえがしなおこ 脚本/やべみつのり・矢部太郎

ある日、うさぎとかめがあいました。「のろのろかめくん、あんまりのろくて、あるいているのか、とまっているのか、わからなかったよ」「うさぎさん、それほどいうなら、ぼくと、きょうそうしないかい?」のはらのなかまもあつまってきました。よーいどん! うさぎとかめの、かけっこがはじまりました。うさぎはあっというまに、とおくへかけていきます。でも、かめはあわてません。「いちに、いちに。ゆっくり、いくぞ」。

イソップの名作が紙芝居になりました。
やべみつのりさん、矢部太郎さん 初の親子共作です。

  • 2歳~
  • 2021年9月1日初版
  • 定価1,540円 (本体1,400円+税10%)
  • 立ち読み
コケコッコーのおんどり

2020年度定期刊行紙しばい 年少向け おひさまこんにちは

コケコッコーのおんどり

やえがしなおこ 脚本/日紫喜洋子

おんどりが、てがみをひろいました。「おんどりさま、あひるさま、かわらひわさま、みんなでけっこんしきにいきましょう。」と、かいてあります。おんどりは、あひるとかわらひわといっしょに、けっこんしきにむかいました。そのとちゅう、おおかみがあらわれて、「おれもけっこんしきにいってもいいか?」ときいてきました。でも、いくらてがみをよんでも、おおかみのなまえはてがみにありません。するとおこったおおかみは……。

  • 2歳~
  • 2020年12月1日初版
  • 定価1,540円 (本体1,400円+税10%)
  • 立ち読み
はたらきもののめんどり

2019年度定期刊行紙しばい 年少向け おひさまこんにちは

はたらきもののめんどり

やえがしなおこ 脚本/さとうあや

めんどりが畑にむぎをまこうと、声をかけました。「だれがてつだってくれますか。」でも、ぶたも、ねこも、いぬも、みんなそっぽをむいて、しらんぷり。しかたがないので、ひとりでむぎをまくことになり……。

  • 2歳~
  • 2019年12月1日初版
  • 定価1,540円 (本体1,400円+税10%)
  • 立ち読み
とんまなおおかみと かしこいうま

年少向けかみしばい どうぶつ こんにちは!

とんまなおおかみと かしこいうま

やえがし なおこ 脚本/バーサンスレン・ボロルマー

おなかをすかせたおおかみがやってきました。「どこかにごちそうはないか。」すると、めのまえにぬまにはまってうごけないうまがいました。「へっへっへ。いまからおまえをくってやる。」うまはおおかみにきがついて、「おおかみさん、ぼくをたべるのなら、まず、このぬまからひっぱりだしてください。」といいます……。かしこいうまは、知恵をしぼって難をのがれます。ユーモアあふれる、モンゴルのむかしばなし。

  • 3歳~
  • 2019年8月31日初版
  • 定価1,540円 (本体1,400円+税10%)
  • 立ち読み
とりのおうさま

2018年度定期刊行紙しばい 年少向け おひさまこんにちは

とりのおうさま

やえがし なおこ 脚本/日紫喜 洋子

むかしむかし。やまにあばれんぼうのクマがいました。もりのどうぶつたちは、こまっています。「おれのつめでつかまえてやる」とワシがなのりでましたが……。ちいさなミソサザイが活躍する動物の民話。

  • 2歳~
  • 2019年3月1日初版
  • 定価1,540円 (本体1,400円+税10%)
  • 立ち読み
  • 在庫品切・重版未定
おっきなおにぎり ちっさなおにぎり

2017年度定期刊行紙しばい 年少向け おひさまこんにちは

おっきなおにぎり ちっさなおにぎり

やえがし なおこ 脚本/和歌山 静子

大きい犬が小さなおにぎりを、小さい犬が大きいおにぎりを拾ったって。大げんかになったので、さるに決めてもらうことにした。

  • 2歳~
  • 2017年12月1日初版
  • 定価1,540円 (本体1,400円+税10%)
  • 立ち読み
  • 在庫品切・重版未定
いたずらかっぱの きずぐすり

ぞくぞく こわ~い おばけかみしばい

いたずらかっぱの きずぐすり

やえがし なおこ 脚本/篠崎 三朗

じいさまが川へ馬を洗いにきた。かっぱが馬のしっぽを引っぱろうとしたが馬があばれだし、かっぱはつかまったままうまやへ。村人がかっぱの手を引っぱると抜けてしまう。かっぱは腕をかえしてくれたら薬を教えると

  • 3歳~
  • 2016年7月30日初版
  • 定価2,090円 (本体1,900円+税10%)
  • 立ち読み
さんごのくにのおきゃくさま

2016年度定期刊行紙しばい ともだちだいすき

さんごのくにのおきゃくさま

やえがし なおこ 脚本/くすはら 順子

おじいが、あみにかかったイルカをたすけました。つぎのひ、おじいは、イルカにみちびかれて、しろいさんごのはまにたどりつきます。そこにはひげのろうじんがいて、おじいは「さんごのこえだ」をもらいました。
南の島を舞台にした創作民話かみしばい。

  • 4・5歳~
  • 2016年8月1日初版
  • 定価2,090円 (本体1,900円+税10%)
  • 立ち読み
  • 在庫品切・重版未定