検索結果

25件見つかりました。1~10件を表示しています。
書名をクリックすると詳細ページをご覧頂けます。

並び替え:

なきむしせいとく

童心社の絵本

なきむしせいとく

たじまゆきひこ

《沖縄に40年以上通い続けてきた著者が描く「沖縄戦」》

ここは1945年の沖縄。ぼくの名前は「せいとく」です。
いつも泣いているので、みんなから「なちぶー」とよばれています。
父に続き、兄も兵隊となり、ぼくは母と妹の3人で、南へ逃げることになりました。

絵本作家・田島征彦は、40年以上取材を重ね、これまでにも「沖縄の絵本」を描いてきました。
(『とんとんみーときじむなー』[1987年]『てっぽうをもったキジムナー』[1996年]『やんばるの少年』[2019年、いずれも童心社・刊])

本作では、長年の取材の集大成として、真っ正面から「沖縄戦」を描きます。

  • 小学3・4年~
  • 2022年4月30日初版
  • 定価1,760円 (本体1,600円+税10%)
  • 立ち読み
やんばるの少年

童心社の絵本

やんばるの少年

たじまゆきひこ

沖縄県やんばるの森には、ここにしかいない鳥や虫などがたくさんいます。ぼくと弟げんたと、友達のハルコは、川でうなぎをとったり、バンシルーの木にのぼって実を食べたりする仲良し。そんなある日、オスプレイのヘリパッド建設が始まって、森の木すれすれにオスプレイが滑空するようになりました。ハルコの家族は、引っ越すことになって…。
森に暮らす子どもの視点から、静かで安全な暮らしを奪われる不条理さを描いた力作。

  • 小学3・4年~
  • 2019年5月20日初版
  • 定価1,760円 (本体1,600円+税10%)
  • 立ち読み
そうべえ そうれ ごかっさい

そうべえ そうれ ごかっさい

田島征彦

プレゼントにぴったり! 抱腹絶倒の上方落語を材につくられた大人気のロングセラー絵本シリーズ。地獄や極楽、果ては宇宙まで駆けめぐるそうべえたちの大冒険??
『じごくのそうべえ』『そうべえごくらくへゆく』『そうべえまっくろけのけ』『どろんこそうべえ』『そうべえりゅうぐうじょうへゆく』『そうべえときじむなー』の全6冊セット。美麗ケース付。

  • 3歳~
  • 2018年5月31日初版
  • 揃定価9,900円 (本体9,000円+税10%)
  • 立ち読み
そうべえときじむなー

童心社の絵本

そうべえときじむなー

たじまゆきひこ

寒いのでたき火をしているそうべえたち。気球を作って暖かい南の国へ行こうとしたが燃やすものがなくなって危機一髪!助けてくれたのはきじむなー。渡してくれたのは隠れ蓑。これ幸いと、お百姓さんの弁当を盗み食いする4人。怒ったきじむなーは隠れ蓑を燃やしてしまうが、そうべえたちはその灰を体中にぬって婚礼の宴会へしのびこみ……。琉球の人たちの優しさにふれたそうべえたち。「わてら なにわのきじむなー」

作中に登場する「ウチナーグチ」(沖縄の方言)の解説はこちら

  • 3歳~
  • 2018年5月31日初版
  • 定価1,650円 (本体1,500円+税10%)
  • 立ち読み
大型紙しばい じごくのそうべえ(後編)

大型紙しばい じごくのそうべえ

大型紙しばい じごくのそうべえ(後編)

田島征彦 脚本・絵

かるわざしのそうべえ、歯ぬきしのしかい、いしゃのちくあん、やまぶしのふっかい。おなじみの絵本『じごくのそうべえ』の物語が大型紙芝居になって新登場。後編は、4人がじごくで大あばれ! 釜ゆでじごくも、針山じごくも、痛くもかゆくもなんともない! えんま大王もさじを投げ、4人はとうとうじごくを追いだされて、生きかえります。声に出して演じる楽しさが味わえます。

  • 3歳~
  • 2014年7月7日初版
  • 定価9,350円 (本体8,500円+税10%)
大型紙しばい じごくのそうべえ(前編)

大型紙しばい じごくのそうべえ

大型紙しばい じごくのそうべえ(前編)

田島征彦 脚本・絵

とざい、とうざい――。かるわざしのそうべえ、歯ぬきしのしかい、いしゃのちくあん、やまぶしのふっかい。あの絵本『じごくのそうべえ』が大型紙芝居となって新登場。大迫力の絵と脚本は、紙芝居のためにすべて新たに描きおろしました。絵本とはひと味ちがうおもしろさが紙芝居で広がります。前編は“じんどんき”の登場まで。

  • 3歳~
  • 2014年7月7日初版
  • 定価9,350円 (本体8,500円+税10%)
大型紙しばい じごくのそうべえ

大型紙しばい じごくのそうべえ

田島征彦 脚本・絵

とざいとうざい。かるわざしのそうべえ、歯ぬきしのしかい、いしゃのちくあん、やまぶしのふっかい。絵本『じごくのそうべえ』の世界が大型紙しばいになりました。絵も脚本もすべて新たに描き下ろして新登場!

  • 3歳~
  • 2014年7月7日初版
  • 揃定価18,700円 (本体17,000円+税10%)
そうべえ ふしぎなりゅうぐうじょう

童心社の絵本

そうべえ ふしぎなりゅうぐうじょう

たじまゆきひこ

船にのったそうべえたち四人は、ふか(サメ)にみいれられて海の底の竜宮城へ行くことになります。竜宮城では飲めや歌えの大騒ぎ。ところが、乙姫様はじつはふかの化け者で、そうべえたちは太らされて食べられる寸前。逃げ出すと、浦島太郎も乙姫様もだまされてよれよれになっています。さて、おなじみそうべえたちの大活躍で、竜宮城はどんなことに??? 桂米朝の上方落語「小倉船」「兵庫船」をもとにした、奇想天外な田島征彦の絵本。

  • 3歳~
  • 2011年6月9日初版
  • 定価1,650円 (本体1,500円+税10%)
  • 立ち読み
そうべえかるた[普及版]

童心社のキャラクターグッズ

そうべえかるた[普及版]

たじまゆきひこ

既刊絵本そうべえシリーズ4巻より、名場面を中心に絵札を選び、関西弁による読み札のユニークなかるた。あらたに描きおろしたイラスト12点を含む。

絵札・読み札/各48枚

  • 3歳~
  • 2008年9月10日初版
  • 定価660円 (本体600円+税10%)
そうべえかるた[上製版]

童心社のキャラクターグッズ

そうべえかるた[上製版]

たじまゆきひこ

既刊絵本そうべえシリーズ4巻より、名場面を中心に絵札を選び、関西弁による読み札のユニークなかるた。あらたに描きおろしたイラスト12点を含む。

絵札・読み札/各48枚 特製絵はがき4枚

  • 3歳~
  • 2008年7月10日初版
  • 定価1,540円 (本体1,400円+税10%)