童心社のおはなしえほん

まいごのモリーとわにのかばん

まいごのモリーとわにのかばん

立ち読み

こまつ のぶひさ 文/はた こうしろう

ひつじのモリーは、おでかけするのがだいすきです。
森でも海でも沼地でも、ひとりでおでかけできるのでした。
でも、だいたいまいごになるのです。
おとうさんがくれた、わにのかばんをもって、きょうもおでかけするのですが……
きまぐれで、いきあたりばったりのモリーの姿は、幼い子どもそのものです。
どこへでも歩いていけるモリーを、そっと見守るのは、なんとわにのかばん!?
ユーモラスでいて心あたたまるお話です。
審査員の満場一致で、第13回絵本テキスト大賞を受賞した作品です。

  • 第13回絵本テキスト大賞受賞作
  • 全国学校図書館協議会選定
  • 定価1,430円 (本体1,300円+税10%)
  • 初版:2022年2月28日
  • 判型:B5変型判/サイズ:20.7×22.2cm
  • 頁数:34頁
  • 4・5歳~
  • ISBN:978-4-494-01641-9
  • NDC:913

感想を書く

読者の声

読者さま

子どもと重なり愛おしい。(52歳・女性)

モリーの自信たっぷりの顔。カッコイイとかわいいが、子どもと重なり愛おしい。
わにのかばんといっしょに、どこへでも冒険にでかけてほしいです。元気がでます。おもしろい、たのしい本でした!
読者さま

今年ナンバーワンに好きな絵本です。(55歳・女性)

今の時点で、今年ナンバーワンに好きな絵本です。根拠なき自信満々なモリーが大変いいです。子どものあるべき姿だと思います。
読者さま

娘と共に見入っています。(31歳・女性)

かばんがわに。しかもしゃべる…! 「よっぽどのことです。」「ひどいねぇ。」などワードチョイスがおもしろいなぁと感じました。娘も内容(文章)を大体暗記するほど気に入っています。
最後の街の風景も描きこまれており、娘と共に見入っています。(夕焼けなのもgood!!)
読者さま

ひつじのモリーがかわいくてよかったです。(60歳・女性)

わにの口の中でかえるのさいふが、ぷかぷかういているところや、口の中に入ってモリーが家に帰っていくところがとてもおもしろかったです。絵もひつじのモリーがかわいくてよかったです。たくさんのパンの絵では、自分のパンを選び、町の絵では、どこからどうやって帰ったのかなと考えながら楽しめて、もりやうみ、ぬまち、行きたかったまちはどこなんだろうと探して遊べました。ひつじは好きな動物なので、これからもモリーが、わにのかばんを持っておでかけする話を読みたいと思いました。

もっと見る

書評

おうちに帰れるから、迷子はすてき! 母のひろば695号(2022年 4月15日発行)
 出版されるのを、楽しみにしていました。第13回絵本テキスト大賞で、私を含めた選考委員全員一押しの、大賞受賞作だったからです。
 こまつのぶひささんのお作です。
 ひつじのモリーはおでかけがだいすき。おとうさんがくれたわにのかばんを持って、ひとりでまちへ出かけるのですが、道をまちがえて迷子になったようです。さて……。
 絵本の魅力のひとつは、ページをめくっていくワクワク感です。テンポのいい心弾むストーリー展開は、絵本にぴったり。文字の行間からイメージが広がり、ビジュアルとしての絵がたちあがってくる、うれしいテキストでした。
 このお話のおもしろさは、モリーとわにのかばんの対等な関係性にあると思います。モリーにモリーの意思があるように、わにのかばんにはわにのかばんの確固たる意思があります。だからモリーにとって、わにのかばんの取り扱いはなかなかやっかいなのです。
 モリーにまったなしの要求をしますし、肝心な時に、かばんの口を閉じてしまい開いてくれません。でも、モリーは思い出します。おとうさんが教えてくれた、わにのかばんの口が絶対に開く方法を。
 道をまちがえても、迷子になっても、モリーは不安になるどころか元気いっぱい。だって、だいじょうぶなのです。ちゃんとおうちに帰れるのです。モリーがひとこと、「おうち かえる」と言えば。
 絵は、はたこうしろうさんです。
 はたさんご自身が、楽しんで描かれたことがよくわかります。モリーをとりまく世界が大きく広がりました。
 ぎゅっと抱きしめたくなるチャーミングなモリー。ずしんと存在感あふれるわにのかばん。名脇役は居場所を時々追い出される、かえるのさいふ。三者のしぐさや表情で、楽しさがぱんぱんにふくらみます。
 見開き最後のページは、モリーのおうち周辺の俯瞰図です。「モリーはここを通ったんだ」「あ、おかあさんが待ってる」。読者の子どもたちの声が聞こえてきそうです。それにしてもモリーが住んでいる地域って、とってもすてき。おでかけしたくなる所だらけです。きっとモリーは、またひとりでおでかけして、どこかで迷子になるにちがいありません。
 わにのかばんはモリーが大好き。見返しが愉快です。あれもこれもやってみたいモリーに、まあ実に忍耐強く付きあっています。
 どこへでもおでかけができて、帰りたいおうちがあって、そのおうちにかならず帰れる。
 世界中の子どもたち、みんながそうであってほしい。モリーのようであってほしい。絵本の幸福な余韻とともに願わずにはいられません。
浜田桂子/絵本作家

2022/4/19

<高知県>4/9(土)『まいごのモリーとわにのかばん』作者こまつのぶひささんのミニトーク&サイン会が行われました!

(中央)こまつのぶひささん 書店員の皆様と記念撮影!第13回「絵本テキスト大賞」を受賞し、3月に刊行となった絵本『まいごのモリーとわにのかばん』。4月9日(土)に、作者のこまつのぶひささんのミニトーク ...

続きを読む

2022/3/23

<イベント>『まいごのモリーとわにのかばん』こまつのぶひささんミニトーク&サイン会決定!

3月初旬に刊行となった、「第13回絵本テキスト大賞」受賞作『まいごのモリーとわにのかばん』。このたび、作者のこまつのぶひささんのご出身地である高知県の書店にて、ミニトーク&サイン会が決定しました。作品 ...

続きを読む

2022/3/15

<新刊えほん>はたこうしろうさんが描くモリーから目が離せない!『まいごのモリーとわにのかばん』 新刊紹介2/2

第13回絵本テキスト大賞受賞作『まいごのモリーとわにのかばん』が今月発売されました。絵本テキスト大賞の大賞受賞作は、著名な画家によるすばらしい絵とともに絵本化され、童心社より出版されます。本作『まいこ ...

続きを読む

2022/3/14

<新刊えほん>「絵本テキスト大賞」受賞作! 話題の絵本『まいごのモリーとわにのかばん』 新刊紹介 1/2

あたらしい絵本作家の発掘と育成をめざすテキストのみのコンクール、「絵本テキスト大賞」。第13回の大賞受賞作『まいごのモリーとわにのかばん』が今月発売されました。絵本テキスト大賞は 2008年より毎年開 ...

続きを読む

2022/3/2

<メディア>『まいごのモリーとわにのかばん』のプレスリリースを配信しました。

「第13回絵本テキスト大賞」受賞作、『まいごのモリーとわにのかばん』のプレスリリースを配信しました。以下URLよりご覧いただけます。「絵本テキスト大賞」受賞作! 話題の新人作家こまつのぶひささんと、は ...

続きを読む