おかあさんとみる性の本

ぼくのはなし

ぼくのはなし

立ち読み

山本 直英 監修/和歌山 静子 さく

父さんと母さんとで、ぼくという人間をつくってくれた。ぼくは、どこから生まれた?

  • SLA選定/JLA選定/<よい絵本>
  • 定価1,430円 (本体1,300円+税)
  • 初版:1992年10月20日
  • 判型:B5変型判/サイズ:20.7×22.2cm
  • 頁数:32頁
  • 3歳~
  • ISBN:978-4-494-00151-4
  • NDC:367

感想を書く

読者の声

ドッキリ★
この本は三冊セットのおかあさんとみる性の本のうちの一冊です。
先日、1年生の息子が私のおっぱいタッチしているのを見て、4年生の息子が、
「スケベすると、子どもが生まれるんでしょ!」と言い出した。
きたきたきた~~!!!と思った私は、
「ええっ!スケベするって何すること?」と振ってみたら、
この本を持ってきて、確信に近いページを開き、「このことだよ。」とにやにや。

いつの間にか多様な情報を入手する年令になったんだな…と思いながら、
この本をゆっくり読み始めた。

幼稚園の頃、買ってあったけど、息子にきちんと読み聞かせたのは数えるほど。それでも、どのページにどんな絵があるか覚えている様子。
性教育は難しいと思っていたけど、この本のお陰ですんなり話題に出して、最低限必要な大事なことを話して聞かせることができて助かった。

●女の子を大切にする
●心身共成長して、責任が取れるようになってから行動する
●人類が廃れないために子を残すことは大事

母が話せるのは、今回のみ。あ~ドキドキした。
さあ、これからは父の出番よ~。
(父:えぇ~僕大丈夫かなぁ…。もじもじ)
お父さん頑張って~。
(かがやきさんさん・40代 ママ 東京都 男の子9歳、男の子6歳 「情報提供:絵本ナビ」)
ありのままで
性の話の絵本が何冊かあったほうがいいのではと思い購入しました。
我が家では3人目の子が生まれたばかりだったので、上の子たちは(特に5歳の長女が)「どうやって赤ちゃんがおなかにできるの?」とか、「赤ちゃんはどこから出てくるの?」と興味を持っていたところでした。
この本を読み進めていくと真ん中あたりに裸で抱き合うお父さんとお母さんの絵や、性交を説明したページがありますがヘンに生々しくもなくわかりやすくてよかったと思います。
娘は「お父さんとお母さんもこんなふうにしたの?」「赤ちゃんを産むとき痛そうだからいやだなぁ」と今から自分も大人になったらそうするのか・・・とドキドキ?!
最近、科学関係の本にはまっている小学生の息子は「これも科学の本だねぇ!」と一言。
性の本を一緒に読むのはなんだか照れくさいような気がしますが、恥ずかしがらずに子供達と一緒にいろんな話をしながら読みたい本です。
(しのどんさんさん・30代 ママ 岩手県 男の子7歳、女の子5歳、男の子1歳「情報提供:絵本ナビ」)
“性”は“心が生きる”
助産師として総合病院に勤務しております。双子の女の子をさずかり5才になりましたが、少しずつ赤ちゃんはどこからくるの? と言うようになりました。弟か妹がいるわけではないため、どのようにわかりやすく教えるか悩んでいたところに、この本に出会えました。
私自身“性”は文字どおり“心が生きる”と考えています。この本に出会えたことを感謝し、大切なことを伝えていきたいと思っています。(42歳・女性)
たくさん愛されて生きていることを実感
海くんは、自分がたくさん愛されて生きていることを実感していて、お父さんがいなくても強く生きていて感動しました。(30歳・女性)

2019/8/6

「よい絵本」読書活動ノートデジタル版ができました!

全国学校図書館協議会(全国SLA)が1977年以来、学校や家庭、地域で子どもたちへの読み聞かせや絵本をすすめるときの、選書の手がかりとなる優れた絵本リストとして、発表し、解説目録などを発行してきた「よ ...

続きを読む

2018/11/26

11/23(金)東京新聞朝刊にて「おかあさんとみる性の本」シリーズが紹介されました。

11/23(金)東京新聞朝刊にて絵本シリーズ「おかあさんとみる性の本」 (全3巻・山本直英 監修/山本直英、和歌山静子 さく)が紹介されました。「ぼく(わたし)はどこから生まれたの?」。記事では、こう ...

続きを読む