おかあさんとみる性の本

わたしのはなし

わたしのはなし

立ち読み

山本 直英 監修/山本 直英和歌山 静子 さく

わたしの名前は愛です。わたしの体の中で水着をつけている所をプライベートゾーンといいます。
自分の体と心を自分で守ることの大切さを描きます。

  • SLA選定/JLA選定
  • 定価1,430円 (本体1,300円+税10%)
  • 初版:1992年10月20日
  • 判型:B5変型判/サイズ:20.7×22.2cm
  • 頁数:32頁
  • 3歳~
  • ISBN:978-4-494-00152-1
  • NDC:367

感想を書く

読者の声

読者さま

性教育 子育て中のママと見る絵本(にぎりすしさんさん・60代 「情報提供:絵本ナビ」)

タイトルからは 性教育の絵本と知りませんでした
和歌山静子さんの絵が 効果的だな~と思いました

「愛」 ママトパパが大切に思って付けてくれた  名前です

なるほど  洋服がかわると きもちまでかわる
ちょっと分かる気がします(本質てきな 心は変わらないと思いますが・・・)

  赤ちゃん、はだかで生まれますよね  でも 服を着ます

未開の国の子どもたちは 裸で いる子もいますがね

 このママはしっかり 子どもを育てているな~

プライベートゾーン(お恥ずかしながら、知りませんでした)

  誰かがさわったとき(えっ! ちかん?)

「やめて」と大きな声でさけびますとありますが、
愛ちゃんのように はっきりと 「やめて」と叫ぶには かなり 勇気が要りますね

みんな(大人たち)が   子どもを守ることが 大事ですね!!

そして 愛されていると、子どもが感じて大きくなってくれたらきっと

優しい子に育ってくれると信じます

ママと一緒によんで 子どもにも性教育していく事が 大切だと思いました
読者さま

自分の守り方(30歳・女性)

小さな頃から読み聞かせていこうと思います。
とても、わかりやすく自分の守り方が書いてあってよかったです。
読者さま

「自分を大切にしよう」というコンセプト(31歳・女性)

昨年女の子を出産し、今はまだ赤ちゃんのお世話でてんてこまいな毎日ですが、この子がもう少し大きくなった時に、性の話はどう伝えればよいかと考えていた時この本に出会え、とてもよい本だと思いました。特に「自分を大切にしよう」というコンセプトがよいと思います。自分を大切にする子は他人も傷つけないと思います。

もっと見る

2018/11/26

11/23(金)東京新聞朝刊にて「おかあさんとみる性の本」シリーズが紹介されました。

11/23(金)東京新聞朝刊にて絵本シリーズ「おかあさんとみる性の本」 (全3巻・山本直英 監修/山本直英、和歌山静子 さく)が紹介されました。「ぼく(わたし)はどこから生まれたの?」。記事では、こう ...

続きを読む