日・中・韓平和絵本

ぼくのこえがきこえますか

ぼくのこえがきこえますか

立ち読み

田島 征三

戦場で砲弾にふきとばされたぼくの体はとびちり、足も顔もなくなりました。でも、ぼくの心は弟の怒りを見、母さんの悲しみを見ます。憎悪と復讐がどれだけむなしいものか。
「だれのためにころし、だれのためにころされるの?」
戦争を起こそうとする黒い影が見えますか?

  • 定価1,782円 (本体1,650円+税)
  • 初版:2012年6月20日
  • 判型:B5変型ワイド判/サイズ:25.1×25.6cm
  • 小学1・2年~
  • ISBN:978-4-494-01967-0
  • NDC:913

特集ページ

感想を書く

推薦のことば

絵が語る、文が問いかける。 あなたは今日、平和を考えたか? と 2012年6月20日
 ……「くにのために たたかえ」と みんなに はげまされて、ぼくは せんそうに いった。かあさんだけが ないていた……。
 平易で、選び抜かれた深いことばのひとつひとつが、頁からくっきりと立ち上がる。
 そして、「ぼくの からだは とびちった」。けれど、「ぼくの こころが なにかを み、なにかを きき、なにかを かんじはじめている」。
 だから、遠い故郷でかあさんが泣いているのがわかる。弟が「にいさんの かたきを うってやる」と怒っているのもわかる。弟よ、ここに来てはいけない。かあさんをひとり残して。それでも兄を戦争に奪われた弟は……。
 悲しみ、喪失、行き場のない憤り、憎しみ、そして……。戦争が引き出す、ひとのあらゆる「感情」と「感覚」を、田島征三さんは、この一冊の、ひとつひとつの「絵」に込め、描き尽くすことに成功した。「ゆきばもなく どろどろと うずまく いかり」を、敵も味方もなく、「たましいに なって のぼってくる」奪われたいのちを。癒えることのない悲しみを。
 この地上から、あらゆる戦争が、いのちを脅かすすべてのモノやコトがなくなることを祈るだけではなく、わたしたちの絶え間ない意志の力でなくしていくのだ、と。
落合 恵子(おちあい けいこ/作家・子どもの本の専門店クレヨンハウス主宰)

書評

朝日小学生新聞 2018年5月27日
ドキドキ書店コーナー
朝日小学生新聞・ドキドキ書店コーナー 2018年5月27日
しんぶん赤旗 2012年9月22日 子どもの本
柳川あずさ(安曇野ちひろ美術館)
朝日小学生新聞 2012年8月18日
田島征三先生に子ども書評委員がインタビュー
毎日新聞 MAINICHI RT 2012年7月18日
この本のために50年間歩いてきた
教育家庭新聞 2012年7月16日
戦争の悲惨さと人の心描く
毎日新聞 2012年6月27日 親子の読書 おはなしめぐり
50年かけて描く戦争と平和 

2018/2/16

『ぼくのこえがきこえますか』が、国際アンデルセン賞国際審査員が選ぶ15冊に選ばれました!

2018年国際アンデルセン賞国際審査員が世界中の子どもたちに読んでほしい、翻訳を期待する15冊に、日本の作品では唯一『ぼくのこえがきこえますか』(田島征三・さく)が選ばれました。国際アンデルセン賞とは ...

続きを読む