単行本絵本

ウミガメものがたり

ウミガメものがたり

立ち読み

鈴木まもる 作・絵

だれもいない夏のすなはま。海の中からなにかがやってきました。ウミガメのお母さんがたまごを生みにきました。生まれた子ガメたちは、海にむかいます……。厳しくも豊かな自然を生きるウミガメの成長を描いた物語。

  • 厚生労働省社会保障審議会推薦児童福祉文化財(2017年)
  • 定価1,650円 (本体1,500円+税)
  • 初版:2016年5月15日
  • 判型:B5変型ワイド判/サイズ:25.1×25.6cm
  • 頁数:32頁
  • 4・5歳~
  • ISBN:978-4-494-00520-8
  • NDC:487

紹介記事をみる

感想を書く

読者の声

「ウミガメものがたり」感想
すばらしい絵がページごとに現れて2000キロの命の旅にすいこまれます。
子どもたちがシーンとなって、見てきいてくれました。
「だれにも教わらず」に育っていく命…。子育てで忘れてはならない大切な言葉だと思います。
(70代・男性)

推薦のことば

絵本「ウミガメものがたり」のこと (母のひろば625号) 2016年6月15日
 子どもの頃、だれもいない海岸でウミガメの白骨化したのが打ち上げられているのを見つけました。頭蓋骨も甲羅も全身真っ白で、とても美しかったです。大きくて持ちかえることはできませんでしたが、心の中の引き出しにしまわれました。大人になって、水族館に行ったら、近所の砂浜で産まれた子ガメが水槽でたくさん泳いでいました。産まれたばかりの子ガメと白骨化したウミガメ。ぼくの心の中で2つのエピソードが出合いました。

 暗い夜の砂浜。ウミガメのお母さんが卵を産んで、そこからかわいい子ガメたちがはい出して大海原にむかうというのは、ニュースや本などで、よく見慣れた光景です。「あの小さな子ガメは、どこに行き、どんなものを食べて、どんな暮らしをして、あんな大きなカメになるのだろう?」という疑問と、心の中にあった2つのエピソードがまざりあって、この絵本を描きたくなりました。

 新しい生命を産むために、太平洋を横断して産まれた砂浜に戻ってくるウミガメ。南の島から鳥の巣を作るためにやってくる渡り鳥。どちらも、誰に教わるわけでもなく、地球という大きな自然の中で、自分の本能の力を信じて、自分の生きる場所を見つけて生きています。そんな力を、きっとぼくたち人間も持っているはずです。
鈴木まもる/絵本作家(著者)

書評

子どもと読書 2016年9,10月号
さぴあ 2016年7月号
月刊クーヨン 2016年8月号
子どものしあわせ 2016年7月号
この本読んで! 2016秋号
NHKラジオ『マイあさラジオ「落合恵子の絵本の時間」』 2016年7月2日放送
中国新聞朝刊 2016年6月28日
伊豆新聞 2016年6月22日
日本農業新聞 2016年6月4日

2019/4/3

<東京>鈴木まもる展「鳥の巣World」が開催されます。

絵本作家・鳥の巣研究家で、『わたり鳥』『ウミガメものがたり』などの作者、鈴木まもるさんの展覧会:鈴木まもる展「鳥の巣World」が、新宿・中村屋サロン美術館にて開催されます。造形的に美しい鳥の巣と絵画 ...

続きを読む

2019/2/12

<東京>3.11をテーマにした展覧会に『はしれディーゼルきかんしゃデーデ』の原画が出展されます。

今年の3月に東日本大震災から8年を迎えます。3.11をテーマにした展覧会 「あの日をわすれないで 作家4人が書いたそれぞれの3.11」に『はしれディーゼルきかんしゃデーデ』(すとうあさえ 文/鈴木まも ...

続きを読む

2018/8/21

<福岡>絵本作家の鈴木まもるさんの絵本原画展が開催されます。

絵本作家の鈴木まもるさんの展覧会が下記日程で開催されます。『ウミガメものがたり』の絵本原画など、約15作品から計50点の原画が展示されます。ぜひお出かけください。とき:2018年9月9日(土)~201 ...

続きを読む

2017/9/21

『わたり鳥』が児童福祉文化財に選定!

今年3月刊行された鈴木まもるさんの『わたり鳥』が、厚生労働省社会保障審議会推薦児童福祉文化財に選定されました。なぜ、どうして彼らは長い旅に出るのか……世界中のわたり鳥たちと、ともに空を飛びながらその謎 ...

続きを読む