松谷みよ子むかしむかし (全10巻) 

松谷みよ子

日本の文化が学べる本格派むかしばなし。親から子へ、子から孫へ語りつがれてきた各地の代表的なむかしばなしを、松谷みよ子が書き下ろしました。民話絵本の決定版です。

  • 揃定価14,300円 (本体13,000円+税)
  • 初版:2007年2月25日
  • 小学3・4年~
  • ISBN:978-4-494-00084-5

感想を書く

おむすびころりん

松谷みよ子むかしむかし 第一集松谷みよ子むかしむかし

おむすびころりん

松谷 みよ子 文/長野 ヒデ子

むかし、ばあさまがじいさまへおむすびとどけに山をのぼった。ところが、足をすべらしてねえ…。長野ヒデ子の元気でかわいい絵も魅力。

  • 3歳~
  • 2006年12月10日初版
  • 定価1,430円 (税込)
かさじぞう

松谷みよ子むかしむかし 第一集松谷みよ子むかしむかし

かさじぞう

松谷みよ子 文/黒井健

むかし、笠作りのじいとばあがいた。ある年の暮れ、笠を売りにいったじいはなかなか笠が売れず、とぼとぼと帰路についた。すると…。

  • 3歳~
  • 2006年12月10日初版
  • 定価1,430円 (税込)
ももたろう

松谷みよ子むかしむかし 第一集松谷みよ子むかしむかし

ももたろう

松谷みよ子 文/和歌山静子

むかしあるところにじいさまとばあさまがおった。じいさまは山へ芝刈りに、ばあさまは川へ洗濯に行ったと。すると川上の方から…。

  • 3歳~
  • 2006年12月10日初版
  • 定価1,430円 (税込)
したきりすずめ

松谷みよ子むかしむかし 第一集松谷みよ子むかしむかし

したきりすずめ

松谷みよ子 文/片山健

むかし、じいさまが山へいって、すずめをつれかえった。あんまりかわいがるもんで、ばあさまが…。当代一流の画家による物語の視覚化。

  • 3歳~
  • 2006年12月10日初版
  • 定価1,430円 (税込)
こぶとり

松谷みよ子むかしむかし 第一集松谷みよ子むかしむかし

こぶとり

松谷みよ子 文/村上康成

むかし、ほっぺにでっかいこぶのある、ふたりのじいさまがいた。ひとりのじいさまが山へいくと…。

  • 3歳~
  • 2006年12月10日初版
  • 定価1,430円 (税込)
はちかつぎひめ

松谷みよ子むかしむかし 第二集松谷みよ子むかしむかし

はちかつぎひめ

松谷みよ子 文/梅田俊作

ほんとのかかさんにかぶせられた鉢がとれなくなって、鉢かつぎ姫とよばれるようになった姫。あとかかさんにいじめられ、川に身を投げてしまった。でも、助かって…。生きのびた姫と、姫に恋した七男太郎の物語。

  • 3歳~
  • 2007年4月20日初版
  • 定価1,430円 (税込)
うりこひめ

松谷みよ子むかしむかし 第二集松谷みよ子むかしむかし

うりこひめ

松谷みよ子 文/つかさおさむ

ばあが川へいくと瓜が流れてきて、中から女の子が生まれた。女の子はみるまに美しい娘になって…。

  • 3歳~
  • 2007年4月20日初版
  • 定価1,430円 (税込)
さんまいのおふだ

松谷みよ子むかしむかし 第二集松谷みよ子むかしむかし

さんまいのおふだ

松谷みよ子 文/遠藤てるよ

むかし、山の寺の小さな小僧が、山に栗ひろいに行ったところ、ひとりのばあさまが出てきて、「くりっこたべにこい」と誘ってきた。和尚さんは「それはきっとやまんばだ」というが…。ロングセラーのリニューアル版。

  • 3歳~
  • 2008年2月25日初版
  • 定価1,430円 (税込)
はなさかじい

松谷みよ子むかしむかし 第二集松谷みよ子むかしむかし

はなさかじい

松谷みよ子 文/西村繁男

むかし、ばあさまが川でひろった小箱から白い犬が生まれて、シロと名付けられた。シロはずんずん大きくなって、ある日じいさまを背中に乗せて山へ出かけたところ…。昔話の定番が、画家による絵で新たな魅力をみせる。

  • 3歳~
  • 2008年2月25日初版
  • 定価1,430円 (税込)
さるかに

松谷みよ子むかしむかし 第二集松谷みよ子むかしむかし

さるかに

松谷みよ子 文/長谷川義史

むかし、さるとかにが、柿の種とにぎりめしをとりかえっこした。かにが柿の実をならせたら、山から猿が下りてきて、真っ赤な実を食べ始め…。画家による新たな絵で、これまでになくコミカルな「さるかに」が誕生した。

  • 3歳~
  • 2008年2月25日初版
  • 定価1,430円 (税込)