2019.09.26

<静岡>アーサー・ビナードさんと長野ヒデ子さんが 「絵本と紙芝居のちから」をテーマに講演されます。

丸木位里さん・丸木俊さんが描いた「原爆の図」をもとにした新作紙芝居『ちっちゃい こえ』を手がけたアーサー・ビナードさんと、新刊絵本『おつきさま ひとつずつ』やロングセラー絵本『おかあさんがおかあさんになった日』、紙芝居など数多くの作品を手がける長野ヒデ子さんが、 「絵本と紙芝居のちから」をテーマに講演いたします。どうぞ足をお運びください。

日時:2019年10月12日(土)13:30~15:30
場所:伊東市生涯学習センター中央会館(414-0032 伊東市音無町5-14 ℡0557-36-5411)
参加費:無料
お問い合わせ:伊東市立伊東図書館(〒414-0032 静岡県伊東市音無町5−14 ℡0557-36-7433)
おつきさま ひとつずつ

童心社のおはなしえほん

おつきさま ひとつずつ

長野 ヒデ子

ぽっかり月がでています。小さいあこちゃんは、おかあさんと手をつないでかえります。「おかあさん、おつきさまがついてくるよ」「そうよ。おつきさまは、あこちゃんがだいすきだからよ」「ねえおかあさん、アフリカにもおつきさまある?」「あるわよ」「イギリスにもある?」「あるよ」「おつきさまがみーんなにひとつずつあって、よかったね」あこちゃんは安心して、お家にかえりつきました。心にのこる月夜のおはなしです。

  • 3歳~
  • 2019年9月1日初版
  • 定価1,430円 (本体1,300円+税10%)
  • 立ち読み
ちっちゃい こえ

単品紙芝居

ちっちゃい こえ

アーサー・ビナード 脚本/丸木 俊・丸木 位里 絵/「原爆の図」より

ネコが語ります。家族のこと。命をつくりつづける、体の中のちっちゃい声のこと。ヒロシマのこと…。わたしたちはどうすれば生きていけるのか? 美しい絵から響いてくるそのこたえに、一人ひとり耳をすます紙芝居。
『ちっちゃい こえ』プロモーション動画はこちら

『ちっちゃい こえ』紹介リリース

  • 小学3・4年~
  • 2019年5月20日初版
  • 定価2,970円 (本体2,700円+税10%)
  • 立ち読み
さがしています

単行本絵本

さがしています

アーサー・ビナード 作/岡倉禎志 写真

「おはよう」「がんばれ」「いただきます」「いってきます」「ただいま」「あそぼ」そのことばをかわすことができる、みんなの生活は、どこへいったのか? 1945年8月6日の朝、ウランの核分裂が広島で引き起こしたことは、どこまで広がるのか? ピカドンを体験したカタリベたちは、さがしています─たいせつな人びとを、未来につづく道を。ヒロシマから今をみつめる写真絵本。

  • 小学3・4年~
  • 2012年7月20日初版
  • 定価1,430円 (本体1,300円+税10%)
  • 立ち読み
おかあさんがおかあさんになった日

絵本・こどものひろば

おかあさんがおかあさんになった日

長野ヒデ子 さく

おかあさんは期待と不安の中、はじめて赤ちゃんを生んだ日、おかあさんに。

  • 3歳~
  • 1993年7月15日初版
  • 定価1,430円 (本体1,300円+税10%)
  • 立ち読み