検索結果

5件見つかりました。1~5件を表示しています。
書名をクリックすると詳細ページをご覧頂けます。

並び替え:

ぼく、まだねむいんだ

2017年度定期刊行紙しばい ともだちだいすき

ぼく、まだねむいんだ

おおたか 蓮 脚本/相野谷 由起

ながい冬がおわり、春がやってきました。「ぼうや、はるですよ」冬のあいだねむっていたかあさんぐまが、こぐまにこえをかけました。でも、こぐまはまだ目をとじたまま。春のおとずれを感じる紙芝居。

  • 4・5歳~
  • 2018年3月1日初版
  • 定価2,090円 (税込)
  • 立ち読み
てるてるてるこさん

2013年度定期刊行紙しばい 年少向け おひさまこんにちは

てるてるてるこさん

おおたか 蓮 脚本/山本 祐司

 あしたは幼稚園の遠足です!「明日お天気にして!」ひよりちゃんは、てるてる坊主にお願いをしています。それを聞いたてるてる坊主は、お願いをかなえてあげると、ひよりちゃんのかばんにかくれて、一緒に遠足に行くことにしました。ちょっぴり変わり者のてるてる坊主“てるてるてるこさん”の、はじめての遠足が始まります。

  • 2歳~
  • 2013年10月1日初版
  • 定価1,540円 (税込)
  • 立ち読み
  • 在庫品切・重版未定
おばけのゆきがっせん

かみしばい ひゅ~どろどろ おばけセット

おばけのゆきがっせん

おおたか 蓮 脚本/ひろかわ さえこ

寒い冬の日、いったんもめんやゆうれい、ろくろくびにひとつめたちが集まって、寒い寒いとおおさわぎ。そこへ「雪女にひどい目にあった」とのっぺらぼうがやってきた。みんなで雪女の家へ文句を言いに行くと…。

  • 3歳~
  • 2012年7月10日初版
  • 定価1,650円 (税込)
  • 立ち読み
ゆたんぽくん

好評紙芝居

ゆたんぽくん

おおたか 蓮 脚本/山本 祐司

「ぶるぶる はっくしょん」寒くて目をさましたのは、ゆたんぽくんです。「とくとくとく」やかんからあついお湯を入れて、ポカポカになりました。さあ、お仕事です。ゆたんぽくんのお仕事は、なにかな? そう、みんなをあたためてあげることですね。おや、寒くてカチンカチンになっているひとがいますよ。「カチンカチンさん、ぼくがぬくぬくあたためてあげますよ」「きゃー、やめてください」だって。いったいだれでしょう。

  • 3歳~
  • 2012年2月1日初版
  • 定価1,540円 (税込)
  • 在庫品切・重版未定
ぼく、まだ ねむくないよ

絵本・こどものひろば

ぼく、まだ ねむくないよ

おおたか蓮 文/あべ弘士

北の森に雪がふりつもり、母さんぐまとこぐまが冬眠に入ります。でも、こぐまはまだねむたくないので、外へ出てみることに…。すると、あたり一面の雪。ズボズボ沈んで動けないこぐまはユキウサギに出会います。

  • 3歳~
  • 2009年11月20日初版
  • 定価1,466円 (税込)