検索結果

37件見つかりました。1~10件を表示しています。
書名をクリックすると詳細ページをご覧頂けます。

障がい者の仕事場を見に行く

障がい者の仕事場を見に行く

小山 博孝 文・写真/松矢 勝宏 編著

毎日の仕事が新しい自分を育ててくれる。仕事に熱中する姿が「働くって楽しい!」と語っている。保育園、学校、老人ホーム、神楽や提灯という伝統の世界、バイオやITの分野でいきいきと働く障がい者たちを紹介。

  • 小学校高学年〜中学生
  • 2017年3月21日
  • 揃定価12,096円 (税込)
私たちのこと、もっと知ってほしいな

障がい者の仕事場を見に行く

私たちのこと、もっと知ってほしいな

松矢 勝宏 編著

障がい者とどう接しいていいかとまどったり、つい構えてしまいがち。そんな読者へ、3人の障がい者とその家族からのメッセージです。

  • 小学校高学年〜中学生
  • 2017年3月21日
  • 定価3,024円 (税込)
伝統や先端の世界で働く

障がい者の仕事場を見に行く

伝統や先端の世界で働く

小山 博孝 文・写真

神楽や太鼓などの伝統芸能や、提灯作りなどの和の職人の世界でその技を受け継ぐすがたや、高い技術力を誇る工業製品作りの現場で働く、バイオ技術による最先端の農業で働くすがたを紹介します。

  • 小学校高学年〜中学生
  • 2017年3月21日
  • 定価3,024円 (税込)
ひとのために働く

障がい者の仕事場を見に行く

ひとのために働く

小山 博孝 文・写真

保育園、高齢者介護施設、生活支援センター、移動スーパー、乗馬セラピーなどの仕事場で、子どもとともに、高齢者のために、人のために生き生きとして働く障がい者の方たちを取材しました。

  • 小学校高学年〜中学生
  • 2017年3月21日
  • 定価3,024円 (税込)
春姫という名前の赤ちゃん

日・中・韓平和絵本 (8)

春姫という名前の赤ちゃん

ピョン・キジャ 文/チョン・スンガク

お母さんのおなかの中で原爆の放射能をあびた春姫は、43歳のいまでもおむつをつけたまま、お母さんに世話してもらっています。

わたり鳥

単行本絵本

わたり鳥

鈴木 まもる 作・絵

何千、何万キロもの旅を毎年決まって行なう渡り鳥たち。なぜ、どうして彼らは長い旅に出るのか―。世界中の渡り鳥を追いかけ、ともに空を飛びながらその謎に迫ります。
巻末に登場する渡り鳥44種の紹介ページ付き。

学校で働く

障がい者の仕事場を見に行く

学校で働く

小山 博孝 文・写真

長瀞中学校の新井淑則先生、秋田西中学校の三戸学先生、吉備国際大学の今村俊介先生など、障害のハンデを乗り越えて教師として生きる、さらに各地の特別支援学校で行なわれている就業支援の取り組みを紹介します。

  • 小学校高学年〜中学生
  • 2017年3月1日
  • 定価3,024円 (税込)
いそいでおでかけ

五味太郎 おでかけシリーズ (3)

いそいでおでかけ

五味 太郎 さく

さるの子がいそいでおでかけ。くつやぼうしをわすれて、そのたびにおうちにもどります。まだなにかわすれてるみたい。「ねえぼくどこへゆくんだっけ?」そう!つりにゆくのでした。あれ?まだなにかわすれてない?

でんしゃがきました

単行本絵本

でんしゃがきました

三浦太郎 さく・え

でんしゃはガッタンふみきりカンカン。あれあれなんだかいいにおい。ねずみさんのまってるえきに、チーズのろめんでんしゃがきました。らいおんさん、ぞうさんのまってるえきには、どんなでんしゃがくるかな?

げんきにおでかけ

五味太郎 おでかけシリーズ (2)

げんきにおでかけ

五味 太郎 さく

きつねの子がげんきにおでかけ。“どんっ”出会うものにつぎつぎにぶつかっていきます。「だいじょうぶか、おまえ」。調子は上々、いいかんじ。「おまえ、どんがすきなんだな」はたけのおじさんがいいました。