単行本絵本

さがしています

さがしています

立ち読み

カートにいれる

アーサー・ビナード 作/岡倉禎志 写真

「おはよう」「がんばれ」「いただきます」そのことばをかわすことができる、みんなの生活は、どこへいったのか? ピカドンを体験したものたちが、さがしています。ヒロシマから今をみつめる写真絵本。

  • 第44回 講談社出版文化賞絵本賞
  • 第60回産経児童出版文化賞ニッポン放送賞
  • 定価1,404円 (本体1,300円+税)
  • 判型:B5判/サイズ:26.6×19.1cm
  • 頁数:32頁
  • 小学3・4年~
  • ISBN:978-4-494-00750-9
  • NDC:319

紹介記事をみる

感想を書く

原爆投下から65年以上、存在しつづけた物は、わたしたちに何を語りかけているのか。人が人を語ることが多い中で、物側から人を見ることによって、何か見えてくるものがあるのではないか。そのような新しい視点から生まれた「広島」、そして戦争・平和を考える絵本。

*表紙写真:「鍵束」寄贈者・中村明夫/見開き写真:「時計」寄贈者・濵井徳三/「軍手」寄贈者・浅野純以(いずれも広島平和記念資料館所蔵)
『さがしています』表紙写真を掲載・使用する場合は、著者名、写真家名、出版社名とあわせて、上記の寄贈者名・所蔵館名も明記ください。

読者の声

『さがしています』を読んでの感想
小学2年生になる次男が、夏休みの読書感想文にとこの本を選んで来ました。なぜ、これを選らんだのかを尋ねてみると『いい話だとおもっったから。』との返事。なぜ、いい話だと思ったの?の問に、『…わからない。』 広島への原爆投下のこと、戦争のこと。 息子にはよくわからないことだったようです。 改めて、原爆について息子に話して聞かせ、本を読み聞かせてみました。息子は、ポロポロ…ポロポロ…泣き始めました。 息子は、物達から伝わる悲惨さ、苦しみ、大切な人に2度とは会えない哀しみを感じたそうです。『こんな事、二度と起こってほしくありません。』この言葉で、感想文を締めくくっていました。(35歳・女性)
『さがしています』を読んでの感想 
あらためて「本物」の持つ力を感じさせてくれる、すぐれた絵本だと思います。「思い」を「伝える」いくつもの力が組みあわされてできあがった絵本だと感じました。倉橋島の「議院石」の存在感もすごいですね。すぐれた絵本をありがとうございました。(女性)
何があったのかを知らなければ
本好きの二年生の母親です。 娘は年間800冊は読むほど本が大好きです、とにかくあらゆるジャンルの作品を家から一分にある公立図書館で借りて楽しんでおりますが戦争の作品はさけていました。「怖いしさびしくなる」という理由から選ばずにいましたが、今日初めて自分からアーサーさんの「さがしています」を借りてきたので、まちがったのかな?と確認してみたところ…
「怖いって、何も知らないで決めつけちゃダメだと思ったの、何があったのかを知らなきゃなって」
涙がでました、そして本当にそうだなと深く学ばせてもらえました。本質を自ら見ないのは娘ではなく私だと…アーサーさんの本が、いち生活する人間的なものだったことが大きいと感じました。専門家がつけた名ではないピカドン…消えたあの世とこの世の身近さが伝わる一冊でありました。

書評

朝日小学生新聞 2013年8月10日 編集部が選ぶ戦争を考える5冊
東京新聞 2013年3月1日 2013年2月28日4面掲載
持ち主を探すものたちの声
岡村幸宣(原爆の図丸木美術館学芸員)
子どもの本棚 2012年12月号 今月の書評
小林いづみ
日本児童文学 2012年11-12月号 絵本時評
竹迫祐子(安曇野ちひろ美術館副館長)
こどもとしょかん  2012秋号
飯野真帆子(東京子ども図書館)
女性のひろば 2012年12月号 こども図書館
千田てるみ
しんぶん赤旗 2012年9月28日 朝の風
小学図書館ニュース 2012年9月18日
婦人之友 2012年10月号 わたしの本棚
島村菜津(ノンフィクション作家)
絵本フォーラム第84号 2012年9月10日
教育新聞 2012年9月3日
朝日新聞 朝刊(読書) 2012年8月26日 子どもの本棚
朝日新聞 朝刊(教育) 2012年8月25日
高垣亜矢(広島県福山市・啓文社ポートプラザ店)
しんぶん赤旗 2012年8月25日 子どもの本
冨山純子(日本子どもの本研究会)
松本市 市民タイムス 2012年8月25日 子どもの本棚
越高令子
教育家庭新聞 2012年8月20日
広島の“ものたち”が平和への願いを語る
週刊読書人 2012年8月17日 本の国へようこそ
しんぶん赤旗 2012年8月5日
中国新聞 2012年8月4日 「原爆・平和」出版この一年
朝日小学生新聞 2012年8月4日
フジマリモ 2012年8月4日
読売新聞 夕刊 2012年8月4日 子どもたちへ
東京新聞 2012年8月3日
学校図書館速報版 2012年8月3日 こども・本 この人に聞く
朝日新聞 夕刊(大阪版) 2012年8月1日
核ある世界 モノは問う
加戸靖史
新聞之新聞 2012年7月30日
朝日中学生ウィークリー 2012年7月29日
子どもの本棚 2012年8月号 3・11以後のヒロシマと私
三浦精子
中国新聞 2012年7月10日
弁当箱・学帽・眼鏡… 遺品が語る被爆者の思い 写真絵本20日に出版
広島で活動 詩人のビナードさん