検索結果

3件見つかりました。1~3件を表示しています。
書名をクリックすると詳細ページをご覧頂けます。

並び替え:

まいごのモリーとこうもりのかさ

童心社のおはなしえほん

まいごのモリーとこうもりのかさ

こまつのぶひさ 文/はたこうしろう

ひつじのモリーはおでかけするのがだいすき。どこへだって、ひとりでおでかけできるのです。
きょうは、おとうさんをバスていまでおむかえです。わにのかばんと、おとうさんのこうもりがさをもって、雨ふるこみちをあるきます。けれども、あるいてもあるいても、ちっともバスていにつきません。どうやら、まいごになってしまったようです。
でも、モリーはへっちゃら。だって、おとうさんのこうもりがさには、すてきな秘密あるから。それはね……。

わにのかばんをおともに、モリーが元気いっぱいにおでかけしていきます! 『まいごのモリーとわにのかばん』に続く、シリーズ第2作目です。

  • 4・5歳~
  • 2022年9月20日発売予定
  • 定価1,430円 (本体1,300円+税10%)
まてまて あんぱん

2022年度定期刊行紙しばい ともだちだいすき

まてまて あんぱん

こまつのぶひさ 脚本/和歌山静子

女の子のたべようとしたあんぱんが、ころころころがっていきますよ。まちかまえていたのは、とら! 
「いただきまーす」
あんぱん、たべられそうになりましたが、女の子がとらを「えいっ!」とおしのけて、なんとか、たべられずにすみました。
あんぱん、まだまだころがります。こんどは、わにが口をあけてまっています! こんどこそ、たべられちゃう! とおもったら、あんぱん、石につまづいてはねあがり、わにの鼻先とびこえました! おつぎは……?
あんぱん、どこまでころがっていくのかな? 奇想天外な紙芝居です。

『まいごのモリーとわにのかばん』の作者こまつのぶひささんの初紙芝居です。

  • 4・5歳~
  • 2022年9月1日発売予定
  • 定価2,090円 (本体1,900円+税10%)
  • 立ち読み
  • 予約受付中
まいごのモリーとわにのかばん

童心社のおはなしえほん

まいごのモリーとわにのかばん

こまつのぶひさ 文/はたこうしろう

ひつじのモリーは、おでかけするのがだいすきです。
森でも海でも沼地でも、ひとりでおでかけできるのでした。
でも、だいたいまいごになるのです。
おとうさんがくれた、わにのかばんをもって、きょうもおでかけするのですが……
きまぐれで、いきあたりばったりのモリーの姿は、幼い子どもそのものです。
どこへでも歩いていけるモリーを、そっと見守るのは、なんとわにのかばん!?
ユーモラスでいて心あたたまるお話です。
審査員の満場一致で、第13回絵本テキスト大賞を受賞した作品です。

  • 4・5歳~
  • 2022年2月28日初版
  • 定価1,430円 (本体1,300円+税10%)
  • 立ち読み