検索結果

13件見つかりました。1~10件を表示しています。
書名をクリックすると詳細ページをご覧頂けます。

並び替え:

バスていよいしょ

絵本・こどものひろば

バスていよいしょ

重松 彌佐 作/西村 繁男

学校から帰ってきたら、しんごくんの家と古いお屋敷の真ん中にバスていが立っていました。しんごくんがバスていを動かそうとしていると、駕籠かき、浪人者、お姫さまが通りかかります。そして大名行列がやってきて。

  • 4・5歳~
  • 2017年7月10日初版
  • 定価1,404円 (税込)
  • 立ち読み
  • カートにいれる
おばけもこわがるおばけ

絵本・こどものひろば

おばけもこわがるおばけ

内田麟太郎 文/西村繁男

夏まっさかり。暑さにたえきれなくなったおおにゅうどうは、おばけたちにむかって「ぞーっと寒くなるようなおばけにばけんかい!」とどなりつけます。そして真っ先にじゅもんをとなえてばけてみせます。するとほかのおばけたちもつぎつぎばけるのですが……。今度は「こわすぎるー」とあわてて、もとの姿にもどるじゅもんをとなえます。もとの姿にもどったおばけたちは、夏はあせをかくのが生きている証拠と、暑さを楽しみます。

  • 4・5歳~
  • 2015年7月10日初版
  • 定価1,404円 (税込)
  • 立ち読み
  • カートにいれる
あいうえおのえほん

絵本・こどものひろば

あいうえおのえほん

内田 麟太郎 文/西村 繁男

言葉の入り口である「あいうえお」を、楽しく可笑しく表現。上質な笑いを「あいうえお」に乗せてお届けします。

  • 4・5歳~
  • 2012年10月4日初版
  • 定価1,404円 (税込)
  • 立ち読み
  • カートにいれる
おばけでんしゃすごろく[普及版]

童心社のキャラクターグッズ

おばけでんしゃすごろく[普及版]

内田 麟太郎西村 繁男

「チャンバラえき」や「さむざむえき」に「よわむしえき」……。いろいろなおばけやいきもの、人間たちがいっぱいの、楽しい列車の旅の旅はいかが? 人気絵本「がたごとがたごと」「おばけでんしゃ」「むしむしでんしゃ」のすごろくで、もりあがることまちがいなし!

  • 4・5歳~
  • 2010年9月30日初版
  • 定価596円 (税込)
  • カートにいれる
おばけでんしゃすごろく[上製版]

童心社のキャラクターグッズ

おばけでんしゃすごろく[上製版]

内田 麟太郎西村 繁男

「チャンバラえき」や「さむざむえき」に「よわむしえき」……。いろいろなおばけやいきもの、人間たちがいっぱいの、楽しい列車の旅の旅はいかが? 人気絵本「がたごとがたごと」「おばけでんしゃ」「むしむしでんしゃ」のすごろくで、もりあがることまちがいなし!

  • 4・5歳~
  • 2010年9月30日初版
  • 定価1,080円 (税込)
  • 在庫品切・重版未定
むしむしでんしゃ

絵本・こどものひろば

むしむしでんしゃ

内田麟太郎 文/西村繁男

まもなくいもむし電車は発車いたします。ののたんののたん、ののたんののたん。おいけ駅でおりたのは、カエルにタガメにゲンゴロウ。昆虫はもちろん、弱虫泣き虫なんでも乗ってる、ミラクルユーモアファンタジー!

  • 3歳~
  • 2009年6月25日初版
  • 定価1,404円 (税込)
  • 立ち読み
  • カートにいれる
はなさかじい

松谷みよ子むかしむかし 第二集

はなさかじい

松谷みよ子 文/西村繁男

むかし、ばあさまが川でひろった小箱から白い犬が生まれて、シロと名付けられた。シロはずんずん大きくなって、ある日じいさまを背中に乗せて山へ出かけたところ…。昔話の定番が、画家による絵で新たな魅力をみせる。

  • 3歳~
  • 2008年2月25日初版
  • 定価1,188円 (税込)
  • カートにいれる
おばけでんしゃ

絵本・こどものひろば

おばけでんしゃ

内田麟太郎 文/西村繁男

おばけ電車はおばけを乗せて走ります。妖怪駅を出発!火の玉とびかう暗闇駅、雪女のいる寒々駅。今度はどんなおばけに出会えるでしょう。1場面目から画面に釘付け! わくわくどきどき、ページをめくる楽しさいっぱい!

  • 3歳~
  • 2007年6月25日初版
  • 定価1,404円 (税込)
  • 立ち読み
  • カートにいれる
ピチクル ピチクル 花虫風月絵本

絵本・こどものひろば

ピチクル ピチクル 花虫風月絵本

西村繁男

瓢箪から聞こえる、ピチクルピチクルという音に、虫達が集まってきた。絵と擬音語で物語る絵本。

  • 3歳~
  • 2001年9月15日初版
  • 定価1,404円 (税込)
  • 立ち読み
  • 重版未定
がたごと がたごと

絵本・こどものひろば

がたごと がたごと

内田麟太郎 文/西村繁男

「おきゃくがのります ぞろぞろ ぞろぞろ」と、たくさんの人が電車にのりこみます。電車は「がたごと がたごと」と市街地をぬけ、田園地帯をぬけ、山奥へとすすみ、ついた駅は「おくやま駅」。それぞれ動物に変身した乗客たちが電車から降りていきます。こんどの電車も、トンネルを「がたごと がたごと」と進み、電車はしだいに幻想的な異世界へ。ついた「よつつじ駅」では、それぞれ妖怪に変身した乗客たちが降りていきます。つぎの電車は、「がたごと がたごと」となんと時代をさかのぼり…。思いもしない展開にびっくり。ページをめくる楽しさいっぱいです。

  • 3歳~
  • 1999年4月25日初版
  • 定価1,404円 (税込)
  • 立ち読み
  • カートにいれる